統合失調症ネットラジオ こころらじお掲示板



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


新着順:3/14


[13] Re: もう仕事は諦めた

投稿者: ようこ 投稿日:2019年12月30日(月)22時11分58秒 p1689048-ipngn7401akatuka.ibaraki.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.12[元記事へ]

> 発病15年。発病経緯は隣の騒音で1ヶ月以上眠れなかったことです。
> 噂されてるような幻聴が仕事中に現れるようになりました。
> その次は部屋を監視されてるような妄想が出て引っ越しました。
> このときは病院にかかっていたのですが、出してもらえた薬がセレネース1ミリ。
> 陰性症状に陥り、頭脳が全く働かなくなりました。
> 頭の中にあったのは「死にたい」だけ。休職していましたがそんな状態で休職が解かれました。
> 私は看護師です。患者さんとのコミュニケーションが取れずやめました。
> 7ヶ月自宅療養をしました。その間に医師が変わり薬が変更になり寛解しました。
> 看護師として7年間働きました。その後、体を壊し仕事をやめて8年になります。
> 途中3年間生活保護を受けましたが今は受けていません。
> ずっと一人暮らしでしたが実家に帰りました。
> 実家に帰って仕事を探そうと思いましたが、不眠が強く、エビリファイからヒルナミンに変更してもらったところ、呂律が回らなくなり、普通の仕事は無理があると実感しました。
> また、長年閉じこもって暮らしていたので体力の低下が激しく、仕事は無理な状況です。
> 職につくことは諦めました。障害年金だけで生きていきます。

私は発病22年。発病経緯は高校受験の勉強を頑張り過ぎたのと、家庭環境(両親の不仲)の問題でした。
中学校でまっすぐに歩けないほどふらふらになり、大学病院で診てもらったら身体的異常はなく精神科に回されたのでした。
私もセレネースを出されましたが、急性ジストニアで緊急受診したら、転院と入院が決まり、精神科病院では
ちょうどリスパダールが発売された頃(1998年)でしたので、薬はリスパダール、コントミン、インプロメンのてんこもりでした。
私は15歳で発病でしたから、まだ若くて気力がありました。
看護師になろうと決意し、中学浪人後、高校、看護専門学校と卒業しました。
看護師になりましたが転職は二十回ほどしました。
何度挫折しても私は働くことをあきらめたくなかったのです。
今は自宅すぐ近くの老人デイサービスで週1,2回のパートをしています。
勤続3年が過ぎました。
看護師として働かない日には、有償ボランティアでヘルパーをしたり、就労継続B型の事業所でのんびり働いたり、あとはデイケアに通ったりしています。
必ず達成しなくてはならないパートの仕事とヘルパーの仕事以外は、体調に合わせて調節しています。
37歳、体力の衰えを感じる昨今ですが、少しでも現状維持?体力強化していきたく思い、なるべくこまめに動くことを心がけています。
…とは言いつつも、躁と鬱の波もあり、鬱になったらほぼ寝たきりで、亜昏迷状態で短期入院してしまうこともあります。
なんとか毎日を精一杯生きています。
私も年金が頼りです。
普通には働けないと自覚しています。
自分がやれるだけの事をやっていけばいい、と自分に言い聞かせております。

http://uuusausa.blog4.fc2.com/


新着順:3/14


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.