投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 報恩抄を書かれた大聖人(64)
  2. 参加ルール(8)
  3. 沖浦・阿部日問答(20)
  4. 喧嘩スレ2(488)
  5. モウさんのお洒落で小さな書斎(28)
  6. 震災スレ(14)
  7. 資料スレ(16)
  8. 池田先生(6)
  9. 教学部レポートの正体(9)
  10. 喧嘩スレ(901)
  11. ポンコツ爺さん(16)
  12. クジラの体験談(30)
  13. 足あと帳(5)
スレッド一覧(全13)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月29日(月)08時51分5秒
返信・引用
  あっと言う間でラスト3日間でござるぞな。

クジラ殿、
おっちゃんはいっぱい楽しませて頂いたぞよ(^o^)
そしてだ、
たくさんの方々のお陰で大変に勉強をさせて頂いたでござる。

今回の戦いにおっちゃん爆進して参るが、クジラ殿やたくさんの方々とのことは忘れないぞよ。

でだ、
今日は週の始まりぞ。昨日まではリセットして今日よりパワー全開でござる(^o^)

我が地域で、また多くの友と、語りまくろうではござらんか。
\(^o^)/
 

(無題)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月28日(日)08時56分51秒
返信・引用
  昨日の聖教新聞「わが友に贈る」に、

「会った分だけ
  友情は深まる」

とあったぞな。今日も友情を広げて参るぞよ(^o^)
毎日が大切な一日ぞよ。
 

Re: あのルールの拙の真意

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月28日(日)08時34分2秒
返信・引用
  おはようでござる(^o^)

阿部日殿、おっちゃん賛同するでござる\(^o^)/
 

阿部日さん

 投稿者:Möbius  投稿日:2017年 5月27日(土)22時46分7秒
返信・引用
  すでに去ったといいながら何度書き込みしたら気が済むんですか?
意見を書き込むなら書き込むで、キチンとしたハンドルネームで投稿してください。
今のままだと多重ハンドルです。
貴方って他人には厳しいけど自分にはアマいですね。
 

あのルールの拙の真意

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月27日(土)15時28分48秒
返信・引用 編集済
  拙的には

「○○批判すると同時に、自身の信心の姿勢を常に問え」
という心構えが不可欠だとおもいます。

おなじように
「○○肯定(賞賛)すると同時に 自身の信心の姿勢を常に問え」とも言いたいです。

○○の部分は組織でも活動でも他人でもなんでも構いません。


批判だろうが賞賛だろうが「今の自分を、より大きく見せよう」とする行き方には

みじめな敗北がまっています。

出来る人間がたいした苦労もせずに成果をあげるよりも、
出来なかった人間が闘って智慧を働かせて一の成果を出した事のほうが重要です。
そしてリーダーなら、困っている人と一緒に闘って勝利させてあげることが仏道修行では
ないでしょうか。

「貧女の一灯」や「得勝童子の土餅」の精神(誠心)を忘れて、ついつい
己や他人の華々しい成果にばかり眼をむけてないか、よくよく考えてみるべきでしょう。

色んな意見をいう人がいるから「言わせておきましょう」では無慈悲。
指導してくれる人が他にいるだろうから、自分はノータッチ・・ではリーダー失格。
成果をみせつけさえすれば、多くは認めてくれる・・と考えるのは傲慢。

ルールの制定に皆さんのお力を借りたのは、民主的な運営の意味あいもありますが
掲示版に参加・運営している以上「当事者であれ」との意識を忘れてほしくなかったことが
大きいです。


 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月27日(土)08時51分55秒
返信・引用
  そう言えばだ、
一時といえども皆の方々が賛同したあのルール①~⑤を今一度鑑みるとだ、

「組織を批判視する前に、自身の信心の姿勢を常に問え」

とおっちゃんは思うぞよ。

それとぞよ。
5月度の座談会御書はおっちゃん大好きでござる。
で、ちょい前の

「心こそ大切なれ」

ここも重要なポイントではござらんか。
でだ、どのような「心」ぞか。

信心の勇者の方々は最前線でさまざま真髄に迫る「心」を示され、感嘆致すところでござる。
もとより、先生が折々講義されてこられたぞな。

でだ、
究極のところ、「心」とは「師弟の心」こそではと思うぞよ。

なんやかんやと、言えるかもしれんし受け手は如何様にも捉えることができるぞな。
この先は永遠のテーマとして割愛致す。

今なにが戦いぞか。

ともあれ今日も前進あるのみでござる。
おっちゃん頑張るぞよ。
\(^o^)/ホントピョ~ン
 

Re: 「叱らない」難しさ

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月26日(金)22時05分23秒
返信・引用
  阿部日殿、
深い洞察、感銘致す。

> では、油断をしないために、自分は具体的にどうすればよいのかが最大のポイントとなります。

その問い掛けもおっちゃんにとっては、
永遠のテーマかも知れんぞよ(^o^;)

でだ、
まず、「知りつつ無視している」
これはあまりにも傲慢、自分勝手で論外ぞな(^o^;)
対して、誠実さや謙虚さが肝要ではござらんか。

新人間革命は、先生のご指導ぞな。
すべて自分自身へのご指導。

師弟ならばそうではござらんか。自分以外のあの幹部がどうの、今の組織がどうの、ではござらんし。

 

「叱らない」難しさ

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月26日(金)16時23分30秒
返信・引用 編集済
  >「これくらいは」「注意や指摘がないし」「この人だってやってる」
> なんぞ油断は禁物でござろうぞよ。

おっちゃん。おっしゃる通りです。

では、油断をしないために、自分は具体的にどうすればよいのかが最大のポイントとなります。

まず「本当に知らなかった」のか「知っているから自制している」か「知りつつ無視している」
かの見分けをつけなければなりません。

つい先日小説 新・人間革命で

「幹部は、決して威張ったり、人を叱ったりしてはいけないよ。
 どこまでも、仏子として敬い、大切に接していくことです。」 (雌伏52~抜粋)

とありましたよね。
 威張るとはどういうことなのか。 叱るとはどういうことなのか。
そして「仏子として敬う」とはどういうことなのか。

以前にもクジラさんに対して指摘させていただきましたが、一口に師匠の指導といっても
「幹部に対しての指導」と考えるのか「リーダーである自分に対しての指導」と受け止めるかで
全然変わってくるように思います。

これは拙自身も考え続けなければならない永遠のテーマでもありますが皆さんも同じことだとおもうのです。


 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月26日(金)08時52分55秒
返信・引用
  今日も雨でござるぞか。
じめじめ日和でござる。

しかしだ、
仕事と活動はスッキリ爽やかモードぞな。

皆の方々、今日も頑張ってくだされ。
\(^o^)/
 

(無題)

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月26日(金)00時15分38秒
返信・引用
  おっちゃん、みなさん、本当にありがとうございました。

 

こんばんはでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月25日(木)21時25分4秒
返信・引用 編集済
  おっちゃん朝、投稿したはずが消えてるでござるぞよ。
\(^o^)/ウソピョ~ン

投稿ボタンを押さずに閉じてしまったぞよ(^o^;)

でだ、サブレ殿、
「この掲示板は僕にとっては価値的だったと思います」

とな。クジラ殿に対する御礼でもござるぞか(^o^)

おっちゃんもクジラ殿には礼を言わねばならんぞよ。

そうじゃな、
最後にとっておくかのう(^。^)y-~

そう言えばだ、
コンプライアンスでござるが、些細なこと程見逃してしまうものぞよ。
「これくらいは」「注意や指摘がないし」「この人だってやってる」
なんぞ油断は禁物でござろうぞよ。

お互いに勉強でござるぞよ\(^o^)/

では、
リアルの繋がりを大切にしてくだされぞよ(^o^)
 

Re: 誤解していただきたくないのは・・

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月24日(水)23時38分52秒
返信・引用
  > No.10804[元記事へ]

> >組織内でSNSを通じてコミニュティをされている人は殆どいません
>
> 誤解していただきたくないのは、単純にSNSや掲示版は危険だから学会員はつかっては
> いけないといった主張に基づいて、危険性を周知しているのではないです。
> むしろ、 価値的 に使うのは良いことだと思っています。
> 同志間なら、リアルのつながりがあってSNS(LINEなど)を使われている方は必ずおられると
> おもいます。


阿部日さん、ありがとうございます。
SNSと一括りしましたが、LINEなどは皆さん使ってますよね。
僕が「皆無」と言ったのはブログ、掲示板、フェイスブック等です。

一部学会系のブログとかは知っている人もいますが、興味が薄いのが実情ではないでしょうか。
アンチなんか特に興味が薄いです。

「支援活動における表現」については、学会内略語は使わない方がいいのですね。良くわかり
ました。

この掲示板が終わったら、僕はどににも書き込みしないつもりなのですが、気が変わるかもし
れません。ですので今更でも聞きたかったことは勇気もって聞いて、整理しておきたく、
質問させて頂きました。丁寧に教えて下さり本当にありがとうございます。ご指導は大切にし
ます。


おっちゃん、
おっちゃんもご意見を語ってくれて、ありがとうございます。
おっちゃんは常にリアルの学会活動を強調されていたので、ネットにハマり過ぎないように気
を付けて来ました。
最近は真面目が面があってそれも好感なのですが、ユーモアの中に深いメッセージが込められ
今でも個人的にファンです。

活動の報告等、さらりと詳細を割愛されるスタイルも参考になりました。それと、コンプライ
アンスについてはもっと勉強して行きたいと思います。

この掲示板は僕にとっては価値的だったと思います。


また書きます。
 

阿部日殿、サブレ殿、

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月24日(水)20時11分12秒
返信・引用
  おっちゃんにお礼はぞ、照れるでござるぞよ(^o^;)

おっちゃん陰から助けてるような自覚は無いのでござるが、阿部日殿のご意見は同感すること多大と感じるだけのことぞ。
「いいね」をポチッとな。そんなだけぞ。

でだ、
ご紹介頂いた理念は当に定説でござるぞな。わかりやすい例ぞな。おっちゃんメモるぞよ。

ネットでの発言での注意。おっちゃんの意見はぞ、
コンプライアンスの視点が大事かと思うぞよ。単に法令遵守のみに非ず、ルールやマナー、通念なども含んでなければならん。

近年から昨今も、企業ネタで批判や悪口なんぞを耳にしたことがあるぞよ。そういったこともあれぞ、
「なんだかな」ではござらんか。
これ常識的範疇と思うぞよ。
よくないかも・本当は駄目かも・もしや、等の思いの際には、真摯に考えるべきでござろうぞよ。
その点、サブレ殿は「自省」や「用心」を心得ておらるのではなかろうぞか。
ふむふむでござる。

阿部日殿が申された
「対話をしました」
でござるが、おっちゃんそれ良しと思うぞよ。

それとだ、
ともあれ弟子として組織の最前線にしがみついて異体同心の王道を歩むことが肝心だと思う訳ぞ。
「学会活動の定義」が過去に話題となったようでござるが、
先生の指導を拝しておれば自ずと行動あるのみでござろう。
 

支援活動における表現について

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月24日(水)15時07分3秒
返信・引用 編集済
  ネット上では 「Fをとった」 などと学会内略語をつかわなくとも

対話をしました とか お知り合いになれました とか 書くだけで伝わりますし

あらぬ嫌疑(事前運動)をかけられなくてもよいとおもいますが、皆さんいかがでしょうか。

 現場での信仰活動を熱心にしている事

 ≠ (ノットイコール)

 成果(数字)をネット公開したり立場上知り得た情報をネット公開できる


ではないでしょうか。


沖浦氏だけではありません。 誰もがハマる可能性のある誤謬です。 
 

おっちゃんへ

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月24日(水)14時50分46秒
返信・引用
  >その方は良かれと思っておるのかわからんが、おっちゃんは控えて欲しいぞよ

近江商人につたわる、「三方(さんぽう)よし」という理念があります。
( 詳しくは左記リンクを参照ください http://www.sanpoyoshi.net/profile.html )

お聴きになられたこともあるかと思いますが、「貴方と私」が良くても
世間(社会)的に 良くないこと はダメなのだとおもいます。

では、創価学会的に良くて、世間的に良くないことはあるでしょうか。
その逆・・つまり世間的(一般的)なようであっても仏法的によくない事もあります。
人を幸せにする最善の「解」とは、学会にもよくて世間的にもよいことだといえるのでは
ないでしょうか。

ちょうど来月号の大白に試験範囲の教材が掲載されていますよね。
立正安国論の項で「四表の静謐」について解説されていますが四表とは「世間」の
ことですので、三方良しの理念と合致します。

おっちゃんが、ネットをつかった個人の世界発信について「我が地域」とを
対比され“理解しがたい”とされたその感性こそ 現場感覚 だと拙は痛切に感じるのです。

今までの自分の生き様を事細かく説明したり、つい最近の個人的活動報告を掘り下げなくとも
、自然体の振る舞い(言葉)ににじみ出ているとおもいます。

おっちゃんはだれに対しても配慮をされるので、拙のように誰かに対し直接的な
意見をされることは少なかったように感じますが、いつも影から助けていただいて
本当にありがとうございます。

 

こんにちはでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月24日(水)12時57分53秒
返信・引用
  サブレ殿、阿部日殿、

「 (Facebookの創価コミュなど見るに耐えませんが一万人を超えるフォロワーがいるのが現実です)

これには僕も同じように思います。なんだかな~と。」

おっちゃんも同感でござるぞよ。
おそらくぞ、その方は良かれと思っておるのかわからんが、おっちゃんは控えて欲しいぞよ。
地域内のみで盛りあげるのは構わんが、世界発信してどうしたいのか理解し難いぞよ。

おっちゃんも違和感を抱くぞよ。

阿部日殿が申したように、肩書きや役職、先輩後輩なぞ関係なく対話する方が良いぞな。そんなもん不要でござろうぞ。
おっちゃんはそういうスタンスぞ。
 

誤解していただきたくないのは・・

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月24日(水)10時50分14秒
返信・引用 編集済
  サブレさんへ

>組織内でSNSを通じてコミニュティをされている人は殆どいません

誤解していただきたくないのは、単純にSNSや掲示版は危険だから学会員はつかっては
いけないといった主張に基づいて、危険性を周知しているのではないです。
むしろ、 価値的 に使うのは良いことだと思っています。
同志間なら、リアルのつながりがあってSNS(LINEなど)を使われている方は必ずおられると
おもいます。
ただSNSを通じて「見知らぬ学会員」とコミュニティをはじめ拡張していくのは
組織利用や分断に発展しかねないと拙は判断しています。
第一リアルでの活動の他に、また自分で創価のコミュニティを管理するのは
ものすごく面倒ですよね(笑)

でもそういった創価系コミュニティを「見たことがある」というだけの方は多いものです。
統計をとったわけではありませんので拙の推論ですが、
同じように反創価系掲示板などと「見たことがある」という学会員さんも多いと思います。
あえてそんな話題をリアル同志間ではされないでしょうけれども、いちど他者に聞いて
みるもの興味深いとおもいますよ。

拙は自らブログを作っていますがコミュニティをつくって盛り上がろうなどとは
おもいません。
もっぱら余所様の所で意見交換をさせてもらうわけですが、リアルでの肩書や身の上など
まったく影響のない対等な関係でないと本音は語れないとおもってますので
自己の管理が及ばない場所を好んで利用されてもらっています。



>これには僕も同じように思います。なんだかな~と

その違和感は是非大事にしておいてください。
なぜそう思ったのかを考えてみると、なおよろしいかとおもいます。
会館内での画像や、入会した家族の画像、座談会での画像、いただき物の画像など
見知らぬ大勢の方にネットで「共有」して好評価されることだけを望む生命が
欲界(六道)の天である第六天に通じるものがあります。

簡単にいえば「他の学会員さんを喜ばせることができれば、どんなことをしても
(たとえルールやマナーに反しても)構わない」という感覚ですね。


///////////////////////////////////////

自城魔突さんへ

>実業家としても成功しているだの、某スポーツの世界チャンピオンだの
 肩書を書きまくられるとだまされやすいです


学会員として成功しているだのといった成果、組織では○○部長だのといった肩書を
ネット書きまくられると、立場の低い私が意見するのはおこがましいなどと
いった臆病の生命が出るのと同じですね。
また、そういった成果や肩書に魅了されている人は自分より優秀な人の影にかくれて
○○さんに意見するなんて愚かだなどと、媚びへつらう生命をあらわします。

これが 修羅 でなくてなんでしょうね。

リアルではなかなか評価されないけれど、ネットでならもっと沢山の人に
手放しでよろこんでもらえるに違いない・・と漠然と考えている方は
批判されること自体、なれていない方が多いように感じます。
困ったことに、自身の「成功体験」という結果が慢心を生む因になって
自省できなくなってしまうケースがほとんどですね。

たとえば、かの処分者グループも学会職員であったこと、男子部でそれなりに
活躍していたという過去の自負、ネット上でのわずかばかりの賛同意見や
ヒット数を頼りに、現在の堕落の実態から眼をそらしています。


 

全く同感

 投稿者:自城魔突  投稿日:2017年 5月24日(水)08時48分42秒
返信・引用 編集済
  >ネットの世界では、勤行しない自分で新聞取らない(読まない)座談会に出ない人であっても
>「池田先生」について語れば活動家学会員(元もふくむ)とみなされますよね。
>また、日々の活動を個人的にネット発表すればリアルがどうであっても活動家学会員
>とみなされやすい傾向があるのがネットです。

おっしゃる通りです。
自称〇〇が疑いもなく認められてしまうのがネットです。
ましてや、教学の教授だのトレーナーとして超一流だとか
実業家としても成功しているだの、某スポーツの世界チャンピオンだの
肩書を書きまくられるとだまされやすいです。
 

Re: サブレさんへ

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月23日(火)23時29分36秒
返信・引用
  > No.10801[元記事へ]

> 交流お疲れ様でした。

ありがとうございます。

お時間を割かれて、たくさん書いて下さってありがとうございます。
以前からの進言が、僕の頭の中でようやく繋がったような思いです。

ネットは特殊な空間であること、そして公言であることを常に意識することが大切なのですね。
好意的な会話になると、仲間、同志、おともだち、などの意識も芽生えますが、あくまでも非
現実空間であることに違いはないですね。
仰られるように、組織内でSNSを通じてコミニュティをされている人は殆どいません。僕が普通
では無く、変わっているとも言えるでしょう。

> 自分で自分を売り込む行為でしかありません。

厳しいご指摘ですが、
> (Facebookの創価コミュなど見るに耐えませんが一万人を超えるフォロワーがいるのが現実です)

これには僕も同じように思います。なんだかな~と。

僕がここに常駐したのは、そうですね。説明は省きますが、動機、理由は確かにありました。
あたたかい問いかけ、ありがとうございます。
それで、

> 「なぜ、自分が今それをやらねばならないのか」 を です。

今となっては、「やらねばならない」ことは無くなったように思います。今やらねばならないの
は、リアルでの戦いです。

途中ですが、また明日書きます。

 

サブレさんへ

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月23日(火)15時59分11秒
返信・引用 編集済
  交流お疲れ様でした。

>SNS上では、気を付けなければならない事とか、社会人としてのルールやマナーとか、と
>ても大切なのではないでしょうか選挙での注意も含めてご指導を頂けると幸いです。


僭越ながら、拙に言わせていただければ、ほとんどは 現場での活動 と同じことだと
考えて間違いないとおもいます。

個人が「創価の肩書」をネットで公言することで、全国からの学会の関係者(元もふくめて)
らしき人を集める事ができるのは ネット だけの特殊事情です。

たとえば、リアルでは(入会)三実践をされていない方は学会員になれませんが
ネットの世界では、勤行しない自分で新聞取らない(読まない)座談会に出ない人であっても
「池田先生」について語れば活動家学会員(元もふくむ)とみなされますよね。
また、日々の活動を個人的にネット発表すればリアルがどうであっても活動家学会員
とみなされやすい傾向があるのがネットです。
(相手を批判するだけの材料を持ち合わせない場合は、人情として好意的に受け取るものです)

ですが、実際にサブレさんの地区の学会員さんの活動家さん何名がSNS等を通じ
「不・特・定・多・数の学会員むけ」に毎日情報発信をされているでしょう。
おそらくおられないとおもいます。

もしいれば、サブレさんはそのブログに常駐されているのではないでしょうか(笑)
SNSや掲示版公開サービスを通じた、毎日活動報告などという「非現実的」な世界が、さも
創価学会員の「日常」や「正義」と同じであるかのように錯覚してしまうのが、この世界の恐ろしさです。

リアルで、どんな素晴らしい活動をされていようが、自分の事として
リアルでの他人(組織内の)係わる活動について、見知らぬ第三者に対しネット発信
するというのはいわば、自分で自分を売り込む行為でしかありません。
(Facebookの創価コミュなど見るに耐えませんが一万人を超えるフォロワーがいるのが現実です)

HNという「架空の人格」につい、リアル性を付け加えたがる件に関しては、
沖浦さんの「HNではだれも信用しない」論調に近いものをもっています。
ただ、沖浦さんの場合は「実名ならば信用してもらえる」という考え方。
対して拙は「実名であっても我が身可愛さにウソをつく人」や「他者のプライバシーを漏らす人」は
いるという考え方です。

当然HNであっても「都合の良いウソをつく人」「プライバシーを漏らす人」はいると考えます。
実名、HN関係なく、どんな場合においても「人をみる眼を養う」ことが大事だとおもいます。
特に、組織破壊・組織利用に通じる「公私混同」には厳しい目を向けなければなりません。

だから拙は、リアルでの活動をしているいないすらネットで言及せず、だれもが
後からでも確認できる“ネット上で起こった事例”を中心に個人として文章表現を
続けているつもりです。
なぜなら、ネットで起こっている人間の「動き」は、いずれリアルでも起こり得ると
考えているからです。
また人間、ある程度は当事者にならなければ、所詮他人事だと割り切れるものです
から掲示版でのルールつくりなどにも係わらせていただきました。

もし、クジラさんが沖浦さんと関わりがなければ、こちらに来る事も常駐すること
もなかったとおもいます。

逆に、サブレさんは、なぜネットを使って他者とコミュニケーションを取ろうとお考え
になったのでしょうか。
この掲示版でお答えになる必要はないとおもいます(笑)が、ネットのような便利な
ツールをつかうには 初心の動機 が1番大事だと拙はおもいますので、是非
考えてみてください。

「なぜ、自分が今それをやらねばならないのか」 を です。

目的をきめず漠然と唱題をしても結果がでないのと同じ原理ですね(笑)

リアルでもネットでも共通しているのは「迷子」にならない心構えなのかもしれません。









 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月23日(火)08時51分37秒
返信・引用
  今日も真夏日ぞよ(^o^;)
汗だら日和でござる(>_<) 水分補給が必要な季節ぞよ。
どれどれ、グビッグビップハ~

牛乳ぞよ(^o^)
おっちゃん健康的とは思わんか。

体調を崩してもしたらだ、戦いが遅れてしまうぞな。
皆の方々も気を付けてくだされ。
\(^o^)/ホントピョ~ン
 

Re: 沖浦さん・・・

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月22日(月)21時35分41秒
返信・引用
  > No.10793[元記事へ]

> 沖浦さんFacebook上で自らが所属するJPAを糾弾するなどして
> 内容証明郵便で「警告書」が送られてきたそうです。
>

阿部日さん、こんばんわ

事の顛末を詳しく理解していないのですが、沖浦さんが自分の掲示板で仰ってるのを確認
しました。事が大きいように感じますが、僕はコメントできそうにありません。

SNS上では、気を付けなければならない事とか、社会人としてのルールやマナーとか、と
ても大切なのではないでしょうか。
僕はまだまだ分かってないこともあるかもしれません。選挙での注意も含めてご指導を頂
けると幸いです。

ここに参加させて頂いて、とても勉強になりました。できる限り保存しておきたいと思っ
てます。


 

こんばんわ

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月22日(月)20時53分38秒
返信・引用
  先日、東京に行ってきました。ナビがあると便利ですが首都高はカーブが多くて
慣れませんね。スピードの出し過ぎや駐車にも気を付けて無事故無違反で帰って
きました。会えたのは十数人ですが、やっぱり直接会って話しができるのは良い
すね。メールの交換もしたりして距離を縮められたかもしれません。

座談会もあったので、少しは報告できる交流ができたかなと思います。でもクジ
ラさんの戦いほどではありません。幸いにしてまだまだ知り合いが居るので、も
っともっと頑張りますね。

おっちゃん、
おっちゃんは凄く真面目な方だと思ってます。おちゃらけたり楽しく話しをされ
るので、自然に僕も頑張ろうと思えるのです。新人間革命7巻も開いてみました。
先日の座談会で偶然にも幹部の方が紹介されてましたよ。ビックリです!



 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月22日(月)08時43分32秒
返信・引用
  皆の方々お疲れ様でござる。
昨日も暑かったでござるが今日も真夏日らしいぞよ。
こんな日はクーラーガンガンの部屋でのんびりに限るかのう。
\(^o^)/ウソピョ~ン

仕事と活動に汗を流すぞよ。やはりだ、かけがえのない戦いでござる(^o^) 皆の方々も頑張ってくだされぞよ。
\(^o^)/
 

沖浦さん

 投稿者:Möbius  投稿日:2017年 5月21日(日)22時01分11秒
返信・引用 編集済
  すぐに各所の書き込みを削除して
ご自分の板もたたんじゃったほうが良いのではないでしょうか。
変な意地をはらずにここは賢明に行きましょう。
 

へ?

 投稿者:Möbius  投稿日:2017年 5月21日(日)21時38分37秒
返信・引用
  対面がすべてだとか言ってた先輩が
ネットで相手の悪口を拡散したんですか????
いやぁ~~でも裁判とかになったらやばくないですか。
先輩ネットに滅茶苦茶いろんな人の悪口書きまくってるし。
昔の2ちゃんとかのログ探されたらまずいですよ・・・
 

心配していたことが起きてしまいました。

 投稿者:自城魔突  投稿日:2017年 5月20日(土)12時40分19秒
返信・引用 編集済
  誰もが閲覧できるインターネットに、組織を無視して我見を拡散したり
確証のない事柄を投稿したりするのはとても危ないのでやめましょう。
再三訴えて来ました。
で、結果がこうです。
http://www.jpa-powerlifting.or.jp/2015/wp-content/uploads/2015/09/20170517_Statement_01.pdf

http://www.jpa-powerlifting.or.jp/2015/wp-content/uploads/2015/09/20170518_Warning_statement.pdf

彼は創価学会に対しても同様な行為を繰り返しています。
こちらの今後も心配です。
 

沖浦さん・・・

 投稿者:すでに去った人ですが  投稿日:2017年 5月20日(土)11時25分54秒
返信・引用 編集済
  沖浦さんFacebook上で自らが所属するJPAを糾弾するなどして
内容証明郵便で「警告書」が送られてきたそうです。

もし除名などの処分に至れば、これまでのタイトルは剥奪でしょうね。

組織に言いたいことがあるのは解りますが、ネット上で次第を拡散なんてやり方

は得策ではありません。

https://archive.is/I3EZW



 

Re: おはようございます

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月20日(土)09時59分25秒
返信・引用
  おはようでござる(^o^)
サブレ殿、おっちゃん本を読むのは得意ではござらんぞ。
しかしだ、
「それでも読むべし」でござるぞか(>_<)

ならばぞ、
カバンに人間革命をば忍ばせておくぞよ。
どうじゃ、おっちゃん真面目とは思わんか。

それで満足してぞ、ん?なんじゃ人間革命がこんなところに何故に入っておるぞな? とならんように気を付けるぞよ(^o^)

でだ、気を付けると言えばだ、
車の運転は常に気を付けてくだされ。休日は更にでござる。「先々の用心」ぞな。

ともあれぞよ、
東京にお出掛けとは頼もしい限りぞよ。
おっちゃんも頑張るでござるぞよ。
\(^o^)/ホントピョ~ン
 

おはようございます

 投稿者:サブレ  投稿日:2017年 5月20日(土)09時14分8秒
返信・引用 編集済
  おっちゃん、THJさん、細野さん、いつもありがとうございます。安心して
読んでました。
これからは、聖教新聞と大白蓮華、そして人間革命をもっと大切に研鑽して
いこうと思います。

>> 人間革命にはすべて書かれておる。必須ぞよ。

> その通りですね。
> まぁ、読んでも忘れているところが多いので、都度、読み直そうとは思うものの、なかなか難しいですけどね。
>

僕も正直、都度読み直していくのは難しいのですが、おっちゃんが即紹介し
てくれたので、「それでも読むべし」と受け止めて読んで行こうと思います。

細野さん、
いつも公明党のニュースをありがとうございます。今日明日は、東京の足立、
荒川、葛飾、江戸川、墨田、江東、品川、太田を回って行く予定です。
楽しくいっぱい語って来ます。
安全運転と駐車違反にも気を付けますね、おっちゃん(^^ゞ

クジラさん、
この正統派の掲示板が、あと少しで終わってしまうのは残念です。
勝手なことですが、いつかまた復活して欲しいと思ってます。


 

それからぞよ

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月19日(金)21時29分43秒
返信・引用
  「あるいは、退転者を取り込み、内部告発というかたちをとって、ありもしないスキャンダルをでっち上げることも十分考えられる。
その虚偽の告発を、一部のマスコミを使って流すことによって、会員に不信感を植えつけ、団結に亀裂を生じさせようとする謀略である」
(新人間革命 第7巻366)

鮮明に見抜かねばならんと思うぞよ。
今、組織の中で戦うこと。
当然ながら王道でござるぞな。
 

続きでござる

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月19日(金)20時28分55秒
返信・引用 編集済
  「もし、中心者が嫌いだからとか、自分の方が信心が古いからといって、あの人のもとでは活動できないという人がいたならば、
その人は『法』が根本ではなく、『人』に対する自分の感情が根本になっているんです。
また、それは、わがままです。わがままは、自分の心に負け、信心の軌道を踏み外した姿です。結局は自分が不幸になります。
反対に、中心者を守れば、自分が守られる。これが因果の理法です。」(新人間革命7巻126)

中心者に呼吸を合わせるとか、団結するとかぞ、
おっちゃん、この指導は大事だと思うぞよ。

組織に付く、学会活動、
それはこのことが基本でござるぞよ(^o^)
 

Re: (無題)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月19日(金)18時11分55秒
返信・引用
  > 喫煙規制法案、今国会提出を=公明

公明党ほど真面目な政党は無いと、おっちゃんの友人も言っておったぞよ(^o^)

確かにぞ。支援する人も真面目かもしれん。
 

(無題)

 投稿者:細野  投稿日:2017年 5月19日(金)08時57分46秒
返信・引用 編集済
  喫煙規制法案、今国会提出を=公明

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000087-jij-pol

たばこに関しては、もっと規制を強化して欲しい。
公明党を応援しています!
 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月19日(金)08時16分4秒
返信・引用
  そう言えばだ、
先生が言っておられたぞよ。

「拡大の要諦は団結です。」(新人間革命7巻126)

続きはまたぞよ。

今日は天気が良いぞな\(^o^)/
 

Re: 5月15日聖教新聞1面広告

 投稿者:THJ  投稿日:2017年 5月19日(金)00時57分45秒
返信・引用
  > No.10783[元記事へ]

> でも、創大の後輩さんが作家として聖教新聞の1面広告を飾るのは嬉しいですね。

宿坊板で難癖が付いている本の話ですね。
OGとして、変なネガキャンからは守ってあげて下さい。

著作の仕事をしている人は、学会と敵対している相手に利用されたりする危険が常にありますけど、学会批判をする人でなければ、創大出身者は普通にみんな守りますよ。
 

Re: こんばんはでござる

 投稿者:THJ  投稿日:2017年 5月19日(金)00時30分49秒
返信・引用 編集済
  > No.10782[元記事へ]

> おっちゃんは反宿坊の掲示板はとても意味のあるものだと思うぞよ。
> それによって、騙されずにすんだ方はたくさんおられたかもしれん。

そうですね。
ただ、内部事情をまったく知らない私などは推測しか出来ませんから中立的に読むだけでしたね。
宿坊板で言っていた「会内権力闘争」と言うのも少し気になり、その懸念があるならどちらにも加担することは出来ないですし、コメント次第で邪魔にもなります。
この点は、将棋の対局者以外が勝手に推論を語り、対局者の戦略に狂いを生じさせたら勝てるものも勝てなくなるのと同じですね。

もっとも、先生の指導をちゃんと読んでいるなら、「権力闘争の勝者が会長になっても、同志は誰も動かない」わけですから、仮に会内に対立があっても、両者をまとめられる人物で無ければ、創価学会の会長は務まらないと誰でも感じるでしょう。

それなのに、宿坊板が「会内権力闘争」と初期から言って、片方の側に付いた話をして、執行部批判を始めたのは、もう、その時点で勝つ気も無くただの内部攪乱目的だけだったとしか思えません。
処分者が出たのを何かの根拠にしようともしていましたが、会長には「賢王」としての資質も求められるのですから、ただ処分者が出ただけでは何の根拠にもならないですし。

> 人間革命にはすべて書かれておる。必須ぞよ。

その通りですね。
まぁ、読んでも忘れているところが多いので、都度、読み直そうとは思うものの、なかなか難しいですけどね。
 

5月15日聖教新聞1面広告

 投稿者:優子  投稿日:2017年 5月18日(木)23時05分27秒
返信・引用
  初めて投稿させて頂きます。


朝日新書「友達以上、不倫未満」(秋山謙一郎著)

創大OBの秋山謙一郎氏の著作が1面広告されていましたね。

この方、たくさんの本を出しておられるようですね。

未入信で外部の方と組織の方から伺いましたが、
やはり嬉しいですね。

読んでみましたが、私にはちょっと難しい内容でした。

創大OBの作家が出ることはOGとしては嬉しい限り。

書店に走って手に取りましたが、私にはちょっと難しい内容でした。

でも、創大の後輩さんが作家として聖教新聞の1面広告を飾るのは嬉しいですね。

https://twitter.com/fuyQsyHajzWr8QS/status/863947462238625793

 

こんばんはでござる

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月18日(木)22時23分53秒
返信・引用
  THJ殿、
おっちゃんは反宿坊の掲示板はとても意味のあるものだと思うぞよ。
それによって、騙されずにすんだ方はたくさんおられたかもしれん。

THJ殿が申したように今は同志間の分断を画策しておると言われれば、更に納得ぞ。

所詮は愚痴や文句が魔と化す訳ぞか。

有意義な対話がリアルで織り成すことが出来なくば、学会の世界でも社会でも、おっちゃんは如何なものかと思うところぞ。

リアルで、今いる場所で学会の戦う同志と繋がらなければいかんとおっちゃんは言いたいぞな。

それとぞ、先生をきちんと求めなければぞ。

人間革命にはすべて書かれておる。必須ぞよ。
 

Re: THJ殿、

 投稿者:THJ  投稿日:2017年 5月18日(木)21時07分48秒
返信・引用 編集済
  > No.10779[元記事へ]

> 日々、聖教新聞や大白蓮華、人間革命、新人間革命などを通して先生の指導を主とすれば、なんも問題無きこととおっちゃんは思うぞよ。

その通りですね。

「小説 人間革命」には「法論」に対する効果に懐疑的な話も、昨今行われている「デモ」に対しても懐疑的な話が、考察と共に書かれています。
安易に「デモ」とかの参加を呼び掛ける人は、「小説 人間革命」を読んでいない気がします。

「安全な社会」は言い換えてみれば「治安が適切に維持された社会」ですから、「デモ」と言う騒動を扇動して、裏で何かをしようとする策謀家がいるかもしれないと言う警戒心は常に必要でしょう。

宿坊板で「会内権力闘争」と言いながら片方を支持していることは常に違和感があり、私から見たらただの「内部攪乱」です。
昨今の「デモ」と同じように「体制に反対することで英雄視されたい」ような軽薄な輩も集まってきますから、とてもじゃないが賛同できるものはありません。

反宿坊板にあった【内部アンチの三原則】と言うのに「自分を正当化なさんがために組織への不満をたれながす」と言うのがありますが、「ネット」は初期の頃から、様々な利便性と共に一般的にも「現実や他人が自分の思い通りにならない不満」「愚痴」のはけ口になりやすく、「愚痴の沼」としか見えないところが随所にありました。

皆が一様に頑張る「選挙」「新聞啓蒙」などは「愚痴」の対象になりやすく、そう言った人の「愚痴」は昔からアンチに利用されてもいます。
学会の活動は「師匠の視点」「弟子の視点」を矛盾なく和合させられなければ理解することが難しいのですから、一方の視点のみの正当性で「矛盾」「疑問」を強調することは単純で簡単であり、単純さは扇動に利用しやすく、アンチが同志を分断するのに利用し易いわけです。

ただの「愚痴」「単純な疑問」だったものが、他人に支持・利用されることにより、「正当性のある主張」と勘違いする人が出てしまう危険性は当初か指摘されてもいますし、同じ愚痴を持った人達の集まりとして勢力を持つこともあります。
「正当性のある主張」と勘違いすると「愚痴」と見抜けない人達の集まりにもなり、「現実に対する愚痴の沼」が出来てしまうわけです。
そうなってしまうと「愚痴」が「貪瞋癡(三毒)」の一つだと教えられていても、「愚痴」と見抜けないのですから「愚痴の沼」に居ることも気づかず、現実への不信感を増し、現実でも人と対立することが多くなって、更にネットに逃げ場を求める悪循環に堕ちてしまう人が出てしまいます。

当然、「現実への不満」は「変革」へのキーワードでもあるわけですから、安易に「愚痴」と切り捨てることも出来ず、適切な対応が難しいと言う問題もあります。
しかし、私が見ている限りでは「他人が自分の思い通りにならない不満」を「他人を自分の思い通りにしよう」「他人を利用しよう」と動いてしまった人は、学会の中では必ず幹部や同志から注意をされています。
同志や幹部に対する不満も「他人が自分の思い通りにならない不満」なら、「学会員は使命で動く」のですから、同士や幹部が思い通りに動かないのは当然と言えば当然なのです。
そこで、怨嫉を深めるか、自分の使命に立ち返って他者の使命や学会員としてこの場にいる使命を再認識して立ち直るか、それは本人と関わった同志の信心次第なのですけど、それを「この場」が無いネットでやるのは難しく、やはり現場ででしか出来ないことだと思っています。
 

こんにちはでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月18日(木)12時42分10秒
返信・引用
  「求道の人には、あふれる歓喜がある」
(聖教新聞2017.5.18, 新人間革命)

地区の方々のようぞよ\(^o^)/

皆、善知識のゆえと思うぞな。先生は言うまでも無きぞ。
そうじゃ、おっちゃんとこの女房は題目ガンガンで身近な最大の善知識かもしれん。

今週の座談会も楽しみでござるぞよ\(^o^)/

 

THJ殿、

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月17日(水)21時34分41秒
返信・引用 編集済
  > > どうじゃ、
> > おっちゃん単純とは思わんか(^O^)
>
> 私も単純です(^O^)
>

ガハハハハ(^○^)
おもろいではござらんか。

おっちゃんのヘンテコな発言をそのように返すぞか。
お見事でござるし、やられたでござる。

おっちゃん、このようなキャラは勘弁くだされ。

でだ、
ネットの教学談義は不得意でござるが嫌いではござらん。
確かに動いた方が価値的でござるぞな。

とはいえぞよ、
考えられないような意見もあって、
「おかしい」ことに対する再確認という次元では勉強にはなる点は否めないぞよ。

たとえばぞ、
「御本仏 日蓮大聖人」---
まったく違和感がないとおっちゃんは思うぞよ。

「人間革命」「新人間革命」でも池田先生が言われておられる。

学会教学や教義から乖離するような時点でおかしな訳でござる。
日々、聖教新聞や大白蓮華、人間革命、新人間革命などを通して先生の指導を主とすれば、なんも問題無きこととおっちゃんは思うぞよ。

おっちゃん昨年からここに参加して、多くの方から多くを学ぶことが出来たことは間違い無きぞよ。

自己研鑽を改めるきっかけにもなったかもしれんぞよ。

ともあれぞよ、
繰り返しておるが、所詮ネットでござる。
ここは出会い系サイトでもござらん。
リアルを疎かにしては、まさに本末転倒でござぞな。

どれだけ友情を広げていけるか。リアルで。ホントの友情の拡大ぞ。

先輩方や幹部の方などと、いっぱい対話するのも楽しく実に有意義ぞな。
活動から引いておられる方と心通う対話を織り重ねるのも実に素晴らしいものぞよ。

ここを否定はせんぞよ。他の方もそうでござるが、THJ殿のお話しはリアルでわかるぞな。

そうじゃな、
おっちゃんもまったく外に出られないくらい身体が不自由になったら、
友人知人とのやり取りはSNSをフルに活用するかもしれん。
コンプライアンスを守りつつでござるがぞよ。

その時は「ぞよ、ござる」は卒業してるかもわからん。
 

Re: (無題)

 投稿者:THJ  投稿日:2017年 5月17日(水)19時46分57秒
返信・引用
  > No.10774[元記事へ]

> どうじゃ、
> おっちゃん単純とは思わんか(^O^)

私も単純です(^O^)

現場では教学的なことは御書講義ぐらい、教学試験でも無ければ、基本は個人での研鑽になるので、そこに不満を感じる人もいるのでしょうけれど、『学会の公式見解や学会の教義』は同志の間で言い争いを続けないためにあるのだから、あまり教学談義とかをネットで長くやるより動いた方が得なのに。と。

疑問を持つことは対話でも必要なことで、互いに納得がいくまで対話する必要性もありますけど、それだけに終始して行動が疎かになるのは損をすることになるのではないかと。

まぁ、そんな感じなので、以前、婦人部の長い話に口を挟むポカをやったり、熟練のB長から「気持ちは分かるが誰も望まない結果(会合が余計長くなる)になるのでやめときなさい」という箴言を頂き、「忍耐」を学んだりしています。

個人的にはネット活用を「自己研鑽」と言うことで肯定しているのですが、やはり「用心」は必要かと。
また、ネットで「縁」を作るより、リアルで作った「縁」を元にネット活用で継続をしながら、将来的に自分の足腰が弱ったらネットでFとか新聞の購読継続の確認とか出来るようにはしたいですね。
そのためには、今はリアルでの「縁」を増やす方が土台を築くことになると思っています。
 

Re: (無題)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月17日(水)12時57分12秒
返信・引用 編集済
  > おっちゃん、こんにちは。
> 全く、同じ思いです。

細野殿、こんにちはでござる(^o^)
おっちゃん、細野殿のへのレスが漏れておった故、お声掛けしたまででござるぞよ。

仕事と活動共に頑張ってくだされ(^o^)

それはそうとだ、
週末東京に車でお出掛けの方々、交通事故には十分注意されることを祈るぞよ。

それとだ、都内は駐禁が半端ないぞよ。ちょいとコンビニに寄るのに止めただけでキップ切られること日常でござる。
交通ルールは厳守でござるし油断は禁物でござるぞな。
 

(無題)

 投稿者:細野  投稿日:2017年 5月17日(水)11時42分27秒
返信・引用
  おっちゃん、こんにちは。
全く、同じ思いです。
それ故に、残念で仕方がありません。
すみません、それに続く言葉が出てこない・・。
 

おはようでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月17日(水)08時42分45秒
返信・引用 編集済
  今日の発心にあったでござる。

『極楽百年の修行は 穢土の一日の功徳に及ばず、正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか」( 報恩抄、329)

昨日、今日の体験談もそうでござるが、はやり学会活動が基本でござるぞな(^o^)
それも報恩感謝の故でもござる。

「行学の二道」というが「行」は「自行化他」でござる。学会活動にすべて含まれておるぞな。

今日も元気に頑張るぞよ\(^o^)/
 

(無題)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月16日(火)21時56分22秒
返信・引用 編集済
  THJ殿、
毎日お疲れさまでござるぞよ。
おっちゃんの他愛の無い言葉をチョイスされておられた故、レスするでござる。

どうじゃ、
おっちゃん単純とは思わんか(^O^)

でだ、
じっくり読ませて頂いたでござる。

「革命的警戒心で『悪知識』からは常に距離を取る心構えでネットを利用することはこれからも必要でしょう」

おっちゃんも同感でござる。

「現場の同志と一緒に、地域広布をどうするか考えたり行動した方が常に価値的で、そこに『創価の王道』も『人間革命』もあると思います」

これもおっちゃん同感でござる。
核心に迫っておられるぞな。
ネットは所詮ネットの世界でござる。

「一人を大切に」--

四六時中、同志のことを祈る。
一緒になって題目を上げたり、有意義な対話をし尽くしていったり、共に挑戦をして行く。
地道な学会活動を真面目に取り組んで行くことが、当に「輝く王道」でござるぞな。

ここでの有意義な語らいも有り難い限りでござるが、それぞれの天地で、かけがえの無い多くの同志とまた友人と有意義な語らいをしながら、おっちゃん弾けて参るぞよ。

なんせ、
地区の方々からの温かいプレッシャーもあるしのう。
しがみつかなくても激励しまくられてしまうしぞよ。

おっちゃんは楽しく挑戦するでござるぞよ。
\(^o^)/

THJ殿のお話しは、学ぶところが多いぞよ。
m殿もしかりでござる。

クジラ殿もぞよ(^o^;)

そうは思わんか細野殿(^o^)
 

Re: 創価学会は、どこにあるのか

 投稿者:THJ  投稿日:2017年 5月16日(火)18時02分41秒
返信・引用
  > No.10765[元記事へ]

> もちろんクジラも「イイネ!」を押させて頂きます。

クジラさん、「イイネ!」ありがとうございます。
私のは信心の諸先輩方のただの受け売りで、源をたどれは先生の指導があるだけですから、先生の指導を大切にしている皆さんと違うところはありません。

「敵」と対峙する教学論争が主体の掲示板も大事ですけど、「宿坊板」も先が見え、「教学論争は他所でやって欲しい」と言う別視点の掲示板が無くなるのはとても残念なことです。

ネットの初期の頃から「創価板」と言われるところを時折ROMしていますが、「明らかな敵」と対峙するのは得意でも、「味方の様に入ってくる敵」には弱く、「見抜ける人」と「見抜けない人」との対立に発展し、その掲示板本来の目的から外れて存続が出来ずに閉じるものが出てきた頃から、ルール設定や目的意識の共有は大切なものと感じています。
もっとも、「ルール設定や目的意識の共有」を強調し過ぎるのは現実でも排他的に見られがちで、「自由」や「開放性」と言う「単純に良さそうに見えるもの」に制約があるとして内外の批判、アンチ側の悪宣伝、扇動に利用される危険性もあるので、管理者の負担が増大し、個人管理では板の存続を難しくしてしまうのですけど。
沖浦さんのことは初期の頃からROMしているので知っていますけど、毎度「味方の様に入ってきては追い出される」を繰り返し、最悪な場合はその掲示板を潰していますから、その行動には警戒していますし、ネットリテラシーに反する「実際に会う」と言う非常識な手段を使い続けることも警戒しています。

おっちゃんさんが『ここは学会の公式見解や学会の教義を正とする普通の方々が集う場所でござるぞな。やはりだ、そうではない主張には違和感があると思う訳ぞよ。』
と仰るように、穏やかに共に語るには「争わなくていい点」が土台になければ成り立ちません。
沖浦さんのように「インチキ教学を晒して、教学論争を同志の間で煽る」ような人は現在の宿坊板と結局は同じなのです。
将来のルールを勝手に予測して、今、この時に同志との言い争いに終始したり、現場の同志と共に動かないことや、現在の「学会の公式見解や学会の教義を正としない」もしくは捻じ曲げた解釈をすることで、愚痴の人達を集めるようなのは、「寛容」では無くただの「悪知識」です。

破邪顕正は必要ですが、ネットであれリアルであれ「法論」の効果は既に失われている「末法」であることは「小樽問答」で日蓮宗が改宗していないことから明らかで、「小説 人間革命」にも書かれている通りです。
売られた喧嘩はすることになりますが、効果の無いことで無用なトラブルに巻き込まれたり、自分で騒動を起こすようでは本末転倒です。

この板が終わっても、ここに集った人達がネット利用を止めたりはしないだろうと思うので、価値的なネット利用と言う点を個々に考えて無用なトラブルに巻き込まれないように革命的警戒心で「悪知識」からは常に距離を取る心構えでネット利用することはこれからも必要でしょう。
ネットの利点は大きいですが、現場の同志と一緒に、地域広布をどうするか考えたり行動した方が常に価値的で、そこに「創価の王道」も「人間革命」もあると思います。
 

こんにちはでござる(^o^)

 投稿者:おっちゃん  投稿日:2017年 5月16日(火)12時55分58秒
返信・引用
  やはり、クジラ殿からレスを頂くと嬉しいぞよ(^o^)

おっちゃんが最初に投稿を初めた際も、早くレスを頂いたはずぞよ。対話というのは大事でござるぞな。

今日は慌ただしいゆえ、落ち着いたらまた書くぞよ。
皆の方々、今日もはつらつと頑張ってくだされ。
\(^o^)/

折伏と拡大はとても素晴らしいものぞよ。
支援の戦いも折伏と拡大に繋がっておるぞな(^o^)

ともあれぞ、戦いは歓喜でござる(^o^)
 

万年先までの盤石なる土台は完璧に

 投稿者:クジラ  投稿日:2017年 5月16日(火)12時08分52秒
返信・引用
  t
THJさん( ^ ^ )/□
いつもありがとうございます!

> > おっちゃんこの掲示板を大事に思っていたことを伝えたかったまでぞよ(^o^)
>
> 私にも伝わりました。
> そのため、閉鎖によりクジラさんに無用な後悔などが残らないような話をあえて置いて、これからここを惜しむコメントがどんどん増えても大丈夫なようにしたいと思ったしだいです。


ご配慮に感謝します。閉鎖と言いましたが、確かにもう
少しで終わりかと思えば心も揺れ動きます。

「クジラの掲示板」は本来は宿坊板に対抗する為に作った掲示板です。
現在はそれに対抗する専門の「反宿坊の掲示板」があります。
それと宿坊板自体がどんどん自滅、劣化していき、H田地グループは
いわゆる除名3人組(足軽会)とも結託。宿坊板に関わる人達は
次々に除名処分になっていき、とうとう妙本寺などと連携する
始末です。自分達でオウンゴール状態が止まりません。

今では執行部の批判を行き過ぎ、池田先生ご執筆の小説
新・人間革命を堂々と批判。とうとう師匠までも批判の
対象にしてしまいました。
ここまでくれば、この仏敵掲示板に影響される会員はい
ないでしょう。

しかし「クジラの掲示板」が不必要な争いを誘発したり
内部情報が敵に漏れてしまったり
良かれと思って投稿した内容が本部に誤解されたりすれば
本末転倒してしまいます。
だから、掲示板の閉鎖を考えたのです。


> > 『広宣流布の主戦場とは、組織の最前線に、民衆のなかにこそある』(新人間革命4巻239)
>
> 過去の宗門問題は、師匠と弟子の分断を図った「破和合僧」の暗躍ですが、現在、宿坊板で行われているのは、弟子間の分断を図る「破和合僧」の暗躍のような気がします。
> こう言ったことがネットの片隅ででも行われている時には、組織の最前線で師匠が厳命した「和合僧」を守る戦いを地区なりブロックなりで実現し続けることが一番の戦いになると思います。
> それこそ「ここに敵はいませんよ」と言いながら和合僧の戦い、異体同心の戦いをするのが一番でしょう。


全くその通りだと思います!


> 仮に、宿坊板で言われていることの一部に真実があって、中枢に不誠実な輩がいても、それが明確になる前に「破和合僧」の罪業を積むようなことを我々がしても師匠の本意とはズレている気がします。
> 仏法は厳粛なのですから、師匠が言われたとおりに「和合僧」を貫けば、不誠実な輩は勝手に落ちていきます。
> 学会員は使命で動いているのですから「他人を利用しようとする人」の命令では動かないわけです。
> 過去の宗門問題の時にも、現場の最前線で「師弟共戦」「和合僧」の戦いをした地区やブロックが結局、一番正しく「堅固な創価の砦」を築いたわけですから、宿坊板のような話を気にするなら、猶更、現場で「師弟共戦」「和合僧」の砦を築く戦いに徹し、地域広布を進めたところが、今回も師匠の思いに一番応える地区やブロックだと思います。


この意見に全面的に賛同いたします!
地区で頑張る!ブロックで頑張る!
あのテレビで大活躍の久本雅美さんも
一番基本にしているのは座談会です!
あれほど忙しい人でも
あれほど世間で勝利の実証を示している人でも
地区の現場での闘いを一番大事にされています。
もう少しですが、どうか宜しくお願いします!


沖浦さん( ^ ^ )/□
色々ありがとうございました。

>この板も若鷹と同じレベルに堕ちてしまいました。

その板は最近みていませんが「クジラの掲示板」が堕ち
ているという事はありませんよ。
沖浦さんの勘違いです。

学会員が社会での実証を示そうと戦うのは
ごく当たり前の戦いですね。
また、信心をしていない人も、社会的に成功して
いる人は沢山いるものです。
20代の若さで、ワンクリックで秒速何億と稼ぐ人もいる
くらいです。働くとは何かを考えさせられます。
しかしこういうマネーゲーム的な稼ぎ方に対し池田先生は
警鐘をならしています。


「二十一世紀への選択」池田大作;マジッド・テヘラニアン (著)より

私は、ボタン一つで巨額のマネーを動かす「市場(マーケット)」ではなく、イスラム諸国に見られる市場、つまり、「バザール」(ペルシャ語)、「スーク」(アラビア語)の意義を今、見直すべきであると述べました。
それは人間の顔が見え、言葉が行き交い、息が交錯する場所です。
引用以上。


その上で、地区、ブロックの現場で戦う!
学会員はその現場で自分を磨きます!
クジラが折伏した人達にも、まずは仕事をしっかり
頑張る事!「仕事は3倍、信心は一人前」です。

そして地区で頑張る事を伝えます。そこで全てを勉強します。
地区、ブロックを離れては我儘な信心に陥ります。
人間は人間を通してしか成長できません。

先生が「わが地区、わがブロックにこそ、絢爛たる創価の
大城があるのだ。」と言われてもそれを否定している方
もいます。

活動家からすれば非常に滑稽な事ですが、師匠の指導が
どうしても分からない。なぜ分からないのか?
自分の心を一番にしている場合はこうなってしまう傾向
がありますね。

牧口先生の時代から創価学会は座談会を中心にしてきました。
二、三人の小さな会合を大事に、真剣に語り合ってきたから
世界192ヶ国にまで仏法が、池田先生の思想が学ばれています。

当たり前の話しですが結局、地区やブロックの現場を一番
大事にされてきたのは創価三代の会長です。
創価三代の会長が地区やブロックを産み育ててきてくれました。

公明党支援の闘いでも、素直に闘えないのは
結局、自分が他人様に頭を下げられない
傲慢という弱い自分に負けている証拠です。

公明党の実績を素直に学んでいけば、公明党が正しい事は
誰にでも分かる簡単な事です。ここが理解できない捻くれて
いる人々のなんと多いことか。素直に現実を認識できない。

宿坊板でも、公明党を批判する為に、池田先生のインタビュー
をわざわざ持ち出す人までいますが、特に先生のインタビュー
は外向けの話しであり、会員に対する話しではありません。
また、外部からの攻撃から会員を守る為でもあります。

この様な外交戦では、折伏でなく、摂受を表にして、考え方の
違いがあったとしても、その考えを容認しながら、次第に
正法に誘引していくようにもっていきます。
池田先生の外交戦(SGI提言や対談集も)は全てそうなって
います。

自分が素直に支援できない理由を、池田先生に責任転嫁
するのは弟子のする事ではありませんね。

選挙の戦いは、S31年大阪の戦いが手本だよ、と先生は何回も
スピーチしてくれました。
人間革命第10巻に書かれているのは、S31年大阪の闘いの
全てです。
私達は選挙屋ではない。あくまでも仏法者としての自身の
宿命転換をかけた、真の大民衆運動であり、公明党の支援
の闘いとは、こう戦うのだという模範の闘いを池田先生が
見事に描ききって下さいました。

だから、あの選挙目前の5月に大阪支部の11,111世帯
という未曽有の世界記録の折伏をやりきった!
選挙の支援といっても、仏法を離れてはいけない。
どこまで行っても、我々の闘いは信心の闘いなんだよと
教えていただきました。

あの大阪を勝利に導いた会員さん達の多くは、信心歴の
まだ浅い新入信の方々です。
その人達が、折伏をやり抜いて、大きな功徳を頂き、
その歓喜のまま、大きな情熱を持って、大阪の人々全てを
味方にする為に、土下座をする様な思いで頭を下げて
支援の依頼を素直にやり続けました。


人間革命 第10巻   険路の章より

大阪支部のなかに、身体障がい者のメンバーがいた。彼らは、会員たちが、はつらつとして飛び回る姿を目にして、″自分たちも、何かできることがあるはずだ″と相談を始めた。
そして、終盤戦のさなかのある日、彼らは不自由な体で、繁華街の、とある街角のガソリンスタンドの前に、ずらりと整列した。首に春木征一郎のポスターを下げて立ち、道ゆく人びとに呼びかけた。

真心は、遂にここまできたが、残念ながら、これは明らかな違反行為である。
彼らの突飛な行動を知った関西の首脳陣は、慌てて幹部を現地に急行させた。
幹部は、グループの真心の情熱に脱帽しながらも、遺憾ながら違法行為であることを、やっと説得したのである。
せっかくの発意による活動は、短時間で終わったが、その烈々たる闘魂は、多くの会員の士気を鼓舞し、聞く人の涙を誘うまでの感動を与えずにはおかなかった。
引用以上。
○ セイキョウオンライン   http://www.seikyoonline.com


「自分が頭を下げたくらいで、白木さんが当選するなら安い
もんや!なんぼでも頭下げさせて貰いますわ!」
との心意気で皆が闘いきった。と関西の先輩からも聞きました。

先生の奥様も、ある支援の戦いでは身重のお身体をおし、駅で
電車を待っている僅かな時間を利用し、出会った人々に懸命に
支援の依頼をされていたと聞きました。
格好や理屈ではなく、絶対に師匠の恩に応えてみせる!
との気迫。この国を根本から良くしていこう!だからこそ
我らの代表に、公明党に頑張ってもらう為に全力で応援し
ていこう!
負けたらあかん!この一念で大阪の闘いは勝利できました。
若き池田先生が直接指揮をとられた、凄い闘いです!

現在の支援の戦いも根本は同じですね。
今回の東京決戦も、自分の「S31年大阪の戦い」と捉えて
池田先生と共に戦う自覚があるか、無いかの問題ですね。

創価学会の活動に一切の無駄はありません。
1万年先を目指した池田先生の打つ、一つ一つの構想を、
永遠の師匠を、信じる事ができるのか、できないのか。
ここが一人一人に問われているのではないのかと思います。


第五回本部幹部会「聖教新聞」創刊五十周年記念配達員大会での
池田先生のスピーチより    2001・4・25

学会は二十一世紀の「日本の柱」

私たちの広宣流布運動は、今や名実ともに「二十一世紀の日本の柱」となった。(拍手)
これだけ誹謗され、中傷されても、微動だにしない。追い落とそう、壊そうとしても、何十年もの間、できなかった。こんな団体は、ほかにないであろう。

学会の前進によって、日本の未来が決まる。そういう時代に入った。

人類史上はじめて、大聖人におほめいただけるような、世界の「平和の大波」「広宣流布の波」が、いよいよ広がっている。もちろん、決して油断をしてはいけない。

それを青年に託しつつ、私は、千年先、万年先までの盤石なる土台は完璧にできあがったと申し上げておきたい。(拍手)
引用以上。
○ セイキョウオンライン   http://www.seikyoonline.com

これからも、お互いに創価学会の師弟不二の実践の戦いをやりたいですね!
どうかお元気で~ヾ(^∇^)/では~


自城魔突さん( ^ ^ )/□
いつもありがとうございます!
自城魔突さんは、サブレさんのいう通り素晴らしい方ですよ。
もう少しですが、宜しくお願いします!!


サブレさん( ^ ^ )/□
いつもありがとうございます!
東京決戦に今週の日曜日も行ってきます。
大勝利を私達の手で勝ち取りたいですね!
クジラもサブレさんに負けない様に頑張りますよ~!!


おっちゃん( ^ ^ )/□
いつもありがとうございます!

> おっちゃんこの度の戦いに乗れない方は可哀そうだと思うぞよ。
> 先生の指導や新人間革命を素直に読めば、今、何が戦いなのか分るはずでござるがのう。
> 時に適った王道を歩めないのは実に損でもあるぞな。
>
> おっちゃんとこでは、今回の戦いを気に新たに発心された方がおられるぞよ。
> 活動がしたい、とぞ。
> 活動がしたくてしたくて仕事中でも胸中題目を上げて、仕事で遅れても遅れ過ぎても駆けつけて来られておる。
> 本当の決意ゆえ、勇気の対話も積み重ねておられるぞよ。
>
> 汗というのは時にだらしないように見えるかもしれん。しかしだ、その汗が輝いておられる。
> ひとりの決意や勇気がまたみんなの行動に拍車を掛けるようぞよ。
>
> 友情のスクラムを広げながら大前進でござるぞな。

おっちゃんの言う通りですね~!
クジラの地区にも新たな活動家が増えています。
10年ぶりに会合に参加してくれています。
まずは自分が決意する。そこが大事ですね~!
クジラもおっちゃんに負けない様にさらに頑張りますよー!
\(^o^)/ホントピョ~ン


時間の都合で皆さんお一人づつに、返事できない事をお許し下さい!
それでは皆さん( ^ ^ )/□
東京大決戦で、宜しくマンボウです!ヾ(^∇^)/では~









 

/174