投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ゆがむ被曝評価

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 3日(水)23時36分25秒 181.92.142.210.ap.mvno.net
  科学
ゆがむ被曝評価
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/hibakuhyoka.html
 福島県伊達市の全住民のガラスバッジ測定データを用いたとして空間線量率と個人線量との関係を論じたJ. Radiol. Prot., 37, 1-12(2017)〔第1論文〕と、それをもとに累積線量を求め除染効果を論じたJ. Radiol. Prot., 37, 623-634(2017)〔第2論文〕は、政府放射線審議会の資料として取り上げられて政策の根拠とされ、社会的に極めて重要な位置づけが与えられてきました。原論文の日本語訳を以下に掲載します。
 論文の対象者である伊達市住民のなかには、研究使用を拒否していた方や同意回答のない方がいたことが明らかになっています。こうした倫理上の問題について2018年12月末現在の情報をまとめたものが、以下に公開する『科学』2月号記事です。
 (その後、判明した事実についての補足は、4月号掲載を予定しています。)
 2019年1月25日開催の放射線審議会(第143回総会)において事務局は、この論文について「学術的な意義について全否定されるものではない、論文を根拠としない場合でも結論に影響を与えない」と述べました。批判的検討を本誌3月号掲載記事(黒川眞一「被曝防護には空間線量そのものを使うことが妥当である――信頼性なく被曝線量を過小評価する宮崎早野第1論文」および牧野淳一郎「3.11以後の科学リテラシー no.75」)で取り扱っています(4月号でも予定しています)。
宮崎早野論文の日本語翻訳版
第1論文(pdfダウンロード) 原論文:J. Radiol. Prot., 37, 1-12(2017)
第2論文(pdfダウンロード) 原論文:J. Radiol. Prot., 37, 623-634(2017)
宮崎早野論文の倫理問題
黒川眞一・島明美: 「住民に背を向けたガラスバッジ論文――7つの倫理違反で住民を裏切る論文は政策の根拠となり得ない」,科学,89(2),152(2019)
(htmlの別ページにリンク)
 社会的重要性に鑑みて、全文を公開いたします。
『科学(電子版)』第89巻第2号,e0017頁,2019年

A Glass Badge Study That Failed and Betrayed Residents ?A Study with Seven Violations of Ethical Guidelines Can Be No Ground for Government Policies……Shin-ichi Kurokawa and Akemi Shima
 (約0.6MBのpdfダウンロード)

 2019年2月号掲載の黒川眞一氏・島明美氏の「住民に背を向けたガラスバッジ論文――7つの倫理違反で住民を裏切る論文は政策の根拠となり得ない」英文抄訳版です。世界に向けて状況を発信するために作成いたしました。
『科学』2019年3月号より第1論文批判の要旨

 黒川眞一: 「被曝防護には空間線量そのものを使うことが妥当である――信頼性なく被曝線量を過小評価する宮崎早野第1論文」,科学,89(3),270(2019)より、考察のまとめを公開します。こちら(htmlの別ページにリンク)
(2019年3月22日追加)
『科学』2019年4月号より第2論文批判の要旨

 黒川眞一・谷本溶「インテグリティの失われた被曝評価論文:宮崎早野第2論文批判」,科学,89(4),318(2019)より、考察のまとめを公開します。こちら(htmlの別ページにリンク)
(2019年3月22日追加)
更新履歴

2019年3月7日公開
2019年3月22日更新
 

世界初確認 雄グッピーが外来魚駆逐 在来メダカ保護で琉球大学

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 3日(水)10時26分52秒 124.92.142.210.ap.mvno.net
  世界初確認 雄グッピーが外来魚駆逐 在来メダカ保護で琉球大学
2019年4月2日 10:20
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-897496.html


 琉球大学は1日、「世界のワースト外来種100」に選定されている小魚「カダヤシ」を、グッピーが駆逐するメカニズムを解明したと発表した。カダヤシの雌とグッピーの雌が似ているため、グッピーの雄が間違えて交尾し、稚魚が生まれなくなるという。この「繁殖干渉」という現象が卵胎生魚(卵を産まず、体内で稚魚をかえす魚)で起こることを実証できたのは世界初。グッピーでカダヤシを駆除できる可能性を見いだした発見で、カダヤシに生息域を脅かされている沖縄県内のミナミメダカ(通称リュウキュウメダカ)にとって朗報となりそうだ。

 研究したのは、琉大戦略的研究プロジェクトセンターの鶴井香織特命助教と辻瑞樹農学部教授らのチーム。県内50地点でカダヤシとグッピーの捕獲調査をした結果、カダヤシはグッピーがいないか、少ない場所にのみ生息していることが判明した。

 さらに、水槽で実験したところ、カダヤシの雌がグッピーの雄と同居した時にだけ、産む稚魚の数が減少することを確認した。

 グッピーの雄を使ってカダヤシを根絶する手法を確立するため、研究チームは屋外プールでの実証実験や稚魚の数が減る生理学的な解明を進めている。
 

対馬魚類図鑑

 投稿者:  投稿日:2019年 3月25日(月)12時46分27秒 KD106128016153.au-net.ne.jp
  眼遊@ganyujapan

【拡散お願いします】
https://twitter.com/ganyujapan/status/1108576431406112768?s=11

対馬市と九州大学による「対馬魚類図鑑」がリリースされました! 下記URLから無料でダウンロードできます! Webで公開するという利点を生かし、皆さまから寄せられる情報を反映し、育てていく図鑑です!掲載種数も今後増えていきます!

対馬魚類図鑑(対馬のさかなと人の暮らし)
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/kaiyohogoku/post-2.html
 

ヨウシュヤマゴボウ

 投稿者:  投稿日:2019年 3月20日(水)13時40分41秒 91.96.142.210.ap.mvno.net
  ゆきまさかずよし@Kyukimasa
https://twitter.com/Kyukimasa/status/1107971986104315904
アメリカ南部の忘れられた郷土料理Poke Salad
http://www.bbc.com/travel/story/20190318-a-forgotten-food-of-the-american-south
Pokeweed(ヨウシュヤマゴボウ)、毒があって煮て毒抜きしないと食べられない。
貧困と結びついた印象強くて現在ではあまり食べられないものの伝統として残っている。
「ポーク・サラダ・アニー」として歌われている

Pokeweed ? a green that’s toxic if prepared incorrectly ? has been eaten throughout the American South, and could be having a renaissance thanks to the local foraging movement.
http://www.bbc.com/travel/story/20190318-a-forgotten-food-of-the-american-south

By Davina van Buren
19 March 2019

It was Mother’s Day weekend, and late spring teased the three-month inferno that North Carolinians call summer. I’d been waiting for this moment: for the first time in my adult life, I was planting a proper garden.

As I marked off the boundaries for the compost heap, a tiller hummed alongside me, simultaneously ripping up chunks of red clay earth on one side and spitting pulverised, marble-sized fragments out the other. Its operator finished the last row, leaned over the clunky equipment and let out a long, deep sigh ? the kind that comes from physical labour.

“You’ve got a bunch of poke salad over there,” he said casually, gesturing towards the chain-link fence running the border of my property.

My eyes followed his gaze, settling on the tall, leafy stalks of vibrant greens along the fence. As soon as he said the words ? poke salad ? a stream of memories flooded my brain: how my mother and aunts would pull the car over on a country road to pick a good patch of poke salad, also called pokeweed; the quick and precise way they snapped the leaves from their stalks; the smell of my great-grandmother preparing the bounty in her kitchen, finishing the dish with bacon grease scooped from an old Crisco can she kept on the stove.

You may also be interested in:
? The deadly dish people love to eat
? Where people eat carnivorous plants
? The planet’s most extreme cuisine?

A wild green that grows abundantly throughout the United States, pokeweed is especially plentiful in Appalachia, a cultural region that follows the Appalachian Mountains from southern New York State to north-eastern Mississippi, as well as the rest of the American South. The cooked, finished greens are called poke sallet; and ‘polk salad’, a spelling popularised in Louisiana native Tony Joe White’s 1969 swamp-rock hit Polk Salad Annie. I hadn’t heard the words since I left my sleepy hometown of Sanford, a rural town (at least when I lived there) located smack dab in the middle of North Carolina, 25 years ago.

After spending the last decade of that time away as a Colorado-based digital nomad and taking an eight-month sojourn in Mexico, I’d just returned to North Carolina. Now that I had an actual yard, I was determined to grow at least some of my own food. Looking at the showy greens lining the fence, I suddenly wondered: do people still eat poke sallet?


The story is more about ingenuity and resourcefulness

The short answer is yes and no. If you ask older Southerners, many still remember eating poke sallet, or at least knowing someone who did. But millennials? Forget about it. I asked dozens of people about poke sallet after the tiller incident in my garden, and not a single person under the age of 40 had a clue what I was talking about. To understand why it disappeared from Americans’ tables ? and why it’s experiencing a slight renaissance due to the foraging movement ? one must delve into the green’s storied history.

Pokeweed was a dietary staple throughout Appalachia for generations. “It was a food that you ate mostly because you were poor, and that’s not necessarily something that everyone wanted to embrace,” said Mike Costello, chef and farmer at Lost Creek Farm in West Virginia. As subsequent generations became more financially successful than their parents’, the need to forage wild foods dwindled.

“Most narratives about foods like poke sallet are associated with shame, poverty or desperation ? but to me, the story is more about ingenuity and resourcefulness,” Costello said. “Those are things that people can be proud of.”

If you live in the south-eastern US, you’ve likely seen plenty of pokeweed growing wild and never knew the name. The hardy perennial plant can grow up to 10ft tall and thrives almost anywhere: beside ditches, along fences, near livestock pastures, even in deserted city lots. Once mature, it has unmistakably flamboyant foliage, thick, magenta-tinted stems, and dark purple or black berries.

Like many foraged foods, pokeweed comes with a catch: it can be toxic if prepared incorrectly.

“In Appalachia, living off the land was an important element years ago, and a lot of our older generation still remember what you can and cannot eat in the wild,” said Brandon Pennington, executive director of the City of Harlan Tourist and Convention Commission, which hosts the annual Poke Sallet Festival in Harlan, Kentucky. “However, with mass farming and food being so immediately available in our world, that art is lost.”


Though the berries of the poke plant have been used for everything from ink to lipstick (Dolly Parton famously wrote about the latter in her inspirational book Dream More: Celebrate the Dreamer in You), you should never eat them ? nor the roots, stalk, seeds or raw leaves of the pokeweed. Powerful toxins reside in these parts of the plant and although no deaths from eating poke sallet have been officially recorded in modern times, children frequently get sick from eating the berries, which resemble wild grape clusters when mature. Most often, symptoms include severe stomach cramps, rapid heartbeat, vomiting, diarrhoea and difficulty breathing.

Pokeweed’s toxicity increases as the plant matures, especially in the root system, which should be avoided altogether at all growth stages. Leaves are the least toxic parts of the poke plant, followed by the stems and berries. That’s why only the leaves of young spring plants should be picked, and then cooked thoroughly. It was through trial and error that Native Americans, African slaves and other people from the region figured out the delicate balance of how to prepare and consume this bountiful, early-sprouting green without becoming unwell.


It’s something that represents more than just flavours or ingredients

The first time or two, it’s best to pick pokeweed with someone who knows their stuff; otherwise, you may mistake poke for just another weed. Or, if you can identify the mature plant (which is much easier due to the distinctive purple stalk and berries), you can mark the spot and return the following spring when the perennial plant is young and edible. The wide, almond-shaped leaves should be picked while the plant is young and tender ? ideally between 1ft to 2ft high ? and before there is any purple at all on the stalk, stems or leaves.

Now comes the (questionably) fun part: the raw leaves should be rinsed and boiled to remove the plant’s toxins. Cover with water, bring to a boil, and then drain and ‘squeeze’ the greens using a spatula or wooden spoon. Repeat this process three times, then sauté the greens in a pan with bacon grease and seasoning like salt and pepper to taste. It’s a time-consuming process, and like most greens poke cooks down dramatically, so you need a lot of it for just a few servings. Some say poke sallet tastes like turnip greens or spinach, with a slight iron or mineral aftertaste.

So why would anyone go to all this trouble to cook a weed that can make you sick? “It’s something that represents more than just flavours or ingredients,” Costello said. “It’s a piece of who you are and your connection to those landscapes.”

Will pokeweed join the ranks of trendy foraged foods like ramps and chanterelle mushrooms? Probably not. However, there are a handful of chefs who are brave enough to serve it to the masses. Chef Clark Barlowe, owner of Heirloom in Charlotte, North Carolina, grew up surrounded by pokeweed in the western part of the state, but had never seen it prepared.

“When I opened the restaurant in 2014, I had a renewed interest in it and asked my Nana ? my mom’s mother ? to teach me about the preparation,” he said. “From there, it was simply a matter of teaching my cooks the technique, foraging some young poke, and we were off to the races.”

Each spring, Barlowe features the green on Heirloom’s tasting menu for one month while it is in prime season. “We have a poke patch that grows right next to the restaurant so it’s a fairly easy get for us, and some regular customers bring us the perfect-sized leaves when they are weeding their yards.”


Undoubtedly, some chefs are intimidated by serving potentially toxic foraged foods. But Barlowe is confident in his staff and cooking technique ? the same three-boil method Nana used. In the past, he’s served pokeweed ice cream made with juice from those exotic, dark purple berries (which must be carefully pressed to avoid breaking any poisonous seeds), and next spring he plans to experiment with a ‘poke punch’ recipe from the 1800s, a simple concoction of orange juice, soda water, mint and pokeweed juice. Barlowe says he may put a slight twist on the recipe by adding what he calls ‘rooftop honey water’, a secondary product that comes from making beeswax from the honeybees he keeps on the restaurant’s roof.

You can also grab a poke sallet plate with all the fixings at the Poke Sallet Festival in late May and early June. Otherwise, it looks like it’s up to the home cooks of Appalachia and the US South, foodies, and foragers to keep the tradition of preparing poke sallet alive.

Culinary Roots is a series from BBC Travel connecting to the rare and local foods woven into a place’s heritage.

Join more than three million BBC Travel fans by liking us on Facebook, or follow us on Twitter and Instagram.

If you liked this story, sign up for the weekly bbc.com features newsletter called "If You Only Read 6 Things This Week". A handpicked selection of stories from BBC Future, Culture, Capital and Travel, delivered to your inbox every Friday.
 

ツルニチニチソウ

 投稿者:  投稿日:2019年 3月19日(火)20時09分5秒 KD106128013164.au-net.ne.jp
  『ツルニチニチソウについて』
金曜日, 7月 10th, 2015
KW:植物・ツルニチニチソウ・蔓日々草・ペリウィンクル・periwinkle・レッサーペリウィンクル・姫蔓日々草・ビンカ・アルカロイド・姫蔓日々草・ヒメツルニチニチソウ
http://www.drugsinfo.jp/2015/07/10-230500

Q:ツルニチニチソウについて

A:ツルニチニチソウ(蔓日々草)は、キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の常緑蔓性植物の一種である。学名:Vinca major。日々草の名前は、1日ごとに新しく花をつけるという意味の命名であるとされる。ただし蔓日々草は、日々草の同属ではなく、それぞれ別属である。
[別名]ペリウィンクル。
[英名]Large periwinkle、periwinkle。

[分布]明治時代に渡来した地中海沿岸地方原産の外来種である。蔓性で地面を覆うように生育する。原産は南ヨーロッパ、北アフリカ。北アメリカ及びオーストラリアでは、蔓日々草を侵入雑草と見なす地域もある。日本にも帰化している。耐寒性小低木image。匍匐性なので、花壇の縁取りやグラウンドカバー、又は鉢植えや吊り鉢に適している。半日影でもよく育ち、積雪地帯でも生育は旺盛。

[形態]花の形は日々草に似ているが、色は青紫色である。柱頭は円盤状をしており、その上に毛のある突起物がある。この様な柱頭の植物は珍しく葉は幅広い。日々草同様に繁殖力が強く、観賞用として栽培されている。開花期:春-初夏(3-5月)、高さ30cm、蔓の長さ1m。早春から夏にかけて長い間、花をつけている。花径は4-5cmで、花冠はスクリュー型に5裂している。

[成分]alkaloidを生産する。alkaloidは糖尿病、癌、高血圧症、脳卒中等、多岐にわたる疾患の治療のために研究がされ、実際の治療にも用いられている。但し、本種にはビンカ・アルカロイドが含まれいるため、栄養補助食品としての使用は推奨されない。ビンカ・アルカロイドは、肝臓、腎臓及び神経に対する損傷を惹起する恐れがある。死に至る恐れもある。

[用法・用量]ヨーロッパでは催吐薬として民間で使われ、抗癌剤としての効果も云われている。その他、夫婦間の営みを促進する、眼の痛みに効く優れた治療薬、葉は手のあかぎれに効く等の資料が見られる。
しかし一方で、脳障害の予防、扁桃炎、咽喉痛、腸の炎症(腫脹)、歯痛、胸部痛、創傷、高血圧症等に対する効果について化学的dataは不十分とされいる。

[安全性]本種の使用は安全ではなく悪心、嘔吐、胃腸症状等の障害が起こる可能性がある。また神経障害、腎障害、肝障害が起こることもある。大量に摂取すると血圧が異常に下がることがある。低血圧症、高血圧症、便秘、2週間以内に手術を受ける予定の人は使用回避。妊娠中、授乳中の女性には禁忌。

[相互作用]降圧薬(カプトプリル、エナラプリル、ロサルタン、バルサルタン、ジルチアゼム、アムロジピン、ヒドロクロロチアジド、フロセミド等)→蔓日々草は血圧を低下させる作用があり、血圧低下作用が増強される可能性がある。

?蔓日々草について、姫蔓日々草と同様の収斂作用があるとされいる。

ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)

[学名]Vinca minor。キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属。
[英名]Lesser Periwinkle(レッサーペリウィンクル)
[形態]主に地面を匍匐する常緑性低木で、45cm程のアーチを形成する。根茎があり、光沢のある楕円形の葉と5弁の青紫色の花を付ける。
[分布]ヨーロッパの原産で、生垣となる低木列や林地の境界に沿って生育する。園芸植物としても栽培される。葉は春に採集される。
[使用部位]葉
[成分]インドールアルカロイド(ビンカミン、ビンキン・ビンカミン等)を7%、及びビスインドールアルカロイド(ビンカルビン)、タンニンを含有する。ビンカミンは血流をまし、脳への酸素補給を促す。
[民間伝承]2世紀のローマで出版された「薬草標本」の中で姫蔓日々草の効能を「悪魔の病と悪魔憑き及び蛇や野獣と戦うものである」と述べられているとする資料がある。
[効果と用法]収斂や止血薬として用いられる。収斂作用は、咽喉炎、歯肉炎、口内潰瘍に対するうがい薬としの効果を発揮する。止血作用は、内出血、経血過多、鼻血に効果がある。ビンカミンが葉の中に発見されてから、動脈硬化症や脳への血流の異常による痴呆に使われきた。
[注意]妊婦には使用できない。

1)ネーチャー・プロ編集室:ハーブ・スパイス館;小学館,2000
2)舟山信次:アルカロイド-毒と薬の宝庫;共立出版株式会社,1998
3)景山敬吾・企画編:散歩で見かける草花・雑草図鑑;三省堂書店,2011
4)ツルニチニチソウ:http://ja.wikipedia.org/wiki,2015
5)奥本裕昭・訳:イギリス植物民俗事典;八坂書房,2001
6)難波恒雄・監訳:世界薬用植物百科事典;誠文堂新光社,2000
7)日本医師会・他総監修:ナチュラルメディシン・データベース;jahfic,2015

               [11.141.MAJ:2015.5.5.古泉秀夫]
 

パンジー

 投稿者:  投稿日:2019年 3月19日(火)20時06分50秒 KD106128013164.au-net.ne.jp
   パンジー

 潰瘍の緩和など古くから様々な症状に使用

 摂り過ぎで皮膚のかゆみ、湿疹、下痢なども
http://www.jafra.gr.jp/panji.html

パンジー(Viola tricolor)の花の三色、パープル、白、黄色は記憶、愛情、思い出を意味し、離れた恋人の心を癒す花として愛されています。

そうした意味で、パンジーは別名Heartsease(心の安らぎ)とも呼ばれます。他にも、Filed Pansy、Johnny-Jump-up、Jupiter、ladies’ delightなど多くの名前を持っています。

パンジーは、ヨーロッパ、北アフリカ、温暖なアジア地域が原産ですが、現在は広い地域で栽培されています。

3月から9月にかけて可憐な花を咲かせ、殆どの部分が薬用となります。

古くから様々な症状に使用されてきましたが、1597年John Gerald’s Herballには「幼児のひきつけに有効」と記載されています。

また、胸部や肺の抗炎症、潰瘍などの緩和でも評判が高く、アメリカの薬局方にもリストアップされています。

現在では主に、皮膚、肺、泌尿器官の不調に用いられており、民間療法では、お茶として解熱、下剤、鎮静剤、排痰剤などに使用、また、体の解毒や浄血にも利用されています。

パンジーの主成分は、フラボノイド(ルチンなど)、サリチル酸メチル、ガム、樹脂、サポニンなど。抗炎症作用の働きで、呼吸器官ではぜいぜいする咳を鎮め、粘膜の炎症を和らげるため痰を取り除くとされています。

また、皮膚組織の腫れやかゆみを抑えるとして、にきびや皮膚炎の軽減にも用いられています。

この他、パンジーには、フラボノイドのルチンが最大23%含まれているといわれ、これが緑内障の軽減に有効性を発揮するとされています。パンジーは通常の緑内障治療薬と併用すると、眼圧を低下させる働きを示すといわれています。

パンジーの摂取で、重篤な副作用は報告されていませんが、皮膚のかゆみ、息切れ、湿疹、下痢などが出る場合もあるとされています。

パンジーの使用では、アレルギー患者や妊婦、授乳中の母親、その他心臓病や血管系疾患者は使用を避けるか、使用前に必ず医師に相談することが勧められます。

 

What is 'super adobe'?

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 7日(木)21時57分59秒 KD106128013164.au-net.ne.jp
編集済
  BBC Future:スーパーアドビ(superadobe)
石灰や干し草などを混ぜた土を詰めた土嚢に積み上げてイグルーみたいな建物作る方法。
月や火星の土で建物作る方法として考案されたけど、難民用住宅や持続可能性とかで注目されているという

戦争で土嚢積む技術から来てる
https://en.wikipedia.org/wiki/Superadobe

New eco-dome signals changes for local village [Image 1 of 10]
https://www.dvidshub.net/image/591295/new-eco-dome-signals-changes-local-village#ixzz1wU2WbV9J


Like adobe, superadobe is earth-based, economical and keeps houses cool in the day. But it’s also earthquake resistant. Could this twist on a tradition save lives around the world?
http://www.bbc.com/future/story/20190228-what-is-superadobe
By Megan Frye
5 March 2019
The sun beats down, chickens scurry about and music sounds from under the tarp of a makeshift kitchen. The morning clouds part, giving way to the sight of the partly snow-covered, active Popocatepetl volcano in the distance. Along the streets of Hueyapan, Morelos, debris still lies scattered from the deadly 7.1 magnitude earthquake of September 2017. The quake’s epicentre lies just 60km south of here.
Resident Pablo Cuauhtémoc Saavedra Castellanas stands next to the beginnings of what will be his family’s new home. But unlike many of his neighbours, Saavedra is not using concrete blocks to rebuild. The material he’s using is called superadobe. As an earth-based material, it doesn’t require outside resources. And, perhaps most excitingly for locals in this seismically active area, it is earthquake resistant.
Polypropylene bags filled with a mixture of earth and lime are stacked on top of each other. The walls of the house are caked with three layers of dirt, lime, ground grasses and horse manure. Saavedra’s roof is currently a tarp; later, the tarp will be replaced with locally made clay tiles that have been part of the regional architecture for centuries.
 

緑の光を当てるとメスからオスに

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 7日(木)21時33分51秒 KD106128013164.au-net.ne.jp
  緑の光を当てるとメスからオスに、鹿児島大学の大学院生が発見
https://univ-journal.jp/24979/?fbclid=IwAR3VySnoF59605MuO63i4klqUhvUk6huYSz4fFblvqDJNQdHBt8bp1ke_lE
大学ジャーナルオンライン編集部

性転換生物学

鹿児島大学

 鹿児島大学大学院の早坂央希大学院生(博士課程1年)らの研究チームが、メダカに緑色の光を当てながら飼育すると、メスからオスに換わるという実験結果を発表した。研究成果は、水産学部研究チームが論文としてまとめ、イギリスの『Scientific Reports』誌に掲載(2月20日)された。

 これまで、魚類の一部に、高水温や極端なpHの変化といった環境からのストレスによって性転換が誘導されることが報告されているが、特定の光波長照射が性分化に与える影響については知られていなかった。

 今回、性分化期のメダカに緑色光波長を照射し続けて飼育することでメスからオスへの性転換が誘導された。また、性転換個体と正常なメスを個配したところ次世代は、全メスとなった。

 特定の光波長が動物の性に与える影響について、今回の研究が初めての報告となる。今後は、特定の光波長がストレスとなって性転換が誘導されたのか、または、新規メカニズムであるのかを明らかにする必要があるとしている。

今回の研究で開発した性コントロール技術が、効率的な養殖生産に貢献できることが期待される。

論文情報:【Scientific Reports】Green light irradiation during sex differentiation induces female-to-male sex reversal in the medaka Oryzias latipes
 

4月23日~7月10日 クリムト展

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 1日(金)17時56分38秒 KD106128013164.au-net.ne.jp
  クリムト展
上野 東京都美術館
4月23日~7月10日
https://klimt2019.jp/?fbclid=IwAR3ZTtI2VO5VBiP--GpaJMrU3uv04PiUAFErjqjrJVgdAtRcErZqAIb2R2Q
 

草原植物が支える共生微生物の驚くべき多様性 ―草原生態系は微生物資源の「銀行」―

 投稿者:  投稿日:2019年 2月22日(金)14時00分6秒 48.96.142.210.ap.mvno.net
  草原植物が支える共生微生物の驚くべき多様性 ―草原生態系は微生物資源の「銀行」―
概要
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2019/20190220/index.html
2019年2月20日

京都大学
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
筑波大学

京都大学生態学研究センター 東樹宏和准教授、森林総合研究所 黒川紘子 主任研究員および筑波大学山岳科学センター 田中健太 准教授らの研究グループは、植物の種多様性が極めて高い長野県菅平高原において137種の植物を網羅的に調査し、その葉や根に膨大な種類の細菌(バクテリア)と真菌(かび・きのこ・酵母類)が共生していることを見出しました。
現在、日本各地で急速に草原が失われつつあります。その一方で、草原生態系に関する人類の知識はまだ乏しく、草原が私たちに与えてくれる潜在的な機能やサービスに関して未解明な点が多々残されています。
今回、植物の葉や根に共生する微生物の集まり(微生物叢)を網羅的に分析するため、「DNAメタバーコーディング」という手法を適用しました。その結果、日本列島でわずかな面積しか残されていない草原生態系に無数の微生物が息づき、人類社会存続の要とも言える創薬や持続可能型農林業への応用が期待される微生物が数多く含まれることが判明しました。137種の植物種ごとに示された微生物叢のデータは、それぞれの植物種を保全する意義の客観的評価につながると期待されます。
本研究成果は、2019年2月20日に国際学術誌「Frontiers in Microbiology」にオンライン掲載されました。

背景

草原生態系は生物多様性の宝庫と言えます。多数の植物種に加え、その花を訪れる蜂や蝶、植物の葉や茎を食べる多様な昆虫、さらに、昆虫や小型哺乳類を捕食する鳥類・哺乳類が草原生態系に息づいています。
しかし、現在、地球上の至るところでこうした生物多様性の高い草原生態系が減少しつつあります。熱帯雨林をはじめとする森林生態系の減少については、これまでさかんに警鐘が鳴らされてきました。いっぽうで、草原生態系が失われた際に、人類が一体何を失ってしまうのか、客観的に判断するためのデータが不足していました。
そこで、本研究プロジェクトでは、多様な植物種で構成される草原が管理されている長野県菅平高原において、草原生態系が「隠し持つ」生物多様性の潜在的価値に着目しました。近年の研究で、植物の根(や葉)に無数の微生物が共生していることがわかってきています(*1~2)。こうした微生物たちの中には、農業に役立ったり(*3~5)、新しい医薬品を作るもとになったりするものが含まれています。このような膨大な未利用資源が、草原の消失とともに未知のまま失われつつあります。
そこで、これまであまり人の目を引くことがなかった「植物に共生する微生物たち」の多様性を解明することで、草原生態系が持つ潜在的価値を評価することを目指しました。植物に共生する微生物の集まり(微生物叢)を解明する試みはこれまでも行われてきましたが、少数の植物種を対象としたものばかりで、草原生態系全体に出現する植物を網羅的に対象とした研究は皆無でした。
研究手法・成果

植物体内には、植物のゲノムDNAだけでなく、共生する微生物のDNAも含まれています。東樹准教授らは、「DNAメタバーコーディング」(もしくは単純にDNAバーコーディング)という手法を整備し(*6)、これまでにさまざまな森林生態系において、植物とその共生微生物の関係性を解明してきました(*1~5)。この手法を草原生態系に応用することで、知られざる植物共生微生物の多様性を網羅的に調査しました。
日本中で草原生態系が減少してしまった現在、研究対象とした長野県菅平高原は、極めて植物多様性の高い草原が残っているという点において貴重な地域と言えます。これまで地元の有志や田中筑波大学准教授らの努力により、この草原における生物多様性の解明が進められるとともに、草原生態系をどのように残して行くのかが議論されてきました。この活動の一環として、「草原生態系をまるごと対象として微生物資源を評価しよう」というプロジェクトが立ち上がり、「DNAメタバーコーディング」による大規模分析が実施されました。
2017年7月から9月にかけて野外調査を実施し、33目137種の植物をサンプルとして収集することができました。それぞれの植物種の根と葉について、共生する細菌類(バクテリア)および真菌類(きのこ・かび・酵母)を「DNAメタバーコーディング」で分析したところ、7,991系統もの細菌(およびアーキア:古細菌)と5,099系統もの真菌が検出されました。この膨大なデータを分析したところ、植物の成長を促進することが期待される微生物や、医薬品の原料となる物質を生産する可能性がある微生物が多数含まれていました。また、日本での報告事例が極めて少ない菌も含まれていました。
波及効果、今後の予定

本研究により、「失われつつある草原生態系の中に、地球規模の課題に立ち向かうための資源が眠っている」ことが示唆されました。地球温暖化によって気象イベントが過酷化し、新たな病害生物系統が世界中で発生しつつある現在、植物に共生する微生物叢の利用が注目を集めつつあります(*3)。また、多剤耐性菌が世界各地で現れ、「ありきたりな感染症で命を落とす時代」の到来が懸念される今、知られざる微生物たちが隠し持つ創薬リソースに再び注目が集まりつつあります。
植物種ごとにどのような微生物が共生しているのか、さらにデータを蓄積していけば、草原生態系という微生物資源の「銀行」の中から、必要に応じて機能性の高いものを引き出していくことができるでしょう。今回の「DNAメタバーコーディング」分析はまだ簡易分析の段階であり、サンプル数と分析するDNAデータの量を今後拡大していく予定です。また、黒川紘子 森林総合研究所主任研究員が中心となって、「どのような形質を持った植物にどのような微生物が多く共生するのか」を解明するためのデータベース構築が進められており、今後、植物の形質と微生物叢の関連性が明らかになってくると期待されます。
研究プロジェクトについて

JST さきがけ(代表:東樹宏和:2016/10~)
科学研究費 基盤B (17H03736)(黒川紘子:2017-2020)
筑波大学山岳科学センター機能強化推進費 (田中健太)

<研究者のコメント>
DNAメタバーコーディングという先端技術と、137種の植物を探してスコップをふるう泥臭いローテクの組合せが、この成果を可能にしました。炎天下の草原で行った調査は過酷を極め、実験室に戻ってからも3人で深夜までサンプルの処理を続けました。しかし、ふと草原を見渡すと、無数の植物種が花を咲かせ、蜂や蝶が飛び交い、時を忘れるような光景が拡がっていました。美しい草原生態系の中には、人類がまだほとんど何も知らない魅惑的な共生微生物叢の世界が存在します。そしてそこに、私たち人類の生存を支えていく可能性を秘めた未開拓の「資源」が眠っています。草原生態系の意義は多面的です。その多面的な価値を見つめつつ、どうしたら草原生態系が次世代の人類へと受け継がれていくのか、考えて行きたいと思います。

<関連する先行研究成果>
*1「植物と根に共生する真菌がつくりだす複雑な「ネットワーク」構造を解明」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/141001_3

*2「植物を支える「共生ネットワーク」は地上と地下で構造が違う ―見えてきた地下生物圏の構造―」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/151024_1.html

*3「コア共生微生物で持続可能な農業生態系を設計する ―微生物叢の機能を最大化する新たな科学的戦略を提案―」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180501_2.html

*4「日本列島の多様な菌から農業利用可能なものを選別 ―植物150種と真菌8080系統からなる巨大ネットワーク・データ―」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180623_1.html

*5「植物体内の共生菌社会を動かす中心核 ―農業における微生物利用の新たな戦略―」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160309_1.html

*6「あらゆる生物の名前をDNAに基づいて特定する「DNAバーコーディング」の理論的枠組みを確立」
http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131016_1.htm
論文タイトルと著者

タイトル:Factors influencing leaf- and root-associated communities of bacteria and fungi across 33 plant orders in a grassland(草原に出現する植物33目の葉と根に共生する微生物叢とその決定要因)

著者:Hirokazu Toju(東樹宏和)、Hiroko Kurokawa(黒川紘子)、Tanaka Kenta(田中健太)

掲載誌:Frontiers in Microbiology DOI:10.3389/fmicb.2019.00241


お問い合わせ先

東樹宏和(とうじゅ ひろかず)
京都大学生態学研究センター 准教授

黒川紘子(くろかわ ひろこ)
国立研究開発法人 森林研究・整備機構
森林総合研究所 森林植生研究領域 群落動態研究室 主任研究員

田中健太(たなか けんた)
筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所 准教授

<報道に関するお問い合わせ>
京都大学総務部広報課 国際広報室
TEL:075-753-5729 Fax:075-753-2094
E-mail:comms@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 企画部 広報普及科
TEL: 029-829-8372 Fax: 029-873-0844
E-mail:kouho@ffpri.affrc.go.jp

筑波大学広報室
TEL:029-853-2039
E-mail:kohositu@un.tsukuba.ac.jp



関連資料

    プレスリリース本文:草原植物が支える共生微生物の驚くべき多様性 ―草原生態系は微生物資源の「銀行」―(PDF:823KB)
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2019/20190220/documents/20190220press.pdf



お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp
 

杉「ミステリーサークル」にビックリ…伐採せず

 投稿者:  投稿日:2019年 2月18日(月)02時26分12秒 181.104.142.210.ap.mvno.net
  https://www.yomiuri.co.jp/science/20190216-OYT1T50284/
二つのミステリーサークルの正体は、飫肥杉おびすぎ――。宮崎県日南市の森林に広がる直径70メートルほどの幾何学模様は、同市一帯に分布する杉の成長や強度を調べるための試験林だ。

 宮崎南部森林管理署によると、飫肥杉は油分が多くて腐りにくいため、木造船などに使われていたが、繊維強化プラスチック(FRP)の普及によって需要が激減。住宅建材用に適した植栽密度と成長の関係を調べるため、1973年度に試験栽培が始まった。

 1周36本ずつ、中心に近づくにつれて植栽間隔を狭くして12周分植えた。その結果、外側の木は高さ約20メートルにまで成長し、中心部より約5メートル高かったという。

 同署の野辺忠司次長は、「樹高は植栽密度に影響されないという定説が覆された。ミステリーサークルのような形になっているとは驚きだ」。

 試験栽培は50年を迎える2023年度に終えて伐採する予定だった。だが、思いがけない現象と反響に、今後は観光資源としても活用していくという。
 

新聞はコトバだ 谷川俊太郎

 投稿者:  投稿日:2019年 1月31日(木)19時59分28秒 16.96.142.210.ap.mvno.net
  新聞はコトバだ 谷川俊太郎
 新聞はコトバだ

 まるごとコトバでできている
 コトバは万人のもの
 そしてあなた一人のもの

 新聞はコトバだ
 コトバは情報となり
 意見となり偏見となり
 まれに思想となり
 詩となることもないではない

 新聞はコトバだ
 活字がフォントが
 写真が画(え)がコミックスが
 無数の数字が意味を求めて
 今日から明日へとせめぎ合う

 新聞はコトバだ
 ぺらぺらの新聞紙ではない
 可燃でも不燃でもない
 変幻自在のコトバだから
 気づかずに人を欺く

 新聞はコトバだ
 現実事実のホントとウソが
 コトバでまじって
 よれてねじれて絡み合い
 玉虫色の迷子になる

 新聞はコトバだ
 だが誰のコトバか?
 もとは一人のコトバなのに
 いつの間にかみんなのコトバ
 無名のコトバ

 新聞はコトバだ
 敵のコトバも
 味方のコトバも
 市場で仲良く売買されて
 只(ただ)のコトバがタダでなくなる

 新聞はコトバだ
 愛を囁(ささや)けないコトバ
 瓦版の昔から
 泣かず笑わず声も立てずに
 真実に渇くコトバ

 新聞はコトバだ
 世界をコトバで摑(つか)もうとする
 時には疑いながら
 時にはコトバに命をかけて
 新聞は今日も沈黙しない


朝日とともに 谷川俊太郎

新聞はもうひとつの耳
海と砂漠とにへだてられた
遠い国にあがる叫びを
まるで私たち自身の苦しみのように
それは聞きとる

新聞はもうひとつの眼(め)
欲望のせめぎあう巷(ちまた)にかくされた
かずかずの人間の劇を
ときに笑いときに怒りときに涙し
それはみつめる

新聞はもうひとつの口
正義に名をかりた大声のかげの
しいたげられた者の沈黙を
無名のいのちの証言として
それは語る

新聞はもうひとつの宇宙
切り開かれたなまなましい歴史の傷口
朝な夕なの人人の歌と足音
食卓の上の未来の古文書
地球をまるごととらえようとする網

そして新聞はもうひとりのあなた
朝日とともにもたらされる未知の手紙
夕焼とともに打たれる一日への句読点
そこにあなたは読みとるのだ

明日を



谷川俊太郎さんが詩を寄稿 きょう朝日新聞140周年
2019年1月25日12時06分
https://www.asahi.com/articles/ASM1J5KGCM1JULZU00R.html
 朝日新聞は25日、創刊140周年を迎えました。この機会に、谷川俊太郎さんに詩「新聞はコトバだ」を書いていただきました。

谷川俊太郎さん、新聞を語る
 新聞はほぼ全部、コトバ、それも日本語でできている。それに気がついたから書けたのが今回の詩。片仮名の「コトバ」にしたのは漢字の「言葉」より広い意味を込めたかったから。漫画や写真も新聞には載っているけど、広義にはコトバかな、と。

 少しは新聞の悪口を言いたかったけど、朝日新聞に頼まれて書くわけだから、そんなに悪口は書けないでしょ。それで「気づかずに人を欺く」と書きました。実際、記者はまじめに正直に書いたんだけど、記事が虚偽になってしまうことはあると思う。

 元々「コトバ」は玉虫色の存在だから、「現実」や「事実」もコトバにした途端によく分からなくなってしまう面がある。世にフェイクニュースが流れ、人が信じてしまうのもコトバの力ゆえといえる。

 かつて「朝日とともに」という詩を書いたけど、いつのことか覚えていない。ただ当時は新聞に力があった。こう言ってしまうと悪いけど、最近は朝、新聞を読むのが楽しみではなくなった。新しい事件や新しい話題が載っていても、既視感があり、驚かなくなっちゃった。

 でも、これは朝日新聞が悪いというのとは違う。読む方の感性が鈍ったんだと思う。たとえば、テロで人が殺されたというニュースは過去のテロ事件と比べて、構造に新しさがない。その構造に迫るのは小説ならできるけど新聞では難しいでしょ。

 個人的に今、新聞で読みたいのは中国の話。中国ではぼくの詩集の翻訳が次々と刊行されていて、部数も多い。日本だったら一人の海外詩人の詩集が次々と翻訳されることはまずない。それから中国製のおもちゃのUFO型ドローンを最近、アマゾンで買ったけど、すごく優秀。壁や物を感知し、衝突しそうになると方向を変える。でも数千円。中国はすごいなと。一切の偏見なしに中国の今を伝える記事を読みたい。

 朝日新聞は哲学者だった父・徹三の頃からずっと購読しています。部数が減ったというけれど、それで「権威でござい!」という雰囲気がなくなるなら、良いこと。ぼくは元々、権威を意識しない人間だから、朝日新聞がすごいとか、岩波書店から本を出している「岩波文化人」がすごいとか思わないし、自分がそういうところに組み込まれることも避けてきましたね。

 新聞のコトバも変わってきた。たとえば「LGBT」というコトバが登場して「男と女」だけでなく「男と男」「女と女」など色んな形の愛を表現できるようになった。「LGBT」というコトバによって「愛」というコトバが少し広がったんですね。これはよいことだと思います。

 新聞は沈黙をせずに、発行を続けることが大事。戦時中は朝日新聞を含む新聞が軍部の発表を相対化したり検証したりできなかったけれど、抵抗すれば、つぶされていたでしょう。そこにコトバの限界はあるわけです。でも、沈黙するよりは書く方がよい。ぼくはそう思います。(談)


 たにかわ・しゅんたろう 1931年生まれ、詩人。52年の『二十億光年の孤独』以来、詩集多数。最近では詩集『空の青さをみつめていると』『朝のかたち』(いずれも角川文庫)が復刊された。絵本や作詞も手がける。
 

植物で土壌をきれいに ~ ヒ素を蓄積するしくみに光をあてる ~

 投稿者:  投稿日:2019年 1月31日(木)18時36分30秒 16.96.142.210.ap.mvno.net
  植物で土壌をきれいに
~ ヒ素を蓄積するしくみに光をあてる ~
https://www2.kek.jp/ja/newskek/2006/marapr/fern.html

2001年にシダの仲間のモエジマシダ(図1)が非常に高濃度のヒ素を蓄積することが発見され、大きな話題を呼びました。カドミウムと並ぶ代表的な有害重金属であるヒ素を除去する植物として、すでにアメリカの会社によって商品化もされています。


わたしたちの周りには、人間の健康を損ねる有害な化学物質が多くあります。このような有害物質が土に蓄積されたらどうでしょう。直接土に触れる危険性だけでなく、地下水にしみ出したり作物に取り込まれたりすることで、わたしたちの健康が危険にさらされます。40年ほど前に大きな社会問題となったイタイイタイ病は、鉱山からしみ出したカドミウムが水田を汚染し、そこでできた米を食べた人に深刻な障害を起こしました。こういった土の汚染、土壌汚染は、現在でも工場の跡地を再開発する場合などにたびたび問題となっています。今日のニュースは、重金属で汚染された土壌をきれいにする植物の話です。この植物が土の中の重金属を取り込むしくみが、フォトンファクトリーで植物を生きたまま測定することによってだんだんわかってきました。

重金属を蓄積する植物

植物は、土から水や栄養分を取り込んで育ちます。この性質を利用して、植物の体内に土の中の有害物質を取り込ませることによって汚染された土壌をきれいにする画期的な技術が注目されています。「ファイトレメディエーション」と呼ばれるこの技術は、植物をあらわすファイト(phyto)という接頭語とレメディエーション(remediation=修復)を組み合わせて名付けられました。植物を重金属で汚染された土壌で育て、地中の重金属を植物に取り込ませたあとに植物を刈り取り焼却すれば、土壌一面に広がっていた重金属をコンパクトに濃縮することができるので、処理が飛躍的に簡単になります。

ある種の植物は、重金属濃度が高い汚染された土壌でも生育し、体内に重金属を高濃度に蓄積することが古くから知られていました。このような植物はファイトレメディエーション実用化の有力な候補となりえます。2001年にシダの仲間のモエジマシダ(図1)が非常に高濃度のヒ素を蓄積することが発見され、大きな話題を呼びました。カドミウムと並ぶ代表的な有害重金属であるヒ素を除去する植物として、すでにアメリカの会社によって商品化もされています。

どうやってモエジマシダはヒ素を蓄積するのでしょうか? モエジマシダに取り込まれたヒ素はどのようなふるまいをするのでしょうか? これまでの研究で、モエジマシダに取り込まれたヒ素は、ほとんどが根ではなく地上部に存在することがわかりました。これは、ヒ素を蓄積したあとで刈り取るのに都合の良い性質です。また、モエジマシダに取り込まれたヒ素のふるまい、たとえばヒ素がシダの体内でどういう化学形態をとるかについても、最近活発に研究が行なわれています。しかし、これらの研究はほとんどが、シダを部分ごとに切り取り、化学的に分析したもので、ヒ素が植物のなかでどのように分布しているかを細かく知ることはできませんでした。もっと大きな問題は、分析を行なうために植物を切り取って乾燥させると、ヒ素が酸化され、化学形態が変わってしまうことです。

東京理科大学理学部の保倉明子(ほくら・あきこ)博士、中井泉(なかい・いずみ)教授らの研究グループでは、生きたままのモエジマシダの中のヒ素の分布や状態を、フォトンファクトリーの放射光X線で調べようと考えました。X線による分析は、試料にX線のビームをあて、その応答を検出することによって行なわれるので、化学的な分析のように試料をすりつぶしたり薬品に溶かしたりすることはありません。また、X線は透過力が強いので、植物を乾燥させたり真空中に入れることなく空気中で測定ができます。

マイクロビームでヒ素の分布をみる

放射光の特徴のひとつに、高輝度、つまり細く絞られた強い光という性質があります。さらにミラー(鏡)を使って光をうまく集めるとミクロンサイズの「マイクロビーム」をつくることができます。フォトンファクトリーのBL-4Aは、放射光マイクロビームX線を用いた分析用のビームラインです(図2)。このマイクロビームX線を試料にあてると、ビームのあたった部分に存在する元素に特有の波長の蛍光X線が放出されます。試料を動かしながらマイクロビームをあて、蛍光X線を測定すれば、試料の中に含まれる元素の分布がミクロン単位でわかるということになります。

保倉さんたちは、マイクロビームを使う前に、200ミクロン(0.2ミリ)角の少し大きめのビームで、ヒ素の含まれた土壌で栽培されたモエジマシダの羽片(葉)の広い面積での元素分布を調べました(図3)。植物の必須元素であるカリウムやカルシウムが羽片の全体あるいは中央部分に多く存在するのに対し、土壌から取り込まれたヒ素は羽片の周縁部に高濃度に存在することがわかりました。

そこで、5ミクロンのマイクロビームで羽片の周縁部を詳しく調べてみました。植物の細胞の大きさは普通20~200ミクロンなので、この方法では、個々の細胞の中の元素の分布まで見えていることになります。図1 (b) (c) に示すように、モエジマシダの羽片周縁部には、偽包膜に包まれた胞子嚢(ほうしのう)があり、この中に胞子を抱えています。図4を見ると、カリウムやカルシウムが胞子嚢に分布しているのに対し、ヒ素は胞子嚢にはほとんど存在せず、胞子嚢の基部に蓄積していることがわかりました。モエジマシダに蓄積されたヒ素は胞子によって環境にばらまかれる危険性が少ないと考えられ、このことからもモエジマシダがファイトレメディエーションに適した植物であることがわかります。

ヒ素の化学状態をみわける蛍光XAFS

次に、モエジマシダの中でヒ素がどのような化学状態にあるかを、蛍光XAFS(ザフス)法で調べました。XAFS法は、以前のニュース「リアルタイムでみる触媒反応」でも説明しましたが、試料に入射するX線のエネルギーを変えながらその応答を測定し、試料の化学的な状態や構造を求める方法です。試料によるX線の吸収を測定する場合は吸収XAFS、放出される蛍光X線を測定する場合は蛍光XAFSと呼びます。

蛍光XAFSはフォトンファクトリーのBL-12Cで測定しました。このビームラインではマイクロビームは使えませんが、ビームサイズが1ミリ程度なので、羽片の先端部や基部を分けて測定することが可能です。ヒ素の化学状態を正しく知るためには、シダを生きたままの状態で測定することが重要なので、測定はビームラインに鉢植えのシダを持ち込み、測定したい部分を試料ホルダーに固定して行ないました。図5はその測定の様子です。

図6が測定したスペクトルです。一番下に、標準物質である3価のヒ素と5価のヒ素のスペクトルを示してあります。3価のヒ素と5価のヒ素ではピークの位置が少しだけ違うのですが、放射光を用いた測定ではわずかなエネルギーの差を精度良く分離できるので、この2つの状態を明らかに区別することができます。シダを栽培した土壌ではヒ素は5価で存在していましたが、羽片や胞子嚢ではほとんどすべてのヒ素が3価として存在していて、土壌から取り込まれたヒ素がシダの中で3価へと還元されていることがわかりました。また、中軸部分では、3価と5価のヒ素が共存していることから、根においてヒ素がすべて3価へと還元されているわけではなく、地上部、特に中軸から羽片にかけて還元作用がはたらいていることがわかりました。

この研究は英国化学会(The Royal Society of Chemistry)刊行の学術雑誌 Journal of Analytical Atomic Spectrometryの2006年3月号に掲載されました。

植物を生きたまま分析できる放射光

ファイトレメディエーションは、低コストで環境にやさしい技術として今後ますます普及していくと考えられています。さまざまな有害物質の除去に実用的に使える植物を探したり、バイオエンジニアリングによりさらにすぐれた植物を作り出して行くときに、生きたまま重金属の分布や化学形態が測定できる放射光はとても有効な道具となるでしょう。News@KEKでは、さまざまな分野で活躍する放射光のニュースをこれからもお伝えしていきます。


※もっと詳しい情報をお知りになりたい方へ

→東京理科大学大学院理学研究科中井研究室のwebページ
  http://www.ch.kagu.sut.ac.jp/OK/nakai/indexj.html
→放射光科学研究施設(フォトンファクトリー)のwebページ
  http://pfwww.kek.jp/indexj.html
→フォトンファクトリーBL-4A(マイクロビーム)のwebページ
  http://pfwww.kek.jp/iida/index.html

→関連記事
  ・03/10/30
    リアルタイムでみる触媒反応 ~放射光を用いた時間分解XAFS~
  ・05/10/20
    新しくなったフォトンファクトリー
           ~リニューアルして運転を再開~
 

水道事業、種子法、北方領土……。安倍政権が進めた政策から見えてきたもの

 投稿者:  投稿日:2019年 1月29日(火)19時14分15秒 190.96.142.210.ap.mvno.net
  水道事業、種子法、北方領土……。安倍政権が進めた政策から見えてきたもの
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/水道事業、種子法、北方領土……%E3%80%82安倍政権が進めた政策から見えてきたもの/ar-BBSOInd?ocid=st#page=2

© FUSOSHA Publishing Inc. 提供 ハーバービジネスオンライン
 この30年にわたり、構造改革による国の解体を急激に進めてきた連中がいる。  彼らは政治に寄生する形で、自分達の利権を確保してきた。そして思考停止した社会の中で、複数の宗教団体や外国の力を利用しながら、日本を乗っ取ってしまった。反日勢力、売国勢力がいつも同じ衣装をまとっているわけではない。連中もそれほどバカではない。それに気づかないのがネトウヨや自称「保守」という情弱である。 ◆安倍政権がどうみても「売国」である理由

 すでにメッキの皮は剥がれているが、安倍晋三は保守ではなくて、構造改革論者のグローバリストである。2006年9月26日の第一次政権の総理就任演説では、小泉構造改革路線を「しっかり引き継ぎ」、「むしろ加速させる」と発言。  2013年7月には、シンガポールで「岩盤のように固まった規制を打ち破る」ために、自分は「ドリルの刃」になると述べ、「規制改革のショーケースとなる特区も、総理大臣である私自身が進み具合を監督する『国家戦略特区』として、強い政治力を用いて、進めます」と発言。  同年9月にはニューヨークのウォール街で、自分が規制緩和により、障壁を取り除くから、日本を買うなら今だと訴えた。  2014年1月の世界経済フォーラム年次会議(ダボス会議)では、徹底的に日本の権益を破壊すると宣言。電力市場の完全自由化、医療の産業化、コメの減反の廃止、法人税率の引き下げ、雇用市場の改革、外国人労働者の受け入れ、会社法の改正などを並べ立て、「そのとき社会はあたかもリセット・ボタンを押したようになって、日本の景色は一変するでしょう」と言い放った。  この“ファミコン脳”の言葉通り、戦後わが国が積み上げてきたものは、わずか6年で完全にリセットされた。左翼も麻原彰晃も、安倍の足下にも及ばなかった。仕舞いには安倍は「我が国がTPPを承認すれば、保護主義の蔓延を食い止める力になる」などと言いだした。   外国勢力が放送を乗っ取るようにお膳立てしたのも安倍だった。放送法4条の撤廃を目指した放送制度改革で、安倍は、外資が放送局の株式を20%以上保有することを制限する規定の撤廃を目論んでいた。水道事業を売り飛ばそうとしたり、種子法廃止を押し通したり。ロシアにカネを貢いだ上、北方領土の主権を棚上げ、日韓基本条約を蒸し返して韓国に10億円を横流しした。「移民政策はとらない」と大嘘をつきながら、国の形を完全に変えてしまう移民政策を推し進めた。結果、日本はすでに世界第4位の移民大国になっている。  安倍がやっていることは、一昔前の「保守論壇」が厳しく非難してきたものばかりだ。  その妥当性はともかく、村山談話・河野談話を踏襲し、 憲法九条第一、二項を残しながら、第三項を新たに設け、自衛隊の存在を明記するという意味不明の加憲論により、改憲派が積み上げてきた議論を全部ぶち壊した。さらには、震災の被災者の方々に寄り添う天皇陛下のものまねをして、茶化して見せた。  安倍は、ポツダム宣言を受諾した経緯も、立憲主義も、総理大臣の権限もまったく理解しないまま、「新しい国」をつくるという。そもそも、「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」などという「保守」がいるはずがない。安倍信者の中では国益や国辱にこだわる時代も過ぎ去ったのだろうか?  国会でも外交の場でも安倍は平気な顔で嘘をつく。漢字も読めなければ、政治の基本もわからない。自衛隊の日報隠蔽、裁量労働制のデータ捏造、森友事件における公文書改竄……。政策立案などに使われる「基幹統計」もデタラメだった。 「消費や人口、学校など、いずれも私たちの生活と密接に関わる56の『基幹統計』のうち点検の結果、約4割にあたる22で間違いがあった」(「ロイター」1月25日)。  財務大臣の麻生太郎は「日本という国の信頼が、そういった小さなところから崩れていくのは避けなければいかん」と言っていたが、なにが「小さなところ」なのか?  要するに、国家の根幹がデタラメなのである。 ◆安倍信者のメンタリティー

 状況を嘆いているだけでは仕方ないので、なぜこのような政権が続いているのかについて述べておく。  一つは現実を見たくない人が多いからだろう。「日本を破壊したい」という悪意をもって安倍政権を支持している人間はごく一部であり、ほとんどは無知で愚鈍だから支持している。左翼が誤解しているように安倍を支持しているのは右翼でも「保守」でもない。そもそも右翼が4割もいるわけがない。安倍を支持しているのは思考停止した大衆である。  大事なことは、安倍にすら悪意がないことだ。安倍には記憶力もモラルもない。善悪の区別がつかない人間に悪意は発生しない。歴史を知らないから戦前に回帰しようもない。恥を知らない。言っていることは支離滅裂だが、整合性がないことは気にならない。中心は空っぽ。そこが安倍の最大の強さだろう。たこ八郎のノーガード戦法みたいなものだ。そして、中身がない人間は担がれやすい。  ナチスにも一貫したイデオロギーはなかった。情報機関は常に攻撃の対象を用意し、社会に鬱積する不満やルサンチマンをコントロールする。大衆と権力機構の直結。20世紀以降の「悪」は純粋な大衆運動として発生する。  空気を醸成するためのテンプレートはあらかじめ用意される。「安倍さん以外に誰がいるのか」「野党よりはマシ」「批判するなら対案を示せ」「上から目線だ」。ネトウヨがこれに飛びつき拡散させる。ちなみにネトウヨは「右翼」ではない。単に日々の生活の不満を解消するために、あらかじめ用意された「敵」を叩くことで充足している情報弱者にすぎない。  安倍政権が引き起こした一連の惨状を、日本特有の政治の脆弱性の問題と捉えるか、近代大衆社会が必然的に行き着く崩壊への過程と捉えるかは重要だが、私が見る限りその両方だと思う。前者は戦前戦中戦後を貫く日本人の「改革幻想」や選挙制度についての議論で説明できるし、後者は国際社会が近代の建前を放棄し、露骨な生存競争に突入したことで理解できる。  いずれにせよ、こうした中で、わが国は食いものにされている。  対米、対ロシア、対韓国、対中国、対北朝鮮……。すべて外交で失敗しているのに、安倍信者の脳内では「外交の安倍」ということになっているらしい。たしかに海外では安倍の評価は高い。当たり前だ。安倍の存在によって利益を得ている国がケチをつけるわけがない。プーチンにとってもトランプにとっても、北朝鮮にとっても中国にとっても、安倍政権が続いていたほうが都合がいいのだ。  結局、負けたのはわれわれ日本人である。  北海道のある大学教授が「このままでは国は滅びる」と言っていたが、状況認識が甘い。日本はすでに滅びているのだ。これから日本人は、不道徳な政権を放置してきたツケを払うことになるだろう。 <文/適菜収> てきなおさむ●1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。大衆社会論から政治論まで幅広く執筆活動を展開。近著に『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか』(講談社+α新書)他、『日本をダメにしたB層の研究』『日本を救うC層の研究』(ともに講談社)『バカを治す』(フォレスト出版)など多数。山崎行太郎氏との対談本に『エセ保守が日本を滅ぼす』(K&Kプレス)も好評発売中
 

狂牛病の次は「狂鹿病」です

 投稿者:  投稿日:2019年 1月22日(火)23時58分40秒 100.99.142.210.ap.mvno.net
  狂牛病の次は「狂鹿病」です
松井博
https://note.mu/matsuhiro/n/nc7343cb97f07

アメリカに住んだことがある人なら実感があると思うのですが、アメリカやカナダには途方もない数の鹿が住んでいます。正確な統計はないのですが、アメリカ国内だけでも、およそ3000万等の鹿が生息していると言われています。時折道路に飛び出してきて車に轢かれたりして、とってもかわいそうなことになっています。道端にも「鹿に注意」の標識があったりします。

さてこの鹿の数、乱獲などによりずいぶん減ってしまった時期もあったのですが、今ではハンティングシーズンが厳密に定められたことや、狼のような天敵がいないくなったことにより、再び数を増やしたのです。今では増えすぎて困っている州も少なくないくらいです。そこで狩猟シーズンになると許規定数が定められ、ハンターたちが鹿を仕留めていきます。こうして鹿の数がコントロールされているわけです。仕留めた鹿の肉を食べるハンターも少なくありません。また、こうしたハンターを通じて鹿肉の売り買いなどもなされています。

ところがこの鹿たちの生態に、今とんでもない異変が起きています。

CWDという新種の病気
実は現在、狂牛病ならぬ「狂鹿病」が、恐ろしい勢いで広まりつつあるのです。
この狂鹿病、慢性消耗病(chronic wasting disease: 以後CWD)と名付けられています。かつて世間を騒がせた狂牛病と同じ原因の病気です。プリオンと呼ばれるタンパク質によって脳がスポンジ状になることにより引き起こされます。

この病気に感染した鹿には、目がうつろになり、よだれが大量に出て、同じところを繰り返し歩行するといった症状が現れます。また体重が著しく減少し、肋骨が浮き上がります。致死率は100%です。

狂牛病があまり人間に大きな被害を及ぼさなかったので、狂鹿病と言われてもあまりピンとこない人も多いのではないかと思いますが、これはどうやら、狂牛病よりもずっと大きな脅威となりそうな予感なのです。順を追って説明しましょう。

治療方法がない
まずこのCWD、狂牛病と同様に治療法がありません。原因が細菌やウイルスではないため、抗生物質などで治療することもできないのです。現在、米国の研究機関でこのプリオンを破壊する薬の開発が進められていますが、これといった成果は上がっていません。少なくとも現時点では、有効な治療薬やワクチンは一切存在しません。

感染力が強い
狂牛病は牛から牛への水平感染が見られませんでしたが、CWDは鹿から鹿へと感染することが確認されています。それどころか、ネズミにも感染しますし、猿のような霊長類にさえ感染します。猿に感染するのですから、人間に感染する病気である可能性は極めて高いといっていいでしょう。人間に見られる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)は狂牛病からの感染が疑われていますから、鹿の病気だと高を括っている訳にも行かないのです。

なお、食用の牛は基本的に全てに人間に飼われているため、全固体を検査して感染している牛を全て処分するといったことが可能でしたが、野生の鹿では検査の手段さえないわけです。なので、現時点ては手をこまねいて病気が広まるのを眺めているしかないありません。

感染ルート
ではどのようなルートで感染するかというと、糞尿や唾液を介してです。感染した鹿から排出される唾液や糞尿にプリオンが含まれており、これが土壌にを介して植物に取り込まれます。また、唾液がかかった植物を、別の鹿が食するといったケースもあるでしょう。この病気にかかった鹿は末期になるとよだれを垂れ流して歩き回るので、まさしくプリオンを振りまいているようなものなのです。

長く生息する原因タンパク質
その上、このプリオン、滅多なことでは死なないのです。熱にも非常に強く、調理したくらいではその構成が壊れません。プリオンが自然の中で分解されるには、3~5年ほどかかるとも言われています。つまりその間ずっと、他の動物が感染のリスクに晒されるのです。上でも述べた通り、CWDがネズミにも感染し得ることが実験で確認されています。すると、感染した鹿の糞尿や唾液によって汚染された植物を食べたネズミがさらに子供を産み、感染を止めどもなく広めていくといったことも予想されるわけです。

潜伏期間が長い
またさらに都合の悪いことに、この病気は潜伏期間が極めて長いのです。実験的に感染させた鹿では症状が現れるのになんと16~17ヶ月もかかることが確認されています。そしてその間、この鹿たちは広範囲を歩き回り、あちこちに唾液や糞尿を撒き散らすというわけです。

すでに広く広まっている
そしてこの病気、すでに広く広まっています。こちら、米国内での感染マップですが、ここ18年間で爆発的に広まっている様子がわかります。



また、すでにこの病気、すでに海外にも飛び火しています。2016年にはノルウェイでCWDに感染したトナカイが発見され、ノルウェイ政府はこれを根絶すべく、感染したトナカイが見つかったエリア一帯のトナカイ2000頭以上以上を殺傷処分しました。そしてこのエリアを5年間閉鎖することと決めたのです。

またカナダから韓国に輸出されたヘラジカからもCWDが検出されており、この病気は予想以上の広範囲で広まっているようなのです。

次なる手立ては?
では、この病気の更なる拡散を防ぐ手立てはあるのでしょうか?
実は2003年にアメリカでもウィスコンシン州で、鹿の生息エリア間にバッファーゾーンを設けて、その間を行き来する鹿を殺処分するという策が取られたことがあります。しかし、この病気に対する理解が少ない人々が非道であると声を上げたため、結局中途半端に終わってしまいました。そしてその結果が、この2018年の広がりなのです。

この病気のさらなる拡散を防ぐには、ノルウェイがやったような方式しか有効な手立てがないのかもしれません。ただ、一時期に数千~何万頭もの鹿を根絶やしにするというアイデアには、到底賛成できない人たちもたくさんいるわけです。そのため、この問題はすでに政治化しています。

政治的解決が必要です
結局これ、地球温暖化と同じことなんですね。みんながハッピーになる解決策はありません。そうして揉めているうちに、ただひたすら病気が広まっていくのです。だからこそこの問題に対処するには、政治的な解決が絶対に必要なのです。




日本もこれを対岸の火事だと決め込んでいると、他の動物を介して世界的に広まっていく可能性は少なくないと思います。このCWD、本当に厄介な病気です。アメリカでもようやく2018年になって世間に認知されるようになってきた段階で、まだまだ知らない人の方が多いような状況ですが、日本も危機感を持って対策を考えた方が良いように思います。

なおこの病気、一番最初の発生は1960年代後半にまで遡ります。米国コロラド州の養鹿場で発見されたのを皮切りに、コロラド、モンタナ、ネブラスカ、オクラホマ、サウスダコタなどの養鹿場で相次いで発見されていったのです。またカナダの養鹿場でも何例か見つかっています。そしてこれらの養鹿場では、牛の時と同じように骨粉粉が飼育に使われていたんですね。要するに鹿に鹿の肉を食わせていたんです。結局、狂牛病の時と同じ原因なんですね。

さて現時点でこのCWDに関する日本語で読めるもっとも詳しい資料は内閣府の食料安全委員会がまとめた、こちらの資料です。日本ではまだまだ知られていませんが、この記事は少しでも啓蒙の機会になればいいな、と思っています。「狂鹿病」などでググると山ほど情報が出てきますので、ぜひ読んでみてください。
 

ペット動物がSFTSを媒介!?

 投稿者:  投稿日:2019年 1月14日(月)23時01分11秒 65.92.142.210.ap.mvno.net
  ペット動物がSFTSを媒介!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010007-wordleaf-sctch&p=4
 そして、SFTS感染リスクをもっとも深刻にする要因がペット動物になります。国立感染症研究所の調査によれば、西日本を中心に各地の飼育犬でSFTSV抗体保有個体が確認されており、さらに山口県の飼育犬における疫学調査研究では、136頭の検体中5頭(3.7%)にSFTSV抗体保有が確認され、さらに別の2頭(1.5%)の血液からはSFTSウイルス遺伝子が検出されました。しかもこれらの検体はいずれも全く症状が出ておらず、健康状態には問題がありませんでした。このことは、イヌの体内でウイルスが存在し続けていたことを意味しており、感染したイヌと濃厚接触をすることで、イヌから人へSFTSが感染するリスクを強く示唆するものでした。

 このイヌから人への感染が起これば、SFTSウイルスは従来のダニ媒介性感染症とは決定的にリスクのレベルが異なる病原体となります。つまり「ダニという動物に噛まれない限り感染しない」病気ではなく、「感染した動物からも感染し得る」病気、すなわちSFTSは「人獣共通感染症」という、狂犬病などと同じカテゴリーに属する危険な感染症となるのです。

 そして、実際にその恐れは2017年に一気に現実味を帯びることとなりました。同年10月に厚生労働省が、徳島県において病気で弱った飼い犬を介護していた40代男性の飼い主がSFTSを発症したとして調べた結果、イヌからもSFTSウイルスが検出され、状況からみてイヌから人に粘膜を介してSFTSが感染したものと判断される、との報道発表を行いました。幸いにして、このイヌと飼い主はその後回復したとのことでしたが、このニュースは関係者の間に大きな衝撃をもたらしました。「イヌも人間と同様にSFTSを発症する」=「ウイルスがイヌ体内でブーストするリスク」および「イヌから人へ感染するリスク」が示唆されたのです。

 イヌでの感染実態については中国においても同様の調査結果が示されていましたが、興味深いことに、ネコに対する調査では、一切、抗体保有個体が検出されなかったということで、ネコはもともとマダニには噛まれにくい動物なのではないかという推測もされていました。

 ところが、この推測もまた2017年に覆されました。同年6月に山口県においてSFTSを発症したネコが確認され、「ネコも人と同様にSFTSに感染して発症する」ことが明らかになりました。そして同年7月に、厚生労働省から、野良猫にかまれた50代の女性がSFTSを発症し10日後に死亡していた、と発表されたことで「SFTSはネコからも人に感染し得る」ことも明らかになりました。また同じ年の8月には、広島県安佐動物公園で飼育されていたチーター2匹が相次いでSFTSで死亡したことが報告され、ネコ科動物がSFTSウイルスに対して高感受性であることが強く示唆されました。

 さらに昨年2018年8月には宮崎県において、SFTSに感染したネコを診察した獣医師および看護師がSFTSに感染した事例が報告され、飼育動物を介したSFTS感染リスクの現実性は決定的なものとなりました。

マダニに咬まれて人が死ぬ!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010007-wordleaf-sctch
 近年、ダニに噛まれた人が病気になって死に至る、というニュースが話題になっています。その病気とは「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と言われるウィルス感染症で、吸血性のダニであるマダニが媒介します。この病気は、2009年に、中国中央部で原因不明の発熱症が集団発生したことから調査が進められ、2011年に病原体ウィルスが特定された、新興感染症です。

 

『文化のなかの野性―芸術人類学講義』中島 智【店主の好きな本1000冊売ろうキャンペーン・百瀬雄太編】

 投稿者:  投稿日:2019年 1月13日(日)16時12分20秒 p7902a81e.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
編集済
  『文化のなかの野性―芸術人類学講義』中島 智【店主の好きな本1000冊売ろうキャンペーン・百瀬雄太編】
¥ 3,780

https://niwabunko.thebase.in/items/16314747

「私は、意図的な「作品」制作をやめることで、人間の内なる自然(野性)から生じる「リアル」を受け入れる作法として、不可避に、〈絶対性〉や〈忘却〉や〈陶酔〉に心身を委ねることになった経緯や、その効果についてあれこれと述べて参りましたが、それは私自身に常に次なるステージが胎動し続けていることを教えるものでした。アーティストにとって、その歩みを妨げるような言葉の固定力で「悟る」ことほど、愚かしいことはありません。中途半端な専門家も、中途半端な素人も、この過ちを犯しやすいものです。?
?
言ってみれば、私が皆さんにお伝えしたいのは、常に「本物の素人」であり続けてもらいたいということだけなのです。」中島智
 

鳥の「文法」能力をヒト以外で初めて実証

 投稿者:  投稿日:2019年 1月11日(金)18時56分16秒 KD106128000242.au-net.ne.jp
編集済
  鳥の「文法」能力をヒト以外で初めて実証
https://twitter.com/podoron/status/891179204884168706
シジュウカラは、「文法」的に正しければ、二言語を混ぜた(他の種の鳴声と混ぜた)“初めて聞く文章”でも、文法構造を認識し、文意を理解出来るという研究結果。
以下、内容抜粋&言語学的な余談を。1/

シジュウカラの鳴声には決まった語順があり、「警戒→集合」(ピーツピ・ヂヂヂヂ)を前後入れ替えた音声には反応しない。また、シジュウカラはコガラと共に群れをなしその鳴声の意味を理解し反応するので、コガラの集合音(ディーディー)はシジュウカラの集合音(ヂヂヂヂ)と同義語と言える。 2/

そこで、シジュウカラの「文法」に則った二言語の合成文(ピーツピ・ディーディー)を作成し、野生のシジュウカラに聞かせたところ、正しく反応(警戒→集合)した。 また、「文法」規則に反した、語順を逆転させた合成文(ディーディー・ピーツピ)には反応しなかった。3/

動物のコミュニケーションは、「各種音声⇒決まった反応」のような単純なもの考えられてきたが、単語を組み合わせて文を作るだけでなく、ヒトの様に「文法」能力を用いて初めて聞いた文章を理解できる事を実証した、という研究結果。 この、「初めて聞いた文章を理解する」能力に関しては、 4/

人間の幼児が、初めて聞く文章を理解し、聞いたことのない文章を発する事から、「普遍文法」が生得的に脳にインプットされているのでは?なんて話にもつながるんですが、 今週の #夏休み子ども科学電話相談 に出てきたヨウムのアレックスの様に、ヒトの言葉の意味まで理解しているとの 5/

研究結果が出た鳥(個体)もいるので、「文法」能力がある事自体は個人的にはそこまで驚きじゃなかった。 しかし、プレスリリースで「ルー?柴さんの話し?(ルー語)」と表現されている、“二言語を混ぜた文章”を理解出来るのは面白い! 言語学では「コードスイッチング」と呼ぶんですが、6/

世間一般のイメージに反して、バイリンガルがよくやる二言語を混ぜた話し方「コードスイッチング」は、きちんとした法則が存在し、両言語の文法を理解しているからこそ可能、 各言語の能力が低いからやるとは限らず、むしろ両言語の能力が高いほどその頻度も上がるという研究結果も出ている。7/

「文法」能力があるからこそ可能な訳だけど、鳥でもコードスイッチングを理解できる、“バイリンガルならではの能力”を発揮するというのが第二言語習得研究クラスタとしてはすんごく興味深い。 オウムの鳴声の解読が進んだら、「人の言語/オウムの鳴声」のコードスイッチング実験も可能かも?!8/

コードスイッチングの言語能力と頻度の関係は、もう約40年前の古典ですが、例えばこちらの論文。 http://www.sociolinguistics.uottawa.ca/shanapoplack/pubs/articles/Poplack1980Sometimes.pdf
ただし、基本は場・相手などTPOに合わせて行われるので、“両言語能力が高いと「常に/必ず」頻度が上がる”というものではありません。 9/




文法を操るシジュウカラは初めて聞いた文章も正しく理解できる
https://research-er.jp/articles/view/61085
概要

鈴?俊貴(すずき・としたか) ?態学研究センター研究員の率いる研究グループは、シジュウカラが?法のルールを当てはめることで、初めて聞いた?章(鳴き声の組み合わせ)であっても正しく理解できることを明らかにしました。

シジュウカラは、異なる意味を持つ鳴き声(単語)を?法に従って組み合わせ、?章をつくることが知られるヒト以外で唯?の動物です。本研究では、同種・他種の鳴き声から合成した??的な?列を聞かせることで、シジュウカラが初めて聞いた?章であっても?法構造を正しく認識し、単語から派?する?意を理解する能?をもつことを明らかにしました。ヒトは?法を?いて新しい?章や多?語が混在した?章からでも意味を理解することができますが、この能?がヒト以外の動物において確認されたのは今回が初めてです。本成果は、?法能?の柔軟性を動物において初めて明らかにしただけでなく、私たちの?語がどのようにして進化したのか解き明かす上でも重要な発?です。

論?は 2017 年7?28?(?本時間)、Current Biology にオンライン掲載されました。

1.背景

ヒトは初めて読んだり聞いたりした?章であっても、それが?法的に正しいかどうか瞬時に判断し、意味を理解することができます。この能?により、私たちは限られた単語から様々な?章をつくりだし、情報をやりとりできるのです。近年、?部の霊?類や?類においても、異なる種類の鳴き声を組み合わせ、より複雑な?列を発する種が報告され始めています。しかしながら、初めて聞いた?列の?法構造を識別したり、その情報を読み解いたりする?度なコミュニケーション能?は、ヒト以外の動物では確認されていませんでした。

本研究グループはこれまでに、シジュウカラが異なる意味を持つ鳴き声(単語)を?定の?法ルールに従って組み合わせ、複雑なメッセージ(?)をつくってコミュニケーションしていることを明らかにしてきました。

シジュウカラは仲間とともにタカやモズなどの捕?者を追い払う際、警戒を促す?声(ピーツピ)と仲間を集める?声(ヂヂヂヂ)を決まった語順(ピーツピ・ヂヂヂヂ)に組み合わせます。この?列を聞くと、シジュウカラは警戒しながら?源に接近しますが、語順を逆転させた合成?(ヂヂヂヂ・ピーツピ)にはこれらの反応を?しません。この成果は異なる単語を組み合わせて?をつくる能?をヒト以外の動物において初めて確認した発?となり、国内外のメディアからも?きな注?を集めました。

上記の研究は、シジュウカラが「警戒」を促す鳴き声を先に発し、「集合」を意味する鳴き声をそれに続けるという?法ルール(警戒→集合)の存在を?しています。しかし、このルールが、私たちの?法能?のように、新しい?章を理解する上でも適?できるものなのか明らかではありませんでした。そこで、本研究ではシジュウカラがこの?法のルールを当てはめることで、初めて聞いた単語の組み合わせ(?)からも正しく意味を理解できるかどうか、?声をスピーカーから再?して反応を調べることで検証しました。


2.研究?法・成果

シジュウカラは秋から冬にかけて、他種の?類とともに群れをなして?活します。調査地である?野県軽井沢町ではコガラとともに群れをなし、そのなかでコガラの様々な鳴き声の意味を理解します。コガラは、群れの結束を保つために「ディーディー」と聞こえる鳴き声を発して仲間を呼びますが、シジュウカラもこの鳴き声に反応して集合します。つまり、シジュウカラにとって、コガラの集合の?声(ディーディー)は、仲間のシジュウカラが発する集合の声(ヂヂヂヂ)と同義語といえます。そこで本研究では、シジュウカラの警戒声(ピーツピ)とコガラの集合声(ディーディー)から新しい?章を合成し、シジュウカラがこの合成?から正しく意味を読み解けるかどうか実験しました。例えるならば、ルー?柴さんの話し?(ルー語)のように、?本語の?章の?部を英単語と?れ替え、聞かせたわけです。「警戒→集合」の?法ルールにしたがった?列(ピーツピ・ディーディー)とそれに反した?列(ディーディー・ピーツピ)をそれぞれ作成し、野?のシジュウカラ(56 ?)に対して再?し反応を調べました。各実験では 90 秒間、?然な頻度(20 声/分)で繰り返し?声を再?しました。 シジュウカラは、同種の警戒声と他種の集合声が?法的に正しく並んだ場合(ピーツピ・ディーディー)、周囲を警戒しながら?源に接近することがわかりました。この反応は、同種の鳴き声のみからなる同義の?列(ピーツピ・ヂヂヂヂ)を聞いたときと同じ反応です。この結果は、シジュウカラが同種の警戒声と他種の集合声からなる合成?から、警戒と集合の両?の意味を同時に読み解いたことを?しています。??、語順を逆転させた?列(ディーディー・ピーツピ)に対しては、警戒反応も?源への接近もほとんどみられませんでした。つまり、シジュウカラは、初めて聞いた単語の組み合わせ(?章)に対して、「警戒→集合」という?法のルールを当てはめることで、正しく情報を解読できることがわかりました。

 

Stick and Leaf Insects(ナナフシ)の産卵技術進化

 投稿者:  投稿日:2018年12月19日(水)23時42分36秒 KD106128009151.au-net.ne.jp
  Stick and Leaf Insects(ナナフシ)の産卵技術進化
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fevo.2018.00216/full
ナナフシには枝に擬態するのと葉に擬態するのがいるけど、卵の擬態に注目して分類研究を行なっている

卵の形状(おそらく貼り付ける葉っぱの裏とか木の表面とか全部意味がある)のバリエーションもいいけど、系統樹がなんとなく絵になってる感
 

ヤドリギの魅力 ――気になりだしたら止まらない!

 投稿者:  投稿日:2018年12月19日(水)23時39分8秒 KD106128009151.au-net.ne.jp
  ヤドリギの魅力 ――気になりだしたら止まらない!
https://buna.info/article/1996/?fbclid=IwAR3Qf--5UQoxwmMQnQpx6TWeHv1Fqqpka4guEURoI0La6H1kB5Puy2OMVvs
 

/133