新着順:1/2607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高知大のスズメバチ無力化スプレーの話

 投稿者:  投稿日:2018年 4月 2日(月)01時56分42秒 KD182250243003.au-net.ne.jp
  通報
  応動昆で高知大のスズメバチ無力化スプレーの話を聞いてきた。スズメバチはボクトウガ由来の成分を嫌い、実際にボクトウガが樹液の滲出を促進させた餌場は放棄するらしい。高知大のグループでは既にこの成分を使ったスズメバチ無力化スプレーの製品化を行っており、4月中には販売予定だそう。
https://twitter.com/102mutilla8274/status/979338041335496706?s=11

ボクトウガ由来の成分をスズメバチが忌避する理由は不明。大型の捕食者ボクトウガはスズメバチにも危険な存在なのか、単にスズメバチ忌避成分をボクトウガが利用しているだけか。実際、スズメバチは樹液を占有し他の昆虫を追い払ってしまうのでボクトウガにとってスズメバチが邪魔な存在なのかも。

忌避剤を吹きかけられたスズメバチはものすごくこれを嫌がり、半狂乱になりながら地面を転げまわるが、しばらくすると放心したように巣に戻っていくらしい。実際見せていただいた動画では、尋常ではない嫌がり方をしていた。駆除業者だけでなく、養蜂家が自分の巣箱を守る目的でも使える可能性がある。

スズメバチの仲間はコロニーに近づく外敵に対して、まず警告音を出して威嚇を行います。うちのU先生のHPで実際の警告音を聞けます。
http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/ine/ueno/wasp2.html
注意していないと羽音の音でかき消されそうですが、この音が聞こえたらスプレーを用意して無力化するという戦術でいけば良いと思います。
 
》記事一覧表示

新着順:1/2607 《前のページ | 次のページ》
/2607