teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


古代を偲ぶ会案内

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月16日(木)13時43分30秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  古代を偲ぶ会案内
2017 11 18
大阪大学大学院教授    福永 伸哉
大阪市立大学大学院教授  岸本 直文
40周年記念シンポジウム 「倭国形成過程を考える」
時間;13:30~17:00
エル大阪 本館 6F 大会議室
http://kamnavi.jp/link/sinobu.htm
 
 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:より  投稿日:2017年10月20日(金)07時17分42秒 124-159-56-92.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  > No.543[元記事へ]

よりさんへのお返事です。

> 神奈備さんへのお返事です。
>

大分の寺社関連は、ここが詳しいです。
鹿児島にも何回かお見えです。

http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-entry-387.html

 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:より  投稿日:2017年10月19日(木)22時00分2秒 124-159-24-9.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。

> yoriさんへのお返事です。
>
>
> 黒男神なる神様が八幡神に絡んで鎮座しています。

>
>  八幡古表神社の相撲神事では「おんくろう神」と呼ばれる住吉大神が全勝して勝ち残ります。
>  この「くろう神」のことかとも思っています。
>

こんばんわ。
先週の木曜日、3年に一度の「くぐつの舞いと神(紙)相撲」の奉納がありました、
1回は見物したいもので。

南大分の城跡に鎮座する「永興(りょうご)正八幡社」があります。
なんとま、宇佐八幡の御膝元に、鹿児島神宮の勧請社があるとは。。

また、霧島六所権現信仰の開祖「性空聖人」の修行地には霧島神社が鎮座しています。
湯布院、大分、別府 ら
大分県社寺名勝図録では、由緒が不明とありますが。


http://www.komainu.org/ooita/ooitasi/ryogosyoutachiman/ryogosyoutachiman.html

 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年10月18日(水)20時32分40秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.541[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。


黒男神なる神様が八幡神に絡んで鎮座しています。

佐賀県武雄市 黒尾神社(神母影媛) 摂社黒尾神社
福岡市中央区 今川鳥飼八幡宮摂社黒殿社
福岡県大野城市 黒男神社
福岡県田主丸町 黒島神社
大分県日田市 玉垂神社<通称>黒男社
福岡県築城町 八幡神社摂社黒男殿神社
大分県東国東町 黒雄社
大分県宇佐市 宇佐八幡宮摂社黒男社

八幡古表神社の相撲神事では「おんくろう神」と呼ばれる住吉大神が全勝して勝ち残ります。
 この「くろう神」のことかとも思っています。
 
 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月17日(火)12時24分9秒 114-142-45-102.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  > No.540[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> yoriさんへのお返事です。
>
> 八幡神を勧請したかも知れない鹿児島神宮の祭神が彦穂穂出見尊であることは極めて重要なことだと思っています。この神宮の祭神がいつ頃に定まったのか、途中で変遷があったのか、興味深いところです。


こんにちわ。
新燃岳が噴火して警戒区域が拡大され
登山が難しくなって残念です。

さて、この大隅國正八幡宮に参詣された方の
記録としては、

●平家物語
●時宗・一遍聖人
●橘 三喜「諸国一宮巡詣記」
●橘 南谿 参拝「西遊記」
●高山彦九郎「筑紫日記」

ですが、この頃、既にご祭神はご指摘の通りだったようです。

興味をそそる記録としては、
橘 三喜「諸国一宮巡詣記」の絵図には
旧地の現在の石體神社には仁徳天皇を祭祀していたようですが。。
現在のご祭神は、本社と同じです。

神宮の史資料が明治の廃仏毀釈で焼却されて
いるので、なかなかです。

http://yorihime3.net/mado/hachiman_sankei.html#junkeiki

 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年10月17日(火)11時46分28秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.539[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

八幡神を勧請したかも知れない鹿児島神宮の祭神が彦穂穂出見尊であることは極めて重要なことだと思っています。この神宮の祭神がいつ頃に定まったのか、途中で変遷があったのか、興味深いところです。
 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月16日(月)17時29分32秒 58-3-23-45.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  > No.491[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

>  749 天平宝字元 はたせるかな、陸奥で金が発見されたのである。
>
> 大仏拝礼のため八幡大神入京、憑坐(よりまし)の大神杜女が紫の輿に乗って上京し大仏を拝んだ。文武百官を率いた孝謙天皇・聖武太上天皇・光明皇太后の行幸いしているさなかのことである。
>
>  八幡大神一品 比売神二品 神階を受けた最初の神。一品が与えられているのは、ばくぜんと天皇霊と思われていた。皇祖扱である。
>
> 752 天平宝勝4 大仏開眼供養。
>
> 754 天平宝勝6 薬師寺の行信と八幡神宮の主神大神多麻呂、禰宜大神杜女が厭魅(呪詛)をなしたとして配流される。反聖武の光明皇太后・藤原仲朝呂に怨念。
>

大仏拝礼のため八幡大神入京、憑坐(よりまし)の大神杜女が紫の輿に乗って上京し大仏を拝んだ。

=============

位違いの輿行列では、逆鱗に触れるのは当然ですが、
この配流先が日向のどこか?
どうも識者によると高千穂らしいのですが。。

しかしここに「大神氏」が土着したのはこの後で、

仁和二年(886)には、大神朝臣良臣が下向している。


仁和二年(八八六)正月十六日丙申

外従五位下行
左大史大神朝臣良臣為肥後介。


===== 三代実録巻四十九 ====

大神系図

始祖大神太夫惟基

大和大三輪の一族
豊後介大神良臣の孫

惟基の嫡子 政次は
高知尾太郎と呼ばれる

日向の三田井に入植する


==== 大神系図(都甲家蔵) ====

実は、宮崎の神社伝承(古文書)を読んでいたら
「采女」が出てくる由緒があります。
精査が必要ですが、他県の史資料は皆目。
特に宮崎、大分の古書はオークションでも
破格の高値、到底手が出ません。
在野の謎解きは大変です。

余談ながら、
島津藩は、高千穂から延岡辺りまで
知行していました。

http://yorihime3.net/mado/chinoo.html

 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊4 2

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月16日(月)17時14分12秒 58-3-23-45.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  > No.490[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> 724 神亀3 聖武天皇~749 菩薩国家、即ち誰もが仏の道を目指す国造りを目指した。した。八幡神は軍神として律令国家の西方の境界を守り、放生と云う仏教的手段によって。殺生によって引き起こされる病から国を護った。その意味で、八幡は日本初の鎮護国家の神であった。

この15日は
鹿児島神宮の「お浜下り」でした。
神宮から約4㎞の浜辺のご神幸地迄の御幸でした。
なんとか雨も揚がって曇天の行列でした。

天気予報では時々雨の予報でしたので
今回は、神宮境内での行列を撮影しました。

https://youtu.be/K6L4eAn55Rg

http://yorihime3.net/mado/hohjoe.html

 

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊 2

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月16日(月)17時03分50秒 58-3-23-45.ppp.bbiq.jp
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。

> 『託宣集』の「大隅宮(正八幡、鹿児島神宮)縁起」年不明 以下の伝承がある。陳大王の娘大比留女は、七歳にして懐妊す。略。只朝日の光、胸の間にあり。しかる後懐妊して子を生む。三歳の時、問ひて云く。君は誰人ぞ。答えて云く。「我が名は八幡」と云う。
>

楽しく拝読しました。
これの出典は、

☆八幡愚童訓☆

震旦國陳之大王之娘
大比留女之七歳眩朝日ノ光胸ノ間ニ
指入ヲ御懐妊有テ
皇子ヲ生給シ王臣是ヲ怖テ
空舟ニ奉乗テ流シ着タラン所ヲ
所領トシ給ヘトテ
大海ニ奉浮ニ日本國鎮西大隅ノ磯之岸ニ
着船フ
其太子ヲ八幡ト奉號シヨリ
御舟ノ着タル所ヲ八幡崎ト名付タル
是ハ継体天皇之御宇也
又大比留女筑前國若杉山ヘ飛入給テ後ハ
香椎聖母大菩薩ト現給ヘリ
皇ハ大隅之國に留テ
正八幡ト現シ給ヘリ

・・・・・・・・


==== 八幡大菩薩愚童訓 上p24 ====

鹿児島神宮史 p26
はここから引用しています。

「継体天皇の御世、
中国の陳大王の娘
大比留女(おおひるめ)が
七歳にして
朝日を受けて懐妊し、
生まれた子と共に
空船(うつろふね)
に乗せられて流され、
大隅八幡崎に着いた。

生子は
ここで正八幡となって
隼人を討ち、
生母は筑前香椎(かしい)
に飛んで
聖母(しょうも)大菩薩
となった」


2017年現在、
到着地の「かご山」には石碑が建立されています。
私がこの所在を知ったのは
この「かごやま」の探訪をしていた2000年頃のことです。
今春、神宮に興味をお持ちのご夫婦をご案内しました。

http://yorihime3.net/jisya/hachiman.html

 

Re: 沼津の高尾山古墳

 投稿者:大三元  投稿日:2017年10月14日(土)20時54分42秒 170.103.232.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  > No.535[元記事へ]

神奈備さん
レス有り難うございます。
この「詳細な説明板」では「素邪那岐命」を「いざなみ」と読ませたり、「疱瘡」を「抱瘡」としたり「神武天皇御祭神」という意味不明なことが書いてあったりして、首をかしげています。電話番号も判らないのでいつか訪れてお伺いしてみようと思います。
いずれにしても、はい、ロマンがあります(^_^)


> 大三元さんへのお返事です。
>
>  宇井邦夫著『東京の熊野神社』から。
>  古木も聳える境内には、詳細な説明板が掲出され、親切である。由緒についてみると、祭神は「素邪那岐命」であった。
>  創建は不詳であるが、その昔、諸国行脚の老婦人が、この地に紀州熊野本宮大社を齊祀したという。古文書(現存せず)では、「応安(1268)の頃片倉城主毛利備中守師親が創建した」と伝えている。
>
>  伊と素、普通は書き間違いはありえないと思います。熊野では植樹の神は素戔嗚尊とする由緒もあり、五十猛・伊太ての神との混同は十分ありそうですが、八王子市の熊野神社10社(この中には高尾山の熊野は含まれていません。)の殆どが、イザナギ・イザナミ・速玉緒男で、素戔嗚尊は1社のみです。五十猛はありません。
>
>  「素邪那岐命」からは、古い記憶の蘇りがあったかもとのロマンを感じますね。
>
>
>
>
 

Re: 沼津の高尾山古墳

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年10月13日(金)20時21分37秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.534[元記事へ]

大三元さんへのお返事です。

 宇井邦夫著『東京の熊野神社』から。
 古木も聳える境内には、詳細な説明板が掲出され、親切である。由緒についてみると、祭神は「素邪那岐命」であった。
 創建は不詳であるが、その昔、諸国行脚の老婦人が、この地に紀州熊野本宮大社を齊祀したという。古文書(現存せず)では、「応安(1268)の頃片倉城主毛利備中守師親が創建した」と伝えている。

 伊と素、普通は書き間違いはありえないと思います。熊野では植樹の神は素戔嗚尊とする由緒もあり、五十猛・伊太ての神との混同は十分ありそうですが、八王子市の熊野神社10社(この中には高尾山の熊野は含まれていません。)の殆どが、イザナギ・イザナミ・速玉緒男で、素戔嗚尊は1社のみです。五十猛はありません。

 「素邪那岐命」からは、古い記憶の蘇りがあったかもとのロマンを感じますね。



 

Re: 沼津の高尾山古墳

 投稿者:大三元  投稿日:2017年10月 9日(月)05時52分58秒 170.103.232.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  > No.533[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。
> 穂見神社と高尾とは何故かつながっているようです。
どんな関連があるのでしょうね。
穂高、穂高見、穂穂手見、高千穂、なんかも含めて何か原点がありそうな・・・
そこへ「熊野」という変数を追加して益々難しく考えたりしてます。

東京の高尾山も熊野神社があり、祭神は「素邪那岐命」とのこと。
https://kzmuraoka.files.wordpress.com/2012/08/m-51086.jpg
「素邪那岐命」と書いて「イザナミのみこと」とフリガナしています。
こんな漢字列は他に例がない(みつからない、知らない)のですが
実は私は「スサナキ」「イサナキ」が「スサノヲ」の古い形ではなかろうか、と考えています。
http://www.dai3gen.net/susanaki.htm
従って「素邪那岐命」というスペルに出会い歓喜してます。
しかし余りに珍しい表記なので、なんかの間違いかなぁ、とも不安でもあります。



> 大三元さんへのお返事です。
>
> 大三元さん、投稿ありがとうございます。
>
> 穂見神社と高尾とは何故かつながっているようです。
> 平成祭CDから由緒などをひっぱりました。
>
> 1.
> 穗見神社(ほみじんじゃ
> <通称>高尾さん(たかおさん)
> 400-03 山梨県中巨摩郡櫛形町高尾498
> 旧甲斐国 巨摩郡    中巨摩支部 05098
> 【祭神】保食神
> 標高八百五十米櫛形山中腹に鎮座する当社は延喜式内社で文治三年の古碑に穂見神社とある。今の本殿は寛文五年に再建された桃山時代の様式が残る江戸初期の建物で規模雄大で装飾性に富む建物である。天福元年と銘ある鎌倉時代の鏡があり、共に県指定の文化財とされている。
> 十一月三十日より十二月一日に亘って夜を徹しての例祭には講者として遠くは長野・静岡新潟各県より、県内では富士吉田・大月方面より其の他近郷近在の崇敬者多数の参詣がある。
> 以上
>
>
> 2
> 穗見神社(ほみじんじゃ)
>
> <通称>高尾山(たかおさん)
> 403 山梨県富士吉田市松山485
> 旧甲斐国 都留郡    南都留支部 07043
> 【祭神】保食神
>
>
> 3 高尾山古墳の
> 熊野神社(くまのじんじゃ
>  静岡県沼津市東熊堂24
> 旧駿河国 駿東郡    駿東支部 03182
> 【祭神】伊弉册尊
> 摂社
> 【境内神社001】穂見神社(ほみじんじゃ)
>  静岡県沼津市東熊堂24
> 旧駿河国 駿東郡    駿東支部 03182
> 【祭神】宇迦之御魂神
>
> となります。
>
>
 

Re: 沼津の高尾山古墳

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年10月 7日(土)21時29分52秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.532[元記事へ]

大三元さんへのお返事です。

大三元さん、投稿ありがとうございます。

穂見神社と高尾とは何故かつながっているようです。
平成祭CDから由緒などをひっぱりました。

1.
穗見神社(ほみじんじゃ
<通称>高尾さん(たかおさん)
400-03 山梨県中巨摩郡櫛形町高尾498
旧甲斐国 巨摩郡    中巨摩支部 05098
【祭神】保食神
標高八百五十米櫛形山中腹に鎮座する当社は延喜式内社で文治三年の古碑に穂見神社とある。今の本殿は寛文五年に再建された桃山時代の様式が残る江戸初期の建物で規模雄大で装飾性に富む建物である。天福元年と銘ある鎌倉時代の鏡があり、共に県指定の文化財とされている。
十一月三十日より十二月一日に亘って夜を徹しての例祭には講者として遠くは長野・静岡新潟各県より、県内では富士吉田・大月方面より其の他近郷近在の崇敬者多数の参詣がある。
以上



穗見神社(ほみじんじゃ)

<通称>高尾山(たかおさん)
403 山梨県富士吉田市松山485
旧甲斐国 都留郡    南都留支部 07043
【祭神】保食神


3 高尾山古墳の
熊野神社(くまのじんじゃ
静岡県沼津市東熊堂24
旧駿河国 駿東郡    駿東支部 03182
【祭神】伊弉册尊
摂社
【境内神社001】穂見神社(ほみじんじゃ)
静岡県沼津市東熊堂24
旧駿河国 駿東郡    駿東支部 03182
【祭神】宇迦之御魂神

となります。

 

Re: 沼津の高尾山古墳

 投稿者:大三元  投稿日:2017年10月 7日(土)17時39分38秒 170.103.232.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  > No.527[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

高尾山古墳には以前「熊野」神社と「穂見」神社があったそうですね。
天照大神と須佐之男のウケヒにより生まれた5(6)神の中に「熊野忍踏(ホミ)命」があり「熊野」も「穂見」も入っているのがオモシロイと思いました。
(そこから発展できないのがもどかしい・・・)


> 昨日の「古代を偲ぶ会」の講演内容は、沼津の高尾山古墳でした。  卑弥呼以前の前方後方墳で、ヒョットシタラ、狗奴国王の墓かもしれません。箸墓より20年ほど昔の造営。 日本の古代史が変わるかも高尾山古墳 http://www.shizufan.jp/netamap/tobu/55279/
 

筑前琵琶演奏会のお知らせ

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 9月19日(火)17時36分12秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  10月13日(金) 17時30分
伴林氏神社 土師の里下車10分
http://kamnavi.jp/en/kawati/hayasi.htm

http://kamnavi.jp/link/biwa.JPG
 

大物主も

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 9月 3日(日)21時28分57秒 ah230151.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  崇神朝での武埴安彦の謀反とは、天香ク山の麓に鎮座する畝尾坐健土安神社[ウネヒノタケハニヤス・・]の神の反乱ということ。  

蘇我氏5

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 8月23日(水)11時46分36秒 ah227158.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  593 敏達天皇と炊屋姫の皇子の嫡流である竹田皇子はまだ幼く、敏達の最初の皇后が生んだ押坂彦人大兄皇子(舒明天皇の父)を推す反蘇我派の声を押しつぶし、馬子は蘇我腹の豊御食炊屋姫を推古天皇として擁立した。
600 遣隋使の最大の目的は任那地域の倭の統治権を隋に認めさせること。
601 聖徳太子は飛鳥では蘇我の力が強すぎる また 皇族が一網打尽にされる恐れがあると考え、別処にもう一つの皇族の拠点が必要と考えた。それが斑鳩である。蘇我氏としては目障りな存在であったろう。
 飛鳥と斑鳩を直線で結ぶ太子用の道が斜めに施設された。太子の権勢がよくわかる。
(余談)
斑鳩は東に20度傾いた都市計画になっており、若草伽藍も傾いている。
20度という角度は正月を迎える真夜中にシリウス星が真南から東に傾いた向きと一致している。シリウス星は古代ペルシャの「ミトラ教」という宗教が信仰の対象にした星です。
聖徳太子をモデルとした法隆寺(夢殿)の救世観音菩薩立像の身長が180cmで、日本人離れをしており、遠く、砂漠と海を越えて渡来した人物とする説もある。また寺院建立でまねかれたペルシャ人と穴穂部間人皇女との間に何かあったのかも知れない。(余終)
604 十七条の憲法をつくる。
605 聖徳太子、斑鳩宮に移る。
612 馬子と推古、お互いを称える歌を詠む。蘇我、馬なら日向、太刀なら呉の真刀に例えられるほど優れている。蘇我氏はいつの間にか馬と鉄の利権をつかんでいた。
618 隋滅亡、唐興る。
620 蘇我馬子と協議して「天皇記」、「国記」などを選録する。
622 聖徳太子没する。譲位の習慣がない時代、推古天皇は長生きをしすぎて、皇位を譲るべき欽明の孫の世代がいなくなった。聖徳太子には王子8人、王女6人がおり、将来は大勢力になる
624 馬子、推古天皇に葛城県をねだったが拒否された。
626 馬子、死去。桃原墓を墓所とする。これを石舞台古墳とする説がある。前述。
628 推古、病臥する。田村皇子、山背大兄皇子をよび、遺訓を与える。

嗣位(ひつぎのくらい)をめぐって、推古天臭の遺詔を群臣が協議。推古は山背大兄皇子に自重を求めている。
 田村皇子(舒明天皇) 父親は敏達天皇の皇子の押坂彦人大兄皇子、母親は敏達天皇の皇女の糠手姫皇女、嫡流である。
 山背大兄皇子の父親は聖徳太子で用明天皇の皇子、しかし蘇我腹であり、傍流である。
 画期の継体朝以降は、天皇の皇子で母は皇女である皇子が皇位につくのが慣例となりつつあった。嫡流という。一方、母が皇女でない皇子は傍流という。嫡流に適材がいない場合に皇位につくことがある。

 皇位をめぐって、推古天臭の遺詔を群臣が蝦夷の私邸で協議。遺詔は田村皇子。蝦夷、山背大兄皇子を推す蘇我氏の長老の境部臣摩理勢を殺し、田村皇子を擁立する。蘇我氏内部の談合で決められた。一族の結束を乱した者を許さない姿勢である。

629 舒明天皇、飛鳥寺の南側の継続的な王宮として飛鳥岡本宮を造営した。飛鳥の都市空間創造は蘇我氏の願いであった。
632 山背兄大王は唐の使節・高表仁といさかいを起こす。これがもとで舒明後にも皇位につけなかった。
636 飛鳥岡本宮、火災により全焼。
 舒明天皇、百済川のほとりに 西に百済大宮 東に百済大寺の建立開始。蘇我の勢力圏から離れたい。
641 舒明死去でこの構想はつぶれた。
642 舒明の大后であった宝皇女が皇極天皇として皇位につく。入鹿、国政の権をにきり、父以上の勢いをもつ。山背兄大王の次の世代は未だ成人していなかったので、宝皇女がリリーフにたった。飛鳥岡本宮の跡地に飛鳥板葺宮を造営した。
 

蘇我氏4

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 8月20日(日)21時30分56秒 ag089165.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  586 敏達天皇の崩御後、息長系の皇子・押坂彦人大兄皇子を無視して、敏達の弟の蘇我系の用明天皇を即位させた。
587 物部守屋と敏達天皇の弟・穴穂部王は三輪逆探索として用明の皇后の宮を兵に囲ませる。用明の死期を早めたとされる。
馬子の仲介で穴穂部王、用明に謝罪。守屋はすべてをかぶらされて、逆賊とされる。物部の財産を狙う絶好の機会が到来した。

炊屋姫の権威を利用して穴穂部王と宅部皇子を殺害する。

馬子、物部守屋討伐に全ての皇子を味方につける。背景に「逆らえば殺される。」がある。
泊瀬部皇子(崇峻天皇)は守屋退治の皇子達の先頭にたった。
守屋、死去。物部本家滅亡。財産は皇室(四天王寺建立)と妹とで分ける。

588 崇峻天皇即位。宮を山間部の倉梯に置き、大伴連の小手子を皇后的な妃とした。連の氏族からの妃は珍しい。馬子の言いなりにはならないとの宣言であろう。蘇我氏にとって危険な状況となった。
592 馬子、東漢直駒を使って崇峻天皇を暗殺させる。馬子の過剰な自己防衛である。さらに口封じに東漢直駒を殺す。馬子、どこふく風。

崇峻天皇は任那の速やかな復興を考えていた。征新羅論である。
百済の協力で新羅を攻めたい所が、馬子は百済の協力をとりつけて飛鳥寺の造営に力を注ぎ、今のところ百済の力を頼んでの新羅と戦うのは無理。飛鳥寺の造営と都の都市計画により中国から文明国家と認められて新羅より有利な立場に立つというロングレンジで進めるのか戦争するかの政策論があった。これが支配者間の内部分裂であり、暗殺の契機となった。
 

沼津の高尾山古墳

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 8月20日(日)11時10分52秒 ag089165.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  昨日の「古代を偲ぶ会」の講演内容は、沼津の高尾山古墳でした。  卑弥呼以前の前方後方墳で、ヒョットシタラ、狗奴国王の墓かもしれません。箸墓より20年ほど昔の造営。 日本の古代史が変わるかも高尾山古墳 http://www.shizufan.jp/netamap/tobu/55279/  

蘇我氏3

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 8月17日(木)15時39分57秒 ag089165.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  2.蘇我の嫡流はやはり悪者。
出自不詳 渡来人説もある。蘇我石川宿禰は蘇我本家滅亡後の石川氏が創った人物だろう。近鉄大阪線真菅駅の側に宗我坐宗我都比古神社(橿原市曽我町)が鎮座、菅と蘇我、蘇我のルーツを思わせる。
系譜 武内宿禰 蘇我石川宿禰 満智 韓子 馬背 稲目 馬子 蝦夷  入鹿
                    高麗       雄当  倉山田石川麿
実質初代とされる蘇我稲目は皇室の財産管理の官僚であった。
『古語拾遺』雄略天皇の段 「大蔵を立てて、蘇我朝智宿禰に三蔵(斎蔵、内蔵、大蔵)を検校させ、秦氏に物の出納をさせ、東西の文氏に帳簿をつけさせた。」とある。
蘇我氏はこの立場を利用して財産をくすねて太ったようだ。零落していた葛城本家筋(襲津彦系)に恩を売ってそこの娘を手に入れ、葛城本家の地位と権利の後裔者となり、大臣になる資格を得た。

537 仁賢即位。稲目大臣に指名される、欽明派と仁賢派の和解に功があったのか。
552 欽明13年、仏教公伝。稲目、神々の祭祀権を持つ物部氏・中臣氏から蕃神(仏)の祭祀権を巧みに奪いとった。仏教については奉仏反仏の争いではなく、誰が祀るかの祭祀権の争いと思われる。物部氏は仏敵ではない。渋川廃寺、石上廃寺が本拠地にある。蘇我と物部は倭王権の主導権争いをしていた。

稲目は二人の娘を欽明の妃とし、用明・推古・崇峻の三天皇を輩出。外戚として力を得た。
馬子に物部の娘を娶らせた。守屋の妹である。

 

レンタル掲示板
/27