teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/575 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二王後制6

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年 2月20日(火)20時24分35秒 ac105065.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  通報 返信・引用
  > No.568[元記事へ]

 ニギハヤヒ 物部氏の祖先 皇祖であるニニギの命の兄とされます。ニギハヤヒとニニギ、共に天照大神の孫にあたります。

 饒速日は北九州の遠賀川流域に居りましたが、伊都国や奴国などが力をつけて来て圧力を受けたので、良き地を求めて東遷していきました。弥生前期の遠賀川式土器を畿内に持ち込んだのでしょう。物部氏については、鳥越憲三郎さんの『大いなる邪馬台国』に詳しく書かれています。
 饒速日は堺の大浜海岸(大浜公園)に上陸し、八尾に移り、河内に拠点を置き、それから大和に入りました。

 八尾の恩智神社は物部氏が最初に斎祀った神様で、ミケツ神です。食べ物の神様です。この神社のお祭りで神輿が泉州堺の大浜まで行き、そこで禊を行います。お祀りとは原始の姿の再現ですから、大浜上陸、八尾へ移動と推定しています。
 八尾から生駒山を越えて、大和郡山に入ったようです。矢田坐ク志玉比古神社があります。ニギハヤヒは櫛玉饒速日尊との敬称を以て呼ばれます。
 つまるところ、物部氏も東遷の先として大和をが選び、武力に勝る物部氏集団の圧力を受けて、出雲氏は大和から落ち延びて島根県の東部に拠点を移したのです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/575 《前のページ | 次のページ》
/575