teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


モンゴル横綱

 投稿者:神奈備  投稿日:2021年 7月18日(日)20時22分24秒 ah039156.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   このような下らないことを書きたくはありませんが、大相撲はひどい。
 モンゴルが幅をきかしている。日本人関取が弱すぎる。もっと、稽古をさせる必要があります。
 モンゴル横綱が順に辞めて行きましたが、一番横綱にふさわしくない一匹が残りました。大関相手の14日目の立ち合い、横綱の威厳・権威はどこに行ったのか。
 モンゴル横綱が禁手のはずの肘鉄をつかったようです。これで勝ましたが、反則負けではないでしょうか。私は、暴力は反対です。
 
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 7月18日(日)12時27分20秒 p2147-ipad28fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.869[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> 福島雅彦さんへのお返事です。
>
> ありがとうございます。
>
>  推古天皇の時代は、継体天皇が磐井を制圧しています。隋国が交渉相手とする王権が九州にあったとは考えにくいところです。従って、推古隠しを行い、裴世清に聖徳太子か蘇我馬子が大君を演じて面会したと考えるのが自然だと思います。

※『隋書』の最後の文、「…此後遂絶」が、磐井の滅亡であり、「阿毎多利思比孤」=「磐井」が成立するのではないでしょうか?

8).「倭王姓阿毎字多利思比孤号阿輩雞彌」とは、固有名詞ではナイ!
*「天照大神」の異字表記である。

・「阿毎=「天(あま・あめ)」」の意である。

・「多利思比孤」=「照彦=照日子」=“???”(ddal-ri-da)付く、属する、(『民衆書林・韓日辞典』)の語幹+「彦=日子」である。

∴「阿毎多利思比孤」=「天(あま・あめ)出自(所属)の「彦=日子」」。

・「天(あま・あめ)地方」「照=“??”(ttal-li)=付く、属する)」大神。

※即ち、天皇とか横綱とかの職掌名でこの時は「磐井大王(おおきみ)」であった、と。
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:神奈備  投稿日:2021年 7月18日(日)10時59分51秒 ah039156.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.868[元記事へ]

福島雅彦さんへのお返事です。

ありがとうございます。

 推古天皇の時代は、継体天皇が磐井を制圧しています。隋国が交渉相手とする王権が九州にあったとは考えにくいところです。従って、推古隠しを行い、裴世清に聖徳太子か蘇我馬子が大君を演じて面会したと考えるのが自然だと思います。
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 7月16日(金)13時19分27秒 p2223-ipad106fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.867[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> 福島雅彦さんへのお返事です。
>
>
> > 邪馬臺國=邪馬壹國=邪靡堆=高天原
>
> このうちで、邪靡堆は隋の時代ですから、大和のことでいいと思います。
> これを等号で結ぶのは、福島さんの見解とは違うように思います。
> いかがでしょうか。

※裴世清は「古の「邪馬臺」は…」と断っていますから大和ではありません。

・「裴世清」は倭王「阿毎多利思比孤」に面会しています。

・大和は女帝・推古天皇ですから、裴世清は大和へは行っていません。

・「邪靡堆」の「靡く」=「筑紫の日向の襲の高千穂の槵触る嶽」の「櫛触る嶽」と同じ山容・山態
の事。
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:神奈備  投稿日:2021年 7月14日(水)19時47分51秒 ah039156.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.866[元記事へ]

福島雅彦さんへのお返事です。


> 邪馬臺國=邪馬壹國=邪靡堆=高天原

このうちで、邪靡堆は隋の時代ですから、大和のことでいいと思います。
これを等号で結ぶのは、福島さんの見解とは違うように思います。
いかがでしょうか。
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 7月11日(日)22時22分48秒 p2192-ipad03fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.865[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> 福島雅彦さんへのお返事です。
>
> ありがとうございました。
>
> 靭公園ではセミの声がうるさくなってきました。梅雨明けが近い。

*ご聴講賜り多謝 謝々!

初めてのZOOM体験でアナログ人間としては、面食らいました。

お聞き苦しかったと存じます。ご感想とかご批評を承りますれば幸甚に存じます。
 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:神奈備  投稿日:2021年 7月 9日(金)11時20分50秒 ah039156.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.863[元記事へ]

福島雅彦さんへのお返事です。


ありがとうございました。

靭公園ではセミの声がうるさくなってきました。梅雨明けが近い。
 

クレス宇宙愛好会

 投稿者:通りすがり  投稿日:2021年 7月 9日(金)08時55分19秒 i60-46-150-89.s42.a011.ap.plala.or.jp
返信・引用
  「クレス宇宙愛好会」は詐欺と思われます。もし治療を継続されているのでしたら、直ぐに中止を勧めます。

引用:名前を忘れてしまって残念ですが、福島県郡山市の中年男性は、あるひベランダに出て、ぼんやりと空をみていたところ、赤い透明な火の玉が空中に漂っていて、それが急に近づいてきたかとおもうと、胸の中に跳びこんできたそうです。その夜はなんということもなかったのでしたが、翌日起きてみたら、人体の素成が詳しく理解できていて、「自分は治療師として世に奉仕すべきである」ことも分かったそうです。
この方は、南浦和駅を出てすぐのエンピツ・ビルの 5階を治療所にしていました。『クレス宇宙愛好会(Tel ; 048 822 7202)』といのがそれで、足がしびれて困っていたおたしは 17回もそこへ通いました。
赤い火の玉は、素粒子が濃密だったからこそ、それを受けた身体は、ニューロン・ネットが凋蜜につながって機能するようになったのだと思います。

生田純一郎の価値観  遺言
http://kamnavi.jp/link/katikan.htm

この文章を見つけた時は驚いた。2011年の記事だから、なんとこの「福島の男」は11年も詐欺を働いていたのだ。

下のリンクは2000年にその福島の男が主宰していた団体だ。南浦和のペンシルビルの5階で電話番号も一致している。

宇宙生命エネルギー協会

ある日、教祖となる男性がベランダにいたところ落雷を受け、宇宙より不思議なエネルギーを手に入れた。その日からどんな病気でも手をかざしただけで治るというのだ。

この話が週刊プレイボーイ誌に取り上げられた。私は当時、浦和にある印刷会社に勤務しており、名刺とパンフレットの注文を受けてこの団体に訪問した。雑誌に取り上げられた影響で電話は鳴り響き、事務所は信じた客で溢れていた。

一瞬、扉の奥の教祖が見えた。
派手な服装の色眼鏡の男性がロングヘアで真っ赤なタイトスカートの女性を膝の上に座らせていた。絵に描いたような詐欺の団体だった。

注文の内容は掲載されたプレイボーイ誌をスキャンしてチラシを作れと言う内容だった。
プレイボーイ側に複製の許可は得ていないとの事で、帰社後に顧問弁護士に相談すれば、受注NGとなり、丁重にお断りし二度と訪問する事は無かったが、まさかその後10年間も名前を変えて詐欺を続けていたとは驚いた。

048-822-7202- ネットの電話帳 - 住所でポン! 2000年版

https://jpon.xyz/s/2000/048-822-7202

https://jpon.xyz/s/2000/048-822-7202

 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 7月 8日(木)09時50分42秒 p6207-ipad13fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.862[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

> 福島雅彦さんへのお返事です。
>
> > 演 題  『THE「邪馬臺國」』 副題「邪馬臺國=邪馬壹國=邪靡堆=高天原」
>
> ご紹介ありがとうございます。
> 申し込ませていただきました。

※ご高覧頂けましたでしょうか?

・此れは、日ごろ久留米大学経済学部の「久留米学」のゼミで、90分×2回の講義量を70分に縮めています。

・起承転結を缼いて、早口で声を嗄らして咳込んで、と判り難かったのではと心配しています。


 

Re: 「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:神奈備  投稿日:2021年 6月22日(火)20時39分49秒 ah039156.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  > No.861[元記事へ]

福島雅彦さんへのお返事です。

> 演 題  『THE「邪馬臺國」』 副題「邪馬臺國=邪馬壹國=邪靡堆=高天原」
>

ご紹介ありがとうございます。
申し込ませていただきました。

 

「全国邪馬台国連絡協議会」会員研究発表

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 6月16日(水)19時15分59秒 p2111-ipad13fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  演 題  『THE「邪馬臺國」』 副題「邪馬臺國=邪馬壹國=邪靡堆=高天原」

※「全国邪馬台国連絡協議会」東京支部主催=ZOOM で開催される。

・古今の先哲が論考して来た手垢に塗れた論考の全てを否定した真説である。

※ZOOM講演=参加無料

・申し込み先=zenyamaren.tokyo@gmail.com
 

倭之奴国2

 投稿者:砂川  投稿日:2021年 6月13日(日)16時46分58秒 226-202-126-219.flets.hi-ho.ne.jp
返信・引用
  福島様、貴重なご指摘ありがとう御座います。
 確かに中国表記(後漢書)では[倭奴国]で、それを日本語で発音すると[ワノナノクニ]となるので混同してしまいました。
 確認します。[倭奴国]は中国表記、[ワノナノクニ]は日本語発音です。

[倭奴国]の中国表記について。
 後漢書
   倭
   建武中元二年倭奴國奉貢朝賀使人自称
   大夫倭國之極南海也光武賜以印綬
 旧唐書
   倭國
   倭國者古倭奴國也
   日本
   日本國者倭國之別種也
 新唐書
   日本
   日本古倭奴也
 宋史
   日本國
   日本國者本倭奴國也

 以上が[倭奴國]を規定する、中国側の認識です。以下まとめます。
1.倭国の極南海に位置する。
2.後漢時代に独自で、中国へ朝貢している。
3.旧唐時代まで、倭国として存在し、日本と
 分離している。
4.旧唐-新唐時代まで日本は[倭奴國]と同一と
 は記述されていないが、宋時代には堂々と
 日本國は[倭奴國]であると主張している。
5.新唐時代以降、[倭奴國]は消えた。

 宋史が作成されたのは、明時代であるが、その時に沖縄の中山王察度が、中国側に沖縄を琉球と呼ぶよう要請する。元々琉球とは台湾であったので、中国側は沖縄を大琉球、台湾を小琉球とした。
 察度は農民から王になった男で、貧乏人と
思われていたが、天女の子孫で黄金を所有し
日本船が港に着くと、農民等に農機具を買い与えたりして、民衆を手なづけて王になった
人物です。疑わしい、神道の奥の院の仕業と考えています。

[ワノナノクニ]日本語発音について。
 明の時代に、中国語ー琉球語の翻訳辞典がありました、琉球館訳語と言います。
 一部抜粋します。

中国語表記     琉球語発音
 大明人       大苗必周
 琉球人       倭之奴必周
 日本人       亜馬奴必周
 琉球使臣      倭之那必周

 必周はヒシュでヒトなので、琉球人を当時の琉球人は[ワノナヒシュ]と日本語発音をしていた事になります。
 

『後漢書』には…

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 6月 9日(水)18時25分37秒 p2150-ipad104fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  砂川さんへ

*『後漢書』には「倭奴國奉貢…倭国之極南界也」とあり、「倭之奴國」ではありません。

・「倭奴國」=「我ン國」=「私の国」の意の「倭語」(筑後弁)音写と観ます。

・倭國之極南界也=「狗奴國」を南に接する「邪馬壹國」=「投馬國」+「奴國-2」です。
 

Re: 卑弥呼論

 投稿者:大三元  投稿日:2021年 5月 2日(日)16時38分34秒 p645136-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.850[元記事へ]

クラリンさんへのお返事です。
ご返事遅くなりました。

> 卑弥呼の弥呼は、三輪山のハ行転呼が生じたのちの音

ミヲは、古くはミハ(ミホ?)であった、という御説ですが、ハ行転呼音は平安期に起こった現象である、と承知しています。記紀などが既に奈良時代にミワと読むべき用字をしているので、どうかな、と思います。

> 三輪山は、神川をミハかわと言う(土佐風土記・逸文)ように、
> 神=ミハ=ミワです。卑弥呼はですから日神です。

土佐国風土記逸文では:
土左國風土記云 神河 訓三輪川 源出北山之中 屆于伊與國 水清 故爲大神釀酒也 用此河水 故爲河名

とあります。すなわち「神河」は「三輪川」と訓ずる。つまり「神」は「ミワ」と読む、とすべきではないでしょうか。


>大三元さんの言われるように、ミヲだったと思います
>正・・・ミヲのmiwo、ですが私はミワmiwaだったと思います

と訂正されたご指摘に関して:ア列とオ列が交替する例があるのか、見つけられずに居ります。何か事例がありますか?

 

倭之奴国1

 投稿者:砂川  投稿日:2021年 4月29日(木)16時22分8秒 28-202-126-219.flets.hi-ho.ne.jp
返信・引用
  後漢書に
 「倭之奴国、倭国之極南海也」
とあります。
 私の魏志倭人伝の解釈によれば沖縄となります。
 沖縄の紀記での暗喩ですが、まず紀記で神代が記述されます。書紀では最初三柱の男性神
、次に男女対の神四組(この対の最後がイザナギとイザナミです)、これを神代七代と言います。古事記ではこれに幾つかプラスされます。
 古事記の訳者次田真幸氏はイザナギとイザナミの前の男女対神か泥や砂が固まり、物理的国土か造成される様を表しているので、イザナギとイザナミは本来は男女対神の最初神ではないか?としています。
 沖縄的感覚では、イザナギとイザナミは国土造成の神ではなく、日本文明創生の神です。

書紀の国生み
 最初は女神から声をかけて国生みしようとしたら、男神が「男が先に声をかけるべきだ」として国生みをした。
 1書(第一)に女神か先に唱えて国生みをしたら、蛭子(ヒルコ)(不具の子)が生まれたので、葦船に乗せて流した。

古事記のおのごろ島
 女神が先に声をかけて、水蛭子(ヒルコ)を生み、葦船に入れて流した。

旧唐書
 旧唐書に奇妙な記述があります。周辺国の記述に倭と日本が含まれているのです。

 倭国は古(いにしえ)の、倭の奴国なり。
日本
 日本国は、倭国の別種なり。

 唐(7世紀~10世紀)の時代に、日本語圏で日本国と分離していたのは沖縄だけです。

 ヒルコが紀記に封印された沖縄です。




 

「高天原」

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 4月25日(日)18時23分19秒 p4045-ipad01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  (1).「高天原」

*『古事記』書き出し、神話の舞台で神々がいる天上界の事。
「天地初発之時 於高天原成神 名天御中主神<訓高下天云阿麻下效此>次高御産巣日神次神産巣日神 此三柱神者  …」に、<訓高下天云阿麻下效此>と註がある。

即ち「高天原」の「高」の下の「天」は「あま」と読み下は此れに效く(倣う)、とある。

何故「天」を「あま」と読むかは触れていない。

既に「古代倭語」の“??-”(a-mæ-)の意味が忘れられていたか、或は何かを隠ぺいするためか、舞台を天上界の事としている。

私は、地上の事として発見。この神話の聖地を通説通り「タカマガ(ノ)ハラ」と読んでいては地上の場所は見つからない。

「たか・あま ン ばル」と読む。「ン=の」の格助詞。

*「高」=高低の意ではなく、寄って「集(たか)って」の当て字で 朝鮮語“??-”(taka=[傍へ寄り付く、寄り添う、近付く、詰め寄る(民衆書林・韓日辞典)]と同じ語幹。

*「天(あま・あめ)」とは…。

(イ)“?-”(a-)=朝の「あ・さ」=朝の来る方向(処)=東の意と同義。
東(あづま)(あ・詰(つま))=東の端。朝(あした)、明日(あした)、(夜が)明ける、皆「あ」が付くのでもいえる。
朝鮮語の朝=“??”(a-chim)=朝、あした<雅>(『民衆書林・韓日辞典』)。

NHKハングル講座(ラジオ) 講師イ・ユニ先生 2007年4月号。

[ハングル物語―母音字はどうつくられたか]
母音字は「陰と陽の調和」という自然の法則を基に作られています。
母音[a]=「天(太陽)が人の東」→朝の明るいイメージ。≪一部抜粋≫

(ロ)“?-”(mæ-)の母音は現代朝鮮語では“e”となっているが、本来は“æ”の発音記号で「ま・め」の中間音。故に「天(あま・あめ)」の両方の読みがある。“?”=「山」の古語的表現(民衆書林・韓日辞典)。

・「山」が(やま)なのは「天(あま)」の九州弁訛り。「蟻」を「やり」と訛る。
「山」が「や・ま」なのは「東の聖なる山」の意の限定用語が一般の「さん」にも拡大したもの。「水縄山(みのうやま)」の他は殆どが「さん」。

・「ま・み・む・め・も」は全て「膨れているもの」を表す。
脹らんでいる物の総称「ま・め」⇒「豆」の語源か。

・「ま」=「眼(ま・な・こ)」=「な」は格助詞。「こ」=“?”(god)=処。
     格助詞が「な→ン」に変わると関東弁の女陰の隠語になる。

・「み」=実、果実は殆ど丸く膨らんでいる。

・「む」=「六つ」=家屋に象る=地面から突き出ている。陸(むつ)に同義。

・「め」=「目・芽」は膨らんでいる。
 「め一杯」=山盛り一杯。“?”(god)=処が付くと関西弁の女陰の隠語。

・「も」=幼児の排便の始末の時「も」しなさい=お尻を突き出せ。もっこり。

 ∴「天(あま・あめ)」は「(国の)東の聖なる山」の意となる。

*「原=ばル」とは、“?”(beol)=[原;野原(民衆書林・韓日辞典)]で、筆者註としては、「耕作地=邑」である。

※従って、「高天原」=「東の山(聖地)に寄って集(たか)っている原」。
水縄連山(耳納山地)の東の端のうきは市(旧・浮羽町)の狭い谷間に、百箇所近くの「○○原」の字地名が犇(ひしめ)いている。此地に「日向」の地名が現存。朝日に向いた地の意で「筑紫の日向」(国生み神話の舞台)である。
他にも「○○日向」の地名が十二ヶ所。

「浮羽」の地名も[旭日原] =“???”(u-kil-beol)の語尾子音欠落発音であり、漢字音由来なのは、「徐福」渡来後の影響か。「高天原」=「阿斯達」とも同義。旧・浮羽町役場は「朝田」=「阿斯達」と同義。

≪「水縄連山(耳納山地)」は谷沢に刻まれた東西25㎞の保水力のある水源の山である。稲作に必要な水量を必要な期間供給、棚田稲作の穀倉を潤した。『記・紀』神話は弥生文化の産物である。今の平野部は未だ低湿地の荒野である。≫

*「高天原」の東西の入り口に「三春原(うらせばる)」と「牛鳴(うしなき)峠(とうげ)」がある。

・「三春原」は「うらせばる」と読む。東側にあるが普通では読めない。
“??-?”(ul-soe-beol)=「鳴く鉄・原」(直訳)=鉄が唸る原(意訳)。

・「牛鳴峠」=“??”(soe-ul)峠=「鉄鳴く峠」=鉄が唸る峠。鉄⇔牛は同音。

・“??”(ul-soe)=「五月蝿い」の語源か。製鉄の音は「ウルセェ!」。

・「高天原」には、東多々羅、南多々羅、西多々羅と製鉄地名がある。
方位から見て北風自然送風の製鉄炉か。「素盞嗚尊」追放前の製鉄集団跡か。

・「高天原」には「諏訪神社」=「“?-?”(soe-wa)鉄来る神社」がある。
古代に在っては、鉄を制する者が国を制した。「高天原」の東西の入り口が製鉄絡みの地名である。韓国の首都の“??”はこれの訛りを疑う。

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。
 

「邪馬臺國」≠「やまたい國」

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2021年 4月25日(日)12時08分43秒 p6188-ipad30fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  2).「邪馬臺國」は誤字・誤記・誤写ではナイ!

定説は陳壽の『三国志(魏志倭人伝)』を范曄が丸写している、とするが…。

そうであれば『三国志(魏志倭人伝)』の記述の「邪馬壹國」となる筈である。

*「やまたい國」とは読めナイ!中国正史の書記官の認識は、「臺」は“t-ai”。

九州弁の「山たィ・山てェ」=「山ですヨ!」と強調の語尾の音写が浮上する。

・「山」が「やま」なのは、「天(あま・あめ)」の意の筑後弁訛りを疑う。

 「蟻」を「やり」と訛るのと同伝。

卑彌呼の居所説明文言の一部を国名と勘違いしている。

「卑彌呼」の居所を問われて「天(あま・あめ)たィ」と言ったのが、「やまたィ」と聴き取られ「邪馬臺國」と記述された。

「天(あま・あめ)」=「高天原」の意(後述)。

*或る講演のレジメ抜粋。
 

歴史の封印

 投稿者:砂川  投稿日:2021年 4月25日(日)11時44分55秒 28-202-126-219.flets.hi-ho.ne.jp
返信・引用
   日本書紀と古事記に女王国と沖縄が封印されています。封印とは中にあるが、外からは見えなくさせると言う事です。元々、沖縄の歴史を調べていて紀記にたどり着いたので沖縄の封印を幾つか解いてみます。
 国学者の白尾国柱(薩摩藩士1762~1822)の「神代山陵考」に「又世人多謂。古之海神宮。則今之南海琉球也。(世の人々の多くが、神代の海神宮は今の南海の琉球のことだと言う。)」とあります。
 初代神武天皇の母親と祖母は海神の娘です。
調べると、丹波の海部氏の始祖と北部九州の物部氏の始祖も同じ海神でした。
 丹波も沖縄も封印されていますが、封印したいのは女王の女系図(天皇は父親だけではなく母方の血筋も重視される)と考えています。
 古代のヒメヒコ制では、最高女性神官が皇后になったと思うので神道に不都合な部分を隠したかった。
 排除ではなく封印が出来たのは、飛鳥時代に倭国へ入って来た仏教の唯識思想のおかげだと思います。
 そして、奈良時代の始めに日本文明の基礎の神仏習合ができ、平安時代の天台宗と真言宗の思想で神仏習合が深化し、江戸時代まで続きました。
 豊鋤入姫までまだ少しかかりそうです。
 

邪馬臺の語義

 投稿者:クラリン  投稿日:2021年 4月23日(金)23時45分52秒 ZP118057.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  連続カキコこれで終了m(_ _)m

太陽のことを「や」とも言います。

万葉集3223番歌の出だしは「かむとけの 日香天之」とあり、

この日香天之は難訓歌とされます。

しかし、かむとけは落雷ですから、日香天之は「やかまし」以外に

読みようがありません。ですが、おそらく国名に

使用されている(ヤマトのように)ため忌み語のようにされたと思われます。

「まと」は、やや「日本」の本(もと)に近いのですが、

ちょっとこれは飛んでいる説に基づきますので端折ります。

ともあれ、ヤ・マトで日の中心、あるいは日の出だと推考します。
 

書き損じ訂正・卑弥呼論

 投稿者:クラリン  投稿日:2021年 4月23日(金)23時09分37秒 ZP118057.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  >大三元さんの言われるように、ミヲだったと思います

正・・・ミヲのmiwo、ですが私はミワmiwaだったと思います
 

レンタル掲示板
/42