teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/540 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 八幡大菩薩の成立と応神天皇霊5

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月16日(月)17時29分32秒 58-3-23-45.ppp.bbiq.jp
  通報 返信・引用
  > No.491[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

>  749 天平宝字元 はたせるかな、陸奥で金が発見されたのである。
>
> 大仏拝礼のため八幡大神入京、憑坐(よりまし)の大神杜女が紫の輿に乗って上京し大仏を拝んだ。文武百官を率いた孝謙天皇・聖武太上天皇・光明皇太后の行幸いしているさなかのことである。
>
>  八幡大神一品 比売神二品 神階を受けた最初の神。一品が与えられているのは、ばくぜんと天皇霊と思われていた。皇祖扱である。
>
> 752 天平宝勝4 大仏開眼供養。
>
> 754 天平宝勝6 薬師寺の行信と八幡神宮の主神大神多麻呂、禰宜大神杜女が厭魅(呪詛)をなしたとして配流される。反聖武の光明皇太后・藤原仲朝呂に怨念。
>

大仏拝礼のため八幡大神入京、憑坐(よりまし)の大神杜女が紫の輿に乗って上京し大仏を拝んだ。

=============

位違いの輿行列では、逆鱗に触れるのは当然ですが、
この配流先が日向のどこか?
どうも識者によると高千穂らしいのですが。。

しかしここに「大神氏」が土着したのはこの後で、

仁和二年(886)には、大神朝臣良臣が下向している。


仁和二年(八八六)正月十六日丙申

外従五位下行
左大史大神朝臣良臣為肥後介。


===== 三代実録巻四十九 ====

大神系図

始祖大神太夫惟基

大和大三輪の一族
豊後介大神良臣の孫

惟基の嫡子 政次は
高知尾太郎と呼ばれる

日向の三田井に入植する


==== 大神系図(都甲家蔵) ====

実は、宮崎の神社伝承(古文書)を読んでいたら
「采女」が出てくる由緒があります。
精査が必要ですが、他県の史資料は皆目。
特に宮崎、大分の古書はオークションでも
破格の高値、到底手が出ません。
在野の謎解きは大変です。

余談ながら、
島津藩は、高千穂から延岡辺りまで
知行していました。

http://yorihime3.net/mado/chinoo.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/540 《前のページ | 次のページ》
/540