teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:36/610 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二王後制 10

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年 4月 7日(土)21時16分8秒 ah206061.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  通報 返信・引用
  > No.580[元記事へ]

 物部氏には 十種神宝と言われる 十種類の呪物が伝わっていました。これを ゆらゆら と振りますと、「死人も生き反らむ。」と言われる呪文が働くとされまう。石上神宮では、毎年、この呪文と唱えるお祭りが11月22日にあり、鎮魂祭といいます。暗闇の中で行われる神秘的なお祭りです。

 畿内には饒速日尊を神として奉ずる政権が成立した思われます。初期の構成メンバーに、天道根、後期にはや長髄彦等がいました。
 長髄彦は神武天皇に「昔、天神の御子が、天磐舟に乗って天降られました。櫛玉饒速日命といいます。私は饒速日命を君として仕えています。あなたも天神の子と名乗って、人の土地を奪おうとするのですか。あなたは偽物でしょう。」と。天皇は、「天神の子は沢山にる。饒速日命が天神の子ならば、必ず表(しるしの物)があるだろう。」長髄彦は饒速日命の天羽羽矢(蛇の呪力を負った矢)などを見せました。天皇はご覧になって、いつわりではない。次に天皇の天羽羽矢を長髄彦に見せました。その立派さに長髄彦はおそれいりました。

生駒市の長弓寺境内の真弓塚が天羽羽矢を埋めたとされています。  奈良県生駒市上町
 饒速日命は天皇に帰順しました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:36/610 《前のページ | 次のページ》
/610