teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:55/540 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 3月30日(木)13時50分52秒 ag091055.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  通報 返信・引用
  > No.490[元記事へ]

749 天平宝字元 はたせるかな、陸奥で金が発見されたのである。

大仏拝礼のため八幡大神入京、憑坐(よりまし)の大神杜女が紫の輿に乗って上京し大仏を拝んだ。文武百官を率いた孝謙天皇・聖武太上天皇・光明皇太后の行幸いしているさなかのことである。

 八幡大神一品 比売神二品 神階を受けた最初の神。一品が与えられているのは、ばくぜんと天皇霊と思われていた。皇祖扱である。

752 天平宝勝4 大仏開眼供養。

754 天平宝勝6 薬師寺の行信と八幡神宮の主神大神多麻呂、禰宜大神杜女が厭魅(呪詛)をなしたとして配流される。反聖武の光明皇太后・藤原仲朝呂に怨念。

755 天平宝勝7 八幡大神は託宣して封戸と田を朝廷に返上す。

 『託宣集』八幡神は宇佐を去り、四国宇和嶺に去り、十数年帰らず。
 比売神は残っていた。

764 天平宝字8 孝謙太上天皇、八幡大神に戸二五烟が与えられた。復権である。

765 天平神護元 称徳天皇天重祚(出家天皇の登場)。
 仏法を守護し尊崇するのは諸神である。神仏習合政治形態の開始

769 神護景雲3 道鏡騒動 太宰府から宇佐八幡宮の神託として、道鏡を皇位に即しめよ。

 和気清麻呂、宇佐八幡宮に赴く。禰宜の辛嶋与曾女が託宣。「君臣定まりぬ。無道の人は掃い除くべし。」 称徳・道鏡の逆鱗にふれ、和気清麻呂は大隅に流された。

770 宝亀元 称徳天皇他界。神仏習合政治消滅。
 光仁即位。井上内親王立后(聖武の娘)。

772 宝亀3 天皇を呪詛したとして井上皇后と他戸皇太子を廃し、幽閉。

777 宝亀8 八幡神出家する。また765年の聖武が埋葬された年月日と同じとの説。
 八幡神は太上天皇御霊とされた。聖武霊のこと。

779 宝亀10 新羅使を最後に途絶える。関係険悪化。

781 天応元 光仁退位。桓武即位。聖武ゆかりに嫌悪感を持つ。八幡神も抹殺を恐れた。しかし、抹殺すれば怨霊神として現れるのを恐れた。
 八幡新社殿を造営、大自在王大菩薩を称した。

783 延暦2 護国霊験威力神通大自在天大菩 と称した。八幡大菩薩の誕生である。

810 弘仁元 新羅船二十艘以上が対馬を窺う。この頃から新羅から渡来・漂着・帰化が激増。新羅国内、飢饉など大いに乱れていた。

815 弘仁6 太宰府解 八幡大菩薩是亦太上天皇御霊也(聖武のこと)聖武の娘の井皇后と他戸皇太子の怨念に悩まされる。これを八幡の祟りとも受け取られた。

820 弘仁11 駿河遠江の新羅人八百人が蜂起、これを契機に受け入れない方針に転換。宇佐宮に大帯姫を祀れとの託宣があった。宗像三女神を比売神として取り込んだ。

823 弘仁14 宇佐八幡境内に大帯姫細殿一宇を新造。この頃には大帯姫は神功皇后のことと理解されていた。

八幡神を護国の神としての位置が確固たるものになった。しかし未だ応神霊ではない。

836 承和3 遣唐使を派遣、神功皇后山陵に国家護持の宣命使が派遣されている。

844 承和11 『弥勒寺建立縁起』に引用された大神朝臣清朝呂解には「右大菩薩御神者、是品太天皇御霊也。磯城島金刺宮御宇天国排開広庭天皇・欽明天皇の御世 於豊前宇佐郡馬城嶺始顕坐」とある。

八幡大菩薩は応神天皇御霊であると記している。このようにこの頃一般化していった。

859 貞観元 八幡神を石清水八幡宮に勧請した。

879 元慶3 頃成立の『住吉大社神代記』には、八幡大神は応神天皇霊とある。

1063 康平6 京都の石清水八幡宮から鶴岡若宮(鶴岡八幡宮)として勧請。
 
 
》記事一覧表示

新着順:55/540 《前のページ | 次のページ》
/540