teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:16/609 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 弥生の歴史観(かたばみ式)

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年10月11日(木)13時47分46秒 ah201220.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  通報 返信・引用
  > No.600[元記事へ]

かたばみさんへのお返事です。


 大和三山の北の山を耳成山(ミミナシ)と言います。円錐形の山で、よくある形です。この山が敢えてミミナリと形容されるのは、大和の人々にとって、耳に高い関心があったからでしょう。
 谷川健一氏は、ミミのつく人名は神武帝を中心として四代前から四代御にあるとしています。母親が南方系であることが影響しているとのこと。
 『魏志倭人伝』では、投馬国の官名に弥弥(みみ),弥弥那利(みみなり)があります。
 例の五島列島の小近島には大耳、大近島の方には垂耳という土蜘蛛が棲んでいたそうで、海人族の名にもミミが使われていたのかもしれません。
 この国の成り立ちの一つのキイがミミといえるでしょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/609 《前のページ | 次のページ》
/609