<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


斑入りホースラディッシュ

 投稿者:  投稿日:2021年 4月11日(日)22時03分2秒 103.140.113.232
  Armoracia rusticana 'Variegata'
https://shop.sarastro-stauden.com/products/getProduct/33/rusticana

https://www.agefotostock.com/age/en/details-photo/variegated-armoracia-rusticana-horseradish/GWG-RNE1553

https://davesgarden.com/guides/pf/showimage/175798/#b

http://www.imageria.com/image.php?img=045087
 

Developmental stochasticity and variation in oral phyllotax

 投稿者:  投稿日:2021年 4月10日(土)00時30分55秒 KD106133048063.au-net.ne.jp
  日本植物学会@BSJ_pr
https://twitter.com/BSJ_pr/status/1380411587840798721

花器官配置のばらつきとその発生起源 一部の系統に見られる花器官配置の不安定性に注目して、発生過程における確率性と不規則性が多様性の理解につながる可能性を議論する総説です。
https://link.springer.com/article/10.1007/s10265-021-01283-7

Developmental stochasticity and variation in  oral phyllotaxis
https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s10265-021-01283-7.pdf
 

隣接する植物による被陰は、林縁の草本植物への訪花と繁殖成功を低下させる

 投稿者:  投稿日:2021年 4月 6日(火)21時13分7秒 103.140.113.233
  Naoyuki NAKAHAMA@naoyukinkhm
https://twitter.com/naoyukinkhm/status/1379398959655919618
隣接する植物による被陰は、林縁の草本植物への訪花と繁殖成功を低下させる。Ushimaru et al. 2021(英語論文)https://doi.org/10.1111/plb.13267
ホタルカズラを用いた実証研究ですね。

Covering and shading by neighbouring plants diminish pollinator visits to and reproductive success of a forest edge‐specialist dwarf species

Abstract
The pollination and reproductive success of flowering plants can be negatively influenced by neighbouring heterospecific plants in various ways, such as resource competition and reproductive interference. We hypothesised that covering, along with shading, by neighbouring plants may reduce pollinator visits to and reproductive success of plants by reducing floral attractiveness and pollinator activity and by interrupting flower access, respectively.
To test this hypothesis, we examined whether shaded and covered flowers suffered from pollinator limitation and low reproductive success in a population of the dwarf herb Lithospermum zollingeri, which co‐exists with woody and herbaceous plants in anthropogenically maintained forest‐edge meadows. Here, shaded and covered flowers were defined as those under the shade of the woods and those whose front portion was covered by any vegetative part of neighbouring plants, respectively.
The shaded and covered flowers were visited by significantly fewer pollinators than sunlit and open flowers in the field. However, three major pollinator species responded differently to shading and covering. Significant pollen limitation reduced seed set in covered flowers, and shaded flowers produced fewer seeds. Pollen removal from the anthers was not influenced by shading or covering.
Our study demonstrates the negative effects of covering on pollinator visits and seed production. It also elucidates the negative effects of shading on reproductive success in L. zollingeri, which depends on managed semi‐natural conditions. Management abandonment, which has increased shaded and covered conditions in artificial forest‐edge meadows and open forest floors, might promote a rapid reduction in the population of such dwarf plants.

顕花植物の受粉
や繁殖の成功は、近隣の異種植物によって資源の競合や繁殖の妨害など、さまざまな形で悪影響を受ける可能性がある。本研究では,隣接する植物を陰影とともに覆うことで、花の魅力と花粉交配者の活動を低下させ,花へのアクセスを阻害することで,植物への送粉者の訪問や繁殖の成功を減少させるという仮説を立てた。
この仮説を検証するために、人為的に維持された森林の端の牧草地で木本植物や草本植物と共存する矮性草本Lithospermum zollingeriの集団において,陰になった花と覆われた花が受粉媒介者の制限を受け,繁殖成功率が低下するかどうかを調べた。ここで,木陰の花と覆われた花とは,それぞれ森の陰になっている花と,前部が隣の植物の生長部分で覆われている花と定義した。
日陰の花と覆われた花は、日向の花や開放された花に比べて、フィールドに訪れる花粉媒介者の数が有意に少なかった。しかし、3つの主要な送粉者種は、遮光と被覆に対して異なった反応を示した。
覆われた花では、花粉の制限により種子の生産が減少し、遮光された花では種子の生産が減少した。葯からの花粉の除去は、遮光や被覆の影響を受けなかった。
私たちの研究は、花粉交配者の訪問と種子生産に対する被覆の悪影響を示しています。また、管理された半自然状態に依存しているL. zollingeriの繁殖成功に対する遮光の悪影響も明らかになった。管理放棄により、人工的な森の端の草地や開けた林床で日陰や覆いのある状態が増えると、このような矮小植物の人口が急速に減少する可能性がある。
 

『没後70年 吉田博』展 3/28(日)まで

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 4日(木)17時03分57秒 103.140.113.228
  『没後70年 吉田博』展
東京都美術館にて3/28(日)まで開催中。
東京会場は事前予約不要
https://yoshida-exhn.jp
 

桃夭

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 2日(火)16時33分23秒 103.140.113.228
  『桃夭』(詩経)

桃之夭夭 瑞々しい桃よ
灼灼其華 その花は輝き
之子于帰 娘は嫁に行く
宜其室家 婚家で 宜しき

桃之夭夭 瑞々しい桃よ
有蕡其実 その実はふっくら
之子于帰
宜其家室

桃之夭夭
其葉蓁蓁 その葉繁り
之子于帰
宜其家人

詩經.桃夭
作曲者:林洋 Yang Lin
演唱者:陳俐伶 Naomee Chen
二胡演奏:曾宜臻
?音:1998/4/7
歌詞:桃夭 (詩經.周南)
https://www.youtube.com/watch?v=kGx4fDuEzrA

李雨 Rain Lee《桃夭 Marry Off》Official Audio
https://www.youtube.com/watch?v=lVP4UrxB6aI

 

日本全国の土壌図をモバイル端末で閲覧できる無料アプリ

 投稿者:  投稿日:2021年 2月18日(木)12時41分41秒 168.140.5.103.wi-fi.wi2.ne.jp
  農研機構 農業環境変動研究センター@niaes
https://twitter.com/niaes/status/1362235027342303232
e-土壌図II (e-SoilMap II)
https://naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/niaes/075681.html

日本全国の土壌図をモバイル端末(iOS版/Android版)で閲覧できる無料アプリを公開。あなたがいま立っている場所の土壌の種類がわかります。
 

Australian Plants Grow In The Crevices Of Living Sculptures

 投稿者:  投稿日:2021年 2月16日(火)03時23分29秒 103.140.113.243
  Architecture Hub@architecturehub
https://twitter.com/architecturehub/status/1351465677920620550
Australian Plants Grow In The Crevices Of Living Sculptures

Australian Plants Grow In The Crevices Of Living Sculptures
https://themindcircle.com/australian-plants-grow-in-the-crevices-of-living-sculptures/
 

ラクトフェリンは冬の感染性胃腸炎の主要な病原体であるノロウイルスに対して抗ウイルス作用を示す

 投稿者:  投稿日:2021年 2月12日(金)19時22分39秒 103.140.113.226
  ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制することを確認 ―松本市、森永乳業との産官学連携での取り組み成果―
https://research-er.jp/articles/view/96513

【研究成果のポイント】
ラクトフェリンの摂取が冬の急性胃腸症状を抑制することを成人で確認した、初めての研究です。

【概要】
信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室の野見山哲生教授の研究グループは、松本市、森永乳業との産官学連携で、ラクトフェリン配合錠菓の摂取が保育園、幼稚園職員の冬の急性胃腸症状に与える影響を調査しました。その結果、ラクトフェリンを 1 日 200 mg または 600 mg 摂取することで、急性胃腸症状の有症率が有意に低下することを確認しました。

本研究結果は 2020 年 12 月 21 日に International Journal of Environmental Research and Public Health 誌に掲載されました 1)。

【背景】
ラクトフェリンは、ヒトなどの哺乳類の乳汁や唾液に含まれるタンパク質で、加熱殺菌前の牛乳にも微量含まれ、抗菌、抗ウイルス、免疫調節作用を示すことが知られています。これまでの基礎研究から、ラクトフェリンは冬の感染性胃腸炎の主要な病原体であるノロウイルスに対して抗ウイルス作用を示すことが報告されています。保育園や幼稚園は免疫機能が未発達な子供が集団生活をしているため、感染症が蔓延しやすい環境にあり、子供と接する職員もまた高いリスクに晒されています。今回、松本地域の保育園、幼稚園の職員を対象として、ラクトフェリンの摂取が冬の急性胃腸症状を抑制するか検討する臨床試験を実施しました。

【研究手法・成果】
ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験で、松本地域 56 の保育園、幼稚園職員 346 名を無作為に 3 群に分け、プラセボ、ラクトフェリン 200mg/日、600 mg/日のいずれかを冬の間の 12 週間摂取してもらい、摂取期間中の急性胃腸症状の有症率を調査しました。その結果、急性胃腸症状の有症率は、200 mg 群、600 mg 群でプラセボ群と比較して有意に低下しました(図)。


図 急性胃腸症状の有症率(%)
(カイ二乗検定でプラセボ群と比較して p<0.05 で有意差あり)

【波及効果・今後の予定】
今回の研究成果に加えて、松本市の保育園児(1-2 歳)がラクトフェリン配合ミルク(48 mg/日)を摂取することで、冬の急性胃腸症状の有症率が低下し、急性呼吸器症状の日数が減少すること 2)、松本市の保育園児(3-6 歳児)がラクトフェリン配合ヨーグルト(100 mg/日)を摂取することで、冬の嘔吐による病欠率が低下することも確認されており 3)、ラクトフェリンの急性胃腸症状に対する抑制効果は再現性を持って確認されています。特に、成人での抑制効果は今回世界で初めて確認されました。ラクトフェリンが幅広い年代の感染防御に活用できる可能性を示すことができたと考えています。

【論文タイトルと著者】
1)タイトル:
Effects of Lactoferrin on Prevention of Acute Gastrointestinal Symptoms in Winter: A Randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled Trial for Staff of Kindergartens and Nursery Schools in Japan
著者:
Masaru Mizuki, Teruomi Tsukahara, Hirotsugu Oda, Miyuki Tanaka, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, and Tetsuo Nomiyama
掲載誌:
International Journal of Environmental Research and Public Health 2020;17:9582.
https://doi.org/10.3390/ijerph17249582

2)タイトル:
Effects of Lactoferrin-Fortified Formula on Acute Gastrointestinal Symptoms in Children Aged 12-32 Months: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial
著者:
Noriko Motoki, Masaru Mizuki, Teruomi Tsukahara, Momoko Miyakawa, Shutaro Kubo, Hirotsugu Oda, Miyuki Tanaka, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, Tetsuo Nomiyama
掲載誌:
Frontiers in Pediatrics 2020;8:233.
https://doi.org/10.3389/fped.2020.00233

3)タイトル:
The Preventive Effect of Lactoferrin-Containing Yogurt on Gastroenteritis in Nursery School Children-Intervention Study for 15 Weeks
著者:
Teruomi Tsukahara, Anri Fujimori, Yuka Misawa, Hirotsugu Oda, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, Tetsuo Nomiyama
掲載誌:
Frontiers in Pediatrics 2020;17:2534.
https://doi.org/10.3390/ijerph17072534
 

左右相称花と閉鎖花の関係

 投稿者:  投稿日:2021年 2月 4日(木)22時26分22秒 103.140.113.225
  Simon Joly
@simjoly
In this paper published today in
@CurrentBiology
https://twitter.com/simjoly/status/1357069244677160960

, Dan Schoen and I show that cleistogamy (the production of closed flowers that self-pollinate) is strongly associated with zygomorphy, supporting a hypothesis made by Darwin 150 years ago.

本日発表されたこの論文では
@CurrentBiology
、Dan Schoenと私は、cleistogamy(自家受粉する閉じた花の生産)が接合形態と強く関連していることを示し、150年前にダーウィンによって作られた仮説を支持しています。

1/n

Repeated evolution of a reproductive polyphenism in plants is strongly associated with bilateral flower symmetry
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0960982221000427
Summary
Polyphenisms are a special type of phenotypic plasticity in which the products of development are not continuous but instead are separate and distinct phenotypes produced in the same genetic background. One of the most widespread polyphenisms in the flowering plants is cleistogamy, in which the same individual plant produces both open, cross-pollinated flowers as well as highly reduced and closed, self-pollinated (cleistogamous) flowers.1, 2, 3, 4, 5 Cleistogamy is not a rare evolutionary phenomenon. It has evolved independently at least 41 times.1 But what favors the evolution of cleistogamy is still largely unknown.1 Darwin6 proposed a hypothesis that has never been properly tested. He observed that cleistogamy is more common in taxa with bilaterally symmetric (zygomorphic) flowers than in those with radially symmetric (actinomorphic) flowers. Moreover, Darwin suggested that cleistogamous flowers help to ensure pollination, which he postulated is less certain in zygomorphic taxa that rely on more specialized groups of pollinators. Here, we combined the largest datasets on floral symmetry and cleistogamy and used phylogenetic approaches to show that cleistogamy is indeed disproportionately associated with zygomorphic flowers and that zygomorphic species are more likely to evolve cleistogamy than actinomorphic species. We also show that zygomorphic species are less capable of autonomous open-flower self-pollination (lower autofertility), suggesting that selection of cleistogamy via reproductive assurance in zygomorphic taxa could help account for Darwin’s observation. Our results provide support for the hypothesis that polyphenisms are favored when organisms encounter contrasting environments.

概要
ポリフェニズムPolyphenism(表現型可塑性)は特殊なタイプの表現型の可塑性であり、発達の産物は連続的ではなく、同じ遺伝的背景で生成された別個の異なる表現型です。顕花植物で最も広まっているポリフェニズムの1つは、cleistogamyです。この場合、同じ個々の植物が、開いた他家受粉花と、高度に還元された閉じた自家受粉(cleistogamous)花の両方を生成します。1、2、3、4 、5Cleistogamyは珍しい進化現象ではありません。それは少なくとも41回独立して進化しました。1しかし、cleistogamyの進化を支持するものはまだほとんど知られていません。1Darwin6は適切にテストされたことのない仮説を提案しました。彼は、cleistogamy(閉花受粉性)は、放射相称(actinomorphic)な花を持つ分類群よりも、左右対称(zygomorphic)の花を持つ分類群でより一般的であることを観察しました。さらに、ダーウィンは、花粉交配者のより専門的なグループに依存する接合形態の分類群では、受粉を確実にするのに花粉症の花が役立つことを示唆しました。ここでは、花の対称性とcleistogamyに関する最大のデータセットを組み合わせ、系統発生的アプローチを使用して、cleistogamyが実際にzygomorphic花と不均衡に関連付けられており、zygomorphic種がactinomorphic種よりもcleistogamyを進化させる可能性が高いことを示しました。また、接合形態の種は自律的な開花自家受粉の能力が低い(自家受粉率が低い)ことを示し、接合形態の分類群での生殖保証によるcleistogamyの選択がダーウィンの観察を説明するのに役立つ可能性があることを示唆しています。私たちの結果は、生物が対照的な環境に遭遇したときにポリフェニズムが支持されるという仮説を支持します。

Cleistogamy is the production of standard flowers as well as small, closed flowers that self-pollinate. This strategy, common in violets, is particularly useful to ensure reproduction when pollinators get rare!

Cleistogamous flowers are at the bottom of the plant in the picture.

Cleistogamyは、標準的な花だけでなく、自家受粉する小さな閉じた花の生産です。スミレによく見られるこの戦略は、花粉交配者がまれになったときに確実に繁殖させるのに特に役立ちます。

写真の植物の底には、Cleistogamousの花があります。

Despite the fact that cleistogamy is relatively widespread among flowering plants--it has evolved more than 40 times--we know little of the ecological conditions that favour its evolution.

[3/n]

cleistogamyは顕花植物の間で比較的広まっているという事実にもかかわらず-それは40回以上進化しました-私たちはその進化に有利な生態学的条件をほとんど知りません。

Darwin proposed that cleistogamy should be more frequent in species with bilaterally symmetric flowers (zygomorphic) than those with radial symmetry because they are generally pollinated by fewer species and are more likely to fail pollination.

ダーウィンは、一般に受粉数が少なく、受粉に失敗する可能性が高いため、左右対称の花(接合形態)を持つ種では、放射状対称性を持つ種よりもクリストガミーの頻度が高いはずだと提案しました。

We tested Darwin's hypothesis by gathering a phylogeny and a dataset of more than 2500 species and found that cleistogamy indeed evolves more frequently in zygomorphic lineages. This result holds when taking into account the impact of traits on diversification rates.

系統発生と2500種以上のデータセットを収集することにより、ダーウィンの仮説を検証し、クリストガミーが実際に接合形態の系統でより頻繁に進化することを発見しました。この結果は、特性が多様化率に与える影響を考慮すると当てはまります。

We also show that zygomorphic species have lower auto-fertility than actinomorphic species, suggesting that cleistogamy has potentially more impact for them in ensuring reproduction.

Together, these findings strongly support Darwin's hypothesis.

また、接合形態の種は放線形態の種よりも自己繁殖力が低いことを示しており、cleistogamyが生殖を確保する上で潜在的により大きな影響を与えることを示唆しています。

一緒に、これらの調査結果はダーウィンの仮説を強く支持します。
 

50本以上のCOVID-19による長期的影響、 システマティックレビューとメタアナリシス

 投稿者:  投稿日:2021年 2月 3日(水)12時25分35秒 103.140.113.225
  50本以上のCOVID-19による長期的影響、 システマティックレビューとメタアナリシス
https://alzhacker.com/more-than-50-long-term-effects-of-covid-19a-systematic-review-and-meta-analysis/

概要

SARS-CoV-2 によって引き起こされる COVID-19 は、後遺症やその他の医学的合併症を伴うことがあり、初期回復後数週間から数カ月間続くことがあり、これは Long-COVID または COVID long-haulers と呼ばれるようになってきた。このシステマティックレビューおよびメタアナリシスは、COVID -19の長期的な効果を評価している研究を特定し、COVID -19後の段階の患者の各症状、徴候、または検査パラメーターの有病率を推定することを目的としている。LitCOVID(PubMedとMedline)とEmbaseを2人の独立した研究者が検索した。2021年1月1日以前に発表されたLong-COVID-19を検出するためのオリジナルデータを持ち、患者数が100人以上の論文をすべて対象とした。2件以上の研究で報告された効果については、MetaXLソフトウェアを用いてランダム効果モデルを用いたメタアナリシスを行い、95%CIを用いてプールされた有病率を推定した。異質性はI2統計を用いて評価した。このシステマティックレビューは、研究プロトコルは登録されていなかったが、PRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Reviewers and Meta-analysis)ガイドラインに従った。

合計18,251件の出版物が同定され、そのうち15件が包含基準を満たしていた。55件の長期的影響の有病率を推定し、21のメタアナリシスを実施し、47,910人の患者を対象とした。追跡期間はウイルス感染後 14 日から 110 日までであった。試験参加者の年齢は 17~87 歳であった。

SARS-CoV-2に感染した患者の80%(95%CI 65~92)が1つ以上の長期症状を発症したと推定された。最も多かった症状は、疲労(58%)頭痛(44%)注意障害(27%)脱毛(25%)呼吸困難(24%)の5つであった。

いずれのメタアナリシスでも、中程度(n=2)から高い不均一性(n=13)が認められた。より良い理解を得るためには、今後の研究では、性別、年齢、既往の併存疾患、COVID-19の重症度(無症状から重症まで)各症状の持続期間で層別化する必要がある。臨床的観点からは、長期のCOVID-19ケアに対応するために設計された患者全体の視点に立った予防法、リハビリテーション技術、および臨床管理戦略を開発するためには、集学的チームが重要である。


中略


結論

原因、メカニズム、リスクを理解し、COVID-19後のケアに対応した予防法、リハビリテーション技術、患者全体の視点に立った臨床管理戦略を開発するためには、集学的チームによるより多くのエビデンスと研究が必要である。臨床的観点から、医師は、COVID-19に以前に罹患した患者に存在する症状、徴候、バイオマーカーを認識して、迅速に評価し、COVID-19の長期的な進行を特定して食い止め、慢性的な影響のリスクを最小化し、COVID-19以前の健康を取り戻すのを助けるべきである。これらすべての影響の管理には、段階的な運動、理学療法、継続的な検診、必要に応じて認知行動療法など、複数の専門分野を持つポストCOVIDクリニックにおける個別化されたダイナミックな横断的介入をデザインするための更なる理解が必要である38,39。
 

ホタルの幼虫を食べて毒を得る蛇

 投稿者:  投稿日:2021年 2月 2日(火)15時46分40秒 103.140.113.225
  ホタルの幼虫を食べて毒を得る蛇 京大など突き止める
https://www.asahi.com/articles/ASN2S5GJ6N2FPLBJ00D.html

写真:陸生ホタルの幼虫を食べるイツウロコヤマカガシ=森哲・京都大准教授提供

 京都大学などの研究チームが、中国にいる毒蛇ヤマカガシの仲間は、ホタルの幼虫を食べて毒を身につけることを突き止めた。日本にいるヤマカガシは、ヒキガエルを食べて毒を獲得しており、研究者はかけ離れた食性について「驚きだ」と話している。研究成果を25日、米科学アカデミー紀要に発表した。
 ヤマカガシの仲間は、2種類の毒を持つ珍しい毒蛇だ。獲物を捕まえるために牙に持つ毒に加え、天敵から身を守るため、首など体の外側にある器官から出す毒も持つ。
 この防御用の毒は天然の化学物質の一種で、蛇は体内で合成できない。日本のヤマカガシは、毒を持つヒキガエルを食べ、その毒を蓄えることが知られている。

 京都大学などの研究チームが、中国にいる毒蛇ヤマカガシの仲間は、ホタルの幼虫を食べて毒を身につけることを突き止めた。日本にいるヤマカガシは、ヒキガエルを食べて毒を獲得しており、研究者はかけ離れた食性について「驚きだ」と話している。研究成果を25日、米科学アカデミー紀要に発表した。
 ヤマカガシの仲間は、2種類の毒を持つ珍しい毒蛇だ。獲物を捕まえるために牙に持つ毒に加え、天敵から身を守るため、首など体の外側にある器官から出す毒も持つ。
 この防御用の毒は天然の化学物質の一種で、蛇は体内で合成できない。日本のヤマカガシは、毒を持つヒキガエルを食べ、その毒を蓄えることが知られている。


毒蛇「ヤマカガシ」、中国ではホタルを食べて毒を獲得
https://www.sankei.com/west/news/200306/wst2003060018-n1.html

 中国に生息する毒ヘビ「ヤマカガシ」の仲間は、陸生ホタルを食べて天敵から身を守るための毒を蓄えることを京都大などの研究グループが発見し、米科学アカデミー紀要の電子版に発表した。日本のヤマカガシはヒキガエルを食べて毒を獲得しており、かけ離れた食性で同類の毒性を獲得していることを明らかにした画期的な発見だという。

日本ではヒキガエル

 ヤマカガシの仲間は、獲物を捕まえるために牙から出す毒を持ち、自らの身を守る際は首の皮膚の下にある器官から毒を出す。牙から出す毒は体内で生成するが、防御用の毒は捕食で取り入れており、日本のヤマカガシは毒を持つヒキガエルを食べることで体内に蓄積している。一方、中国南西部に分布し、ヤマカガシよりあとに進化したイツウロコヤマカガシなど3種は、カエルを食べないのに同類の毒を持っており、どのように獲得するかは分かっていなかった。

 研究グループは、野生のイツウロコヤマカガシの毒の成分を分析した結果、化学物質が中国にも生息する陸生ホタルの一種が持つ毒の成分と一致することが判明。胃の中からはこのホタルの幼虫を食べた跡も見つかり、飼育されているイツウロコヤマカガシに同じ幼虫を与えると捕食したが、毒の成分を持たないホタルの幼虫は与えても食べなかったという。

 研究グループの森哲・京大准教授(動物行動学)は「進化の過程で食性が変化したにも関わらず、異なるエサから同様の毒の成分を摂取していたことは興味深い」と話している。
 

花における「正直なシグナル」の進化的背景

 投稿者:  投稿日:2021年 1月31日(日)21時28分7秒 103.140.113.230
  伊藤 公一1月20日 22:24 ?
https://www.facebook.com/koichi.ito.7393/posts/2059673580842145
博士課程時代からスタートさせたにもかかわらず、なかなか論文化できずにいた「花の正直なシグナル」に関する研究が、ようやくProc. R. Soc. B.にて公開されました。?https://royalsocietypublishing.org/d…/10.1098/rspb.2020.2848
花は送粉者へ花蜜などの報酬を提供し、その代わりに花粉を運んでもらうことで利益を得ています。つまり送粉者にとっては、報酬がないのであれば訪花する理由はないわけです。ところが、面白いことに一部の花は報酬が無くなった際に、色や匂いなどを変えることで蜜の在不在を正直に送粉者に伝えている(ように見える)ことが知られています。
我々は、そうした送粉者への報酬の有無に関する「正直なシグナル」の進化が、シグナルを理解できる「賢い送粉者」と理解できない「愚かな送粉者」の共在によって引き起こされることを、理論的に示しました。正直に報酬の不在を伝えることで「賢い送粉者」には嫌われないようにしつつ、「愚かな送粉者」に報酬を渡さずに送粉させ続けることで、報酬の生産コストの節約と十分な量の送粉を両立するための戦略として説明できる、ということです。
いわば「花が報酬の有無を正直に伝えるのは、シグナルを理解できない愚かな送粉者を搾取するためである」という「正直シグナル」という響きから大きく外れた結論が導き出された点が気に入っています。
この研究は、実際に花色変化と呼ばれる正直シグナルの研究をされている鈴木美季さんと送粉研究者である望月昂さん、そして僕の、本当に三人の力が合わさってようやく論文にまでたどり着くことができました。実証研究者のアイデアと理論研究の力がとてもうまく組み合わさっており、非常に愛着がある研究です。興味があれば、ぜひご一読ください。
Evolution of honest reward signal in flowers
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2020.2848#.YAkltpmktT4.twitter


Mochi_Ko@kino_cco330
https://twitter.com/kino_cco330/status/1352148928024649729
共著論文がオンライン出版されました。花における「正直なシグナル」の進化的背景を調べた結果、学習能力の高い/アホな送粉者の両者が不可欠なことがわかりました。
Evolution of honest reward signal in flowers | Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rs

zuzugimigi@zuzugizuzugi05
https://twitter.com/zuzugizuzugi05/status/1352528114987896832
おお、もう出版されたんですね!正確に言うと、学習して報酬サインと位置情報を利用できる送粉者/そうでないヤツが両方いると、正直戦略が安定になります。頭が良くても情報を利用できない状態だと後者になります。この数理解析によって、花色変化のような植物が進化する条件がよりクリアになりました
 

検査の効果は1週間は持続?

 投稿者:  投稿日:2021年 1月22日(金)01時27分34秒 103.140.113.224
  ma_press @ma_press
https://twitter.com/ma_press/status/1352247888059879424
「検査しても帰り道で感染するかもしれないから意味ない」なんて確率を無視した検査慎重論があるので、検査後の感染確率の時間変化を計算してみた。結果、市中感染率の9割まで感染確率が戻るまで、検査感度100%の場合11日、感度70%でも9日かかることが分かった。つまり検査の効果は1週間は持続する。
 

【緊急全訳】アマンダ・ゴーマン「私たちがのぼる丘」The Hill We Climb

 投稿者:  投稿日:2021年 1月22日(金)00時44分24秒 103.140.113.224
  The Hill We Climb アマンダ・ゴーマン「私たちがのぼる丘」
https://courrier.jp/news/archives/229523/

日が昇ると、私たちは自問する──どこに光を見いだせようか、この果てなき陰のなかに。
私たちが引きずる喪失、歩いて渡らねばならない海。
私たちは果敢に、窮地に立ち向かった。
平穏が平和とは限らず、「正しさ」の規範や概念が正義とは限らないことを学んだ。
それでもその夜明けは、いつのまにか私たちのものだ。
なんとか私たちはやるのだ。
なんとか私たちは切り抜け、目の当たりにしてきた──壊れてはいないが、ただ未完成の国を。
私たちは、一国一代の後継ぎだ。
そこでは、奴隷の子孫にして母子家庭に育った痩せっぽちの黒人の女の子が大統領になる夢を持てる、
そして気づけば大統領のために詩を朗読している。

もちろん、私たちは洗練からもほど遠く、清純からもほど遠い。
だからといって、私たちは、完全なる一致を形作ることを目指しているわけではない。
私たちが目指しているのは、意義ある一致を築くことだ。
人間のあらゆる文化、肌の色、人格、状況に尽くす国を組み立てるために。
だから私たちは目を上げる──私たちのあいだに立ちはだかるものではなく、私たちの前に立ちはだかるものに。
私たちはその分断を終わらせる。未来を第一にするためには、まず私たちの違いを脇へ置かねばならないと知っているからだ。
私たちは武器を捨て、互いに手を差し伸べ合えるようにする。
誰も傷つくことなく、誰にでも調和があることを求める。

世界に、少なくとも、これは真実だと言わしめよう──
私たちは嘆いたけれども成長したと。
傷ついたけれども望んだと。
倦んだけれども試みたと。
私たちはいつまでも共に結ばれて、勝ち誇るだろうと。
それは私たちが敗北を二度と味わうことがないからではなく、分断を二度と植え付けたりしないからだ。

聖書は私たちにこう幻を抱くようにと語りかける──
「人はそれぞれ自分のぶどうの木の下、いちじくの木の下に座り、脅かすものは何もない」(「ミカ書」4:4)。
私たちがこの時代に応えようとするのであれば、勝利は刃ではなく、私たちの作ったあらゆる橋にあるのだ。
それが、私たちがのぼる丘の約束だ──ただし私たちが果敢にのぼりさえすれば。
なぜなら、アメリカ人であるとは、私たちが受け継ぐ誇り以上のものだからだ。
それは私たちが取りかかる過去であり、その過去をどう直すかなのだ。
私たちは目の当たりにしてきた。
私たちの国を分かち合わず、割って粉々にしようという勢力を。
私たちの国を破壊するだろう勢力を。
民主主義を先延ばしにするというのだ。
この試みはほとんど成功しかけた。
だが、民主主義は断続的に先延ばしできても、
永続的に打ち負かされはしない。
この真実、この信仰に、私たちはより頼む。
私たちが未来に目を向け、歴史が私たちに目を向けているからだ。
これが、正しきあがないの時代なのだ。
私たちはその始まりにあって恐れた。
そんな恐ろしい時の後継ぎになる備えができているとは思えなかった。
それでもその内側で私たちは見出した──新しい章を著す力を、自分たちに希望と笑いを与える力を。
かつて私たちは問うた──「私たちはいったいどうしたら破滅に勝りえようか」
いま私たちは断言する──「破滅はいったいどうしたら私たちに勝りえようか」

私たちはありしものにふたたび戻らず、あるべきものに向かって動いていこう。
あざはあるが欠けのない、情け深いが大胆で、猛烈ながら自由な国へと。
私たちは脅しにも振り返らず、遮られもしないだろう。
私たちは知っているからだ──自らの無為と無気力を次世代が受け継ぐのだと。
私たちの失態が彼らの重荷になるのだと。
だが、ひとつ確かなことがある。
私たちが慈悲と力を、力と正しさを融合させるなら、
そのとき愛が私たちの遺産となり、変革が私たちの子供たちの生得権となる。

だから、私たちに残されたよりも良い国をあとに残そう。
私の青銅色の、高鳴る胸で息するごとに、この傷ついた世界を
素晴らしき世界へと高めよう。
立ち上がろう、西部の黄金色の丘々から。
立ち上がろう、私たちの父祖が最初に革命を起こした、風の吹き渡る北東部から。
立ち上がろう、中西部各州の湖に縁取られた街々から。
立ち上がろう、しゃく熱の南部から。
立て直し、仲直りし、回復しよう。
私たちの国の隅々で、わが国と呼ばれるところどこででも、
さまざまで美しいわが国の人々が現れよう、打ちのめされても美しい人々が。

日が昇ると、私たちはその陰を飛び出す──紅潮して、恐れずに。
新しい夜明けが花開く、私たちがそれを解き放つ。
そこにいつも光はあるのだ──
私たちにそれを見ようとする勇気さえあれば。
私たちがそれになろうとする勇気さえあれば。

Inaugural poet Amanda Gorman delivers a poem at Joe Biden's inauguration
https://www.youtube.com/watch?v=Jp9pyMqnBzk&feature=emb_logo


The Hill We Climb: the Amanda Gorman poem that stole the inauguration show
https://www.theguardian.com/us-news/2021/jan/20/amanda-gorman-poem-biden-inauguration-transcript

When day comes, we ask ourselves where can we find light in this never-ending shade?
The loss we carry, a sea we must wade.
We’ve braved the belly of the beast.
We’ve learned that quiet isn’t always peace,
and the norms and notions of what “just” is isn’t always justice.
And yet, the dawn is ours before we knew it.
Somehow we do it.
Somehow we’ve weathered and witnessed a nation that isn’t broken,
but simply unfinished.
We, the successors of a country and a time where a skinny Black girl descended from slaves and raised by a single mother can dream of becoming president, only to find herself reciting for one.

And yes, we are far from polished, far from pristine,
but that doesn’t mean we are striving to form a union that is perfect.
We are striving to forge our union with purpose.
To compose a country committed to all cultures, colors, characters, and conditions of man.
And so we lift our gazes not to what stands between us, but what stands before us.
We close the divide because we know, to put our future first, we must first put our differences aside.
We lay down our arms so we can reach out our arms to one another.
We seek harm to none and harmony for all.
Let the globe, if nothing else, say this is true:
That even as we grieved, we grew.
That even as we hurt, we hoped.
That even as we tired, we tried.
That we’ll forever be tied together, victorious.
Not because we will never again know defeat, but because we will never again sow division.

Scripture tells us to envision that everyone shall sit under their own vine and fig tree and no one shall make them afraid.
If we’re to live up to our own time, then victory won’t lie in the blade, but in all the bridges we’ve made.
That is the promise to glade, the hill we climb, if only we dare.
It’s because being American is more than a pride we inherit.
It’s the past we step into and how we repair it.
We’ve seen a force that would shatter our nation rather than share it.
Would destroy our country if it meant delaying democracy.
This effort very nearly succeeded.
But while democracy can be periodically delayed,
it can never be permanently defeated.
In this truth, in this faith, we trust,
for while we have our eyes on the future, history has its eyes on us.
This is the era of just redemption.
We feared it at its inception.
We did not feel prepared to be the heirs of such a terrifying hour,
but within it, we found the power to author a new chapter, to offer hope and laughter to ourselves.
So while once we asked, ‘How could we possibly prevail over catastrophe?’ now we assert, ‘How could catastrophe possibly prevail over us?’

We will not march back to what was, but move to what shall be:
A country that is bruised but whole, benevolent but bold, fierce and free.
We will not be turned around or interrupted by intimidation because we know our inaction and inertia will be the inheritance of the next generation.
Our blunders become their burdens.
But one thing is certain:
If we merge mercy with might, and might with right, then love becomes our legacy and change, our children’s birthright.

So let us leave behind a country better than the one we were left.
With every breath from my bronze-pounded chest, we will raise this wounded world into a wondrous one.
We will rise from the golden hills of the west.
We will rise from the wind-swept north-east where our forefathers first realized revolution.
We will rise from the lake-rimmed cities of the midwestern states.
We will rise from the sun-baked south.
We will rebuild, reconcile, and recover.
In every known nook of our nation, in every corner called our country,
our people, diverse and beautiful, will emerge, battered and beautiful.
When day comes, we step out of the shade, aflame and unafraid.
The new dawn blooms as we free it.
For there is always light,
if only we’re brave enough to see it.
If only we’re brave enough to be it.
 

【全訳】 ジョー・バイデン米大統領の就任演説 「民主主義の大義を祝う」

 投稿者:  投稿日:2021年 1月21日(木)21時33分57秒 103.140.113.224
  https://www.bbc.com/japanese/55744259

米首都ワシントンで20日、大統領就任式が行われ、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任した。バイデン氏は就任演説で、アメリカが民主主義の危機に直面したことに危機感を示し、白人至上主義や国内テロを打倒すると述べた。その上で、アメリカ国民が連帯して「アメリカという物語」のために立ち上がり、新型コロナウイルスのパンデミックや気候変動など、厳しい時代の課題に応えようと呼びかけた。
約20分間にわたった演説の全文翻訳は以下のとおり。


ロバーツ最高裁長官。ハリス副大統領。ペロシ下院議長。シューマー院内総務。マコネル院内総務。ペンス副大統領。ご来賓の皆様。アメリカ国民の皆さん。
これはアメリカの日です。これは民主主義の日です。歴史と希望の日、再生と決意の日です。アメリカは歴史的な試練を受けて新たに試され、アメリカはその挑戦に見事に応じました。

私たちは今日、1人の候補の勝利ではなく、大義の勝利を祝っています。民主主義の大義です。国民の声が、国民の意志が響き渡り、そして国民の意志が尊重されました。
私たちはまたしても、民主主義は貴重なものだと学びました。民主主義は壊れやすい。そして皆さん、今のこの時は、民主主義が勝利しました。
わずか数日前に暴力が議事堂の基礎そのものを揺るがそうとした、この同じ神聖な場所で、私たちは神の下で不可分なひとつの国民として集まりました。もう2世紀以上も前からそうしてきたように、平和的な権力移譲を実現するために。
私たちは今、アメリカ特有の、落ち着きがなく大胆で楽観的な方法で、前を見据えています。そうやって、自分たちがなれると分かっている国、そうならなくてはならない国の姿を見つめています。そうしながら私は、今日ここにいてくれる両党の前任大統領たちに感謝しています。心の底から感謝しています。
この国の憲法がいかにたくましく、この国がいかに強いか、力強いか、よく承知しています。カーター大統領もそうです。カーター大統領とは昨晩、話をしました。今日ここにいらっしゃることはできませんでしたが、生涯かけてこの国に尽くしてくださった、その貢献をたたえます。
前任の愛国者たちと同様に、私もたった今、神聖な誓いをしたところです。ジョージ・ワシントンが最初に行った同じ誓いです。しかし、アメリカの物語は誰かひとりに頼るものではなく、一部の数人に頼るものでもなく、全員を必要とします。「より完全な連合を求める我々国民」を必要とするのです。
この国は偉大な国で、私たち国民は善良な人間です。そして数世紀にわたり、嵐や争い、平和と戦争を乗り越えて、本当に大きく前進してきました。それでもまだまだ、進むべき道のりは続いています。

危険と大きな可能性を秘めたこの冬、やるべきことはたくさんあり、私たちは危機感をもって速やかに、前へ突き進みます。やるべきことはたくさんある。癒やすべきこともたくさんある。再生することも、再建することも、得るべきこともたくさんあります。
今の私たちほど厳しい思いをしている、これほど厳しく困難な時代に直面してきた人は、この国の歴史でもそうはたくさんいません。100年に一度のウイルスが音もなくこの国にはびこり、第2次世界大戦を通じて失われたのと同じくらい多くの命を、たった1年で奪ってしまいました。
何百万もの仕事が失われました。何十万もの事業が閉じました。人種の平等を求めて400年ほど前から続く叫びが、私たちを突き動かします。すべての人に正義をもたらすという夢を、もうこれ以上先送りなどしません。

この惑星そのものが、存亡をかけた悲鳴を上げています。これ以上ないほど必死で、これ以上ないほどはっきりした悲鳴です。そして今や、政治においては過激主義や白人至上主義、国内テロリズムが台頭しており、私たちはこれに立ち向かわなくてはならないし、打倒します。
いくつもの課題を克服するため、アメリカの魂を再生し、アメリカの未来を確保するためには、言葉だけでは到底足りません。はるかにたくさんのことが必要です。民主主義において何より得がたいもの、つまり連帯が必要なのです。連帯が。

かつて別の1月に、1863年の元日に、エイブラハム・リンカーンは奴隷解放宣言に署名しました。紙にペンを走らせた時、大統領はこう言いました。
「もし私の名が歴史に残るようなことがあれば、これがその理由になる。私は全身全霊をこれに注ぎ込んだ」と。
今日のこの1月の日に、私も全身全霊を込めています。アメリカをひとつにまとめるため。国民の連帯、国の連帯を実現するため。この大義のため、すべてのアメリカ人に協力を呼びかけます。怒り、不満、憎悪、過激主義、無法状態、暴力、病気、失業、そして希望の喪失――。こうした敵に立ち向かうため、みんなで連帯してほしいと。
連帯すれば、私たちは素晴らしいことが実現できます。大切なことが。不正を正し、国民に良い仕事を提供できます。子どもたちを安全な学校で教えることができます。恐ろしいウイルスを克服し、雇用を回復し、中産階級を立て直し、雇用を安定させられます。人種の平等を確保できます。そしてアメリカは再び、世界で率先して良いことをする存在になれます。

この時期に「連帯」などと言うと、ばかげた幻想だと思う人もいるのは承知しています。私たちを分断する力は深く浸透していますし、その力は本物です。ただ、決して新しいものではありません。私たちの歴史は、誰もが平等に作られたというアメリカの理想と、その一方で人種差別や移民排斥主義や恐怖によって国が引き裂かれてきたという厳しく醜い現実が、常にせめぎ合う中で作られてきました。この戦いは絶え間ないもので、勝利は決して確実ではありません。
南北戦争や大恐慌、世界大戦、9/11、困難と犠牲と失敗が相次ぐ中、それでも常に私たちの善性がまさってきました。大変だったその時々に、必要な人数が集まり、力を合わせて、この国を前進させてきたのです。今回もまたそれができます。歴史と信念と理性が道を示してくれます。連帯の道を。
私たちはお互いを敵対する相手ではなく、隣人として見ることができます。お互いを尊重し、敬意をこめて接することができます。私たちは協力し、叫ぶのをやめて、ヒートアップした温度を下げることができます。

というのも連帯がなければ平和はなく、いがみ合いと激しい怒りしかありません。進歩はなく、くたびれ果てるほどの激高しかありません。国はなく、ただ混沌(こんとん)しかあり得ません。私たちは今、歴史的な危機と挑戦の時を迎えています。そして連帯こそ、前進するための道です。私たちはこの瞬間を、「合衆国」として迎えなくてはなりません。
そうすれば、決して失敗はしないと保証します。アメリカでは、国民がまとまって行動したのに失敗したことなど、一度も、まったくないのですから。なので今この時、この場所から、みんなして新しく再出発しましょう。お互いの言うことをまた聴くようにしましょう。お互いを聴いて、お互いを見るようにしましょう。お互いを尊重するようにしましょう。政治というのは、何もかも破壊してしまう業火でなくても良いのです。意見が一致しないからといって、それが常に全面戦争の原因になる必要もありません。そして、事実そのものが歪曲(わいきょく)され、時には捏造(ねつぞう)されてしまうような風習を、拒絶しなくてはなりません。
アメリカの同胞の皆さん。このような状態は変えなくてはなりません。より良く行動しなくてはなりませんし、アメリカはもっとはるかにまともなはずだと、私は信じています。周りを見回してみてください。私たちは今、議事堂ドームの前に立っています。すでに話題になったように、南北戦争の最中に建造されたものです。当時は合衆国の連合そのものが文字通り、存亡の危機にありました。それでも私たちは耐え抜き、打ち勝ちました。

私たちはこうしてここに立ち、偉大なナショナル・モールを見渡しています。キング牧師が夢について語った、あのモールを。
私たちはこうしてここに立っています。108年前の別の就任式で、参政権を求めて行進する勇敢な女性たちに数千人が抗議し、行方を阻もうとした同じ場所で。その場所で本日、女性が初めて全国を代表する副大統領として宣誓就任したことを、私たちは祝っているのです。カマラ・ハリス副大統領です。
世の中は何も変わらないなどと、言わないでいただきたい。ここからポトマック川を挟んだ向こう側にはアーリントン国立墓地があり、そこでは全身全霊を捧げた英雄たちが永遠に眠っているのですから。
そしてほんの数日前にはこの場所で暴徒が、暴力をもって国民の意志を沈黙させられるなどと考え、私たちの民主主義の仕事を阻止し、この神聖な場所から私たちを追い出せるなどと勝手に思い込んでいました。思い通りにはならなかったし、今後も決してなりません。今日も、明日も、決して。絶対に。
私たちの選挙戦を支持してくださった皆さん、信じてくださって、身が引き締まる思いです。私たちを支持しなかった皆さんには、こう申し上げます。これから前に進む中で、私たちの言い分に耳を貸してください。私と私の心を受け止め、検討し、それで判断してください。
それでも賛成できないなら、それは仕方がありません。民主主義とはそういうものです。アメリカとはそういうものです。この共和国の枠組みの内側で、平和的に抗議する権利こそ、この国最大の力かもしれません。

しかし、はっきり申し上げます。意見の不一致が、国の解体につながってはなりません。
そして皆さんに約束します。私はすべてのアメリカ人の大統領になると。すべてのアメリカ人の。そして、私を支持した人と同じくらい私を支持しなかった人のためにも懸命に戦うと。
何世紀も前に、私が通う教会の聖人、聖アウグスティヌスはこう書きました。人の集団というのは、共通した愛情の対象によって定義されると。では、私たちをアメリカ人と定義する、共通の愛情の対象はなんでしょう? 答えはお分かりだと思います。機会。安全。自由。尊厳。尊敬。名誉。そして、そう、真実です。

ここ数週間や数カ月の間に、私たちは厳しい教訓を得ました。真実があり、そしてたくさんのうそがあるのだと。権力と利益のためにつく、うそがあるのだと。そして私たちひとりひとりに、市民として、アメリカ人として、そしてリーダーとして、真実を守り、うそを打倒する義務と責任があります。特に、この国の憲法を尊重しこの国を守ると誓ったリーダーには。
もちろん、多くのアメリカ人が未来を恐れて不安なのは理解できます。仕事がどうなるのか不安なのは分かります。うちの父親がそうだったように、夜中にベッドから天井を見上げて、「健康保険はどうなる? 家のローンはどうなる?」と考えているのも分かります。家族のことを、これからどうなるのかを心配しているのも。分かっていると約束します。けれども、内向きになってしまっては、答えは見つかりません。勢力争いの中に引きこもってしまっては。自分と見た目の違う相手、自分と信仰の仕方が違う相手、自分と違う情報源からニュースを得ている人たち。そういう相手を疑うばかりでは。

赤い州と青い州を対立させ、農村部と都会を対立させ、保守派とリベラルを対立させる、この不穏な国内対立、このまともでない戦いを終わらせなくてはなりません(訳注「uncivil war」。「civil war」は内戦やアメリカの南北戦争の意味。civilには「礼節のある、まとも」などの意味もあり、uncivilはその反語)。
自分の心をこわばらせるのではなく、自分の魂を開けば、それは可能です。少し寛容になり、少し謙虚になれば。そして、私の母がよく言ったように、他人の靴を履くように他人の立場になってみれば。一瞬でも、相手の立場になってみてください。
というのも人生において、運命が自分に何をよこしてくるか、予想などつかないからです。人の助けが必要な時もあります。自分が人を助ける番のこともあります。そうでなくてはなりません。お互いにそうやって助け合わなくては。私たちがそうやって行動すれば、この国はもっと強く、もっと豊かに、もっと未来に向けて準備ができます。そして、意見がなお一致しなくても、それでも大丈夫なんです。

アメリカの同胞の皆さん。これからの作業において、私たちはお互いを必要とします。この暗い冬を耐え抜くには、全員の力が必要です。ウイルスに関して言えば、これから最も暗い、最も被害が甚大かもしれない時期にさしかかっています。私たちは政治をいったん横に置いて、ついにひとつの国として、ひとつの国としてこのパンデミックに立ち向かわなくてはなりません。そして約束します。聖書が言うように、「夜通し涙を流すとしても、朝には喜びがやってくる」のです。みんなで乗り切りましょう。みんなで。
皆さん、いいですか、ここにいる下院や上院で働く同僚はみんな、世界が自分たちを見つめていることを承知しています。世界が、今日の私たち全員を見ているのです。なので、この国の国境の外にいる人たちにはこう申し上げます。アメリカは試練を受け、前よりたくましくなって乗り越えました。私たちは同盟関係を修復し、再び世界とかかわっていきます。過去の課題に対応するためではなく、今日や未来の課題に取り組むため。そして、私たちはただ力を規範として先頭に立つのではなく、規範としての力を拠り所に先頭に立つつもりです。

私たちは平和と進歩と安全保障のため、信頼できる強力なパートナーになります。
皆さんご承知の通り、私たちはみんな本当に大変な思いをしてきました。なので、大統領としてまず、皆さんにお願いをしたいと思います。この1年の間にパンデミックのため失ったすべての人を追悼し、私と一緒に静かに祈ってくださいませんか。40万人もの、私たちと同じアメリカ人を。お母さんたち、お父さんたち、夫たち、妻たち、息子たち、娘たち、友人たち、隣人、そして同僚たちを。
失った人たちをたたえ、そして自分たちがなれると分かっている国民と国、なるべき国と国民になりましょう。なのでお願いします。命を落とした人たち、置き去りにされた人たち、そしてこの国のために、静かに祈りましょう。
……アーメン。
皆さん、今は試練の時です。この国の民主主義と真実が攻撃されています。激しく広がり続けるウイルス、拡大する不公平、制度的人種差別の痛み、危機的な気候、世界におけるアメリカの役割……。どれひとつをとっても、それだけで深刻な課題なのに、すべてが一斉に押し寄せているのです。おかげでこの国は今、かつてない深刻な責任に直面しています。

今は試練の時です。私たちは立ち上がって、挑戦に応えられるのでしょうか。
今は勇敢に大胆に行動しなくてはなりません。やるべきことは本当にたくさんあるのです。そしてこれは確実です。この時代に次々と降り注ぐ危機をどう解決するかで、私たちは後世の審判を受けます。皆さんも私も。この挑戦に応えるのかが、問われています。
希少で厳しいこの時を克服するのか。責任を果たして、より良い新しい世界を子どもたちに引き継ぐのか。そうしなくてはならないと私は思いますし、皆さんも同じはずです。できるはずだと思いますし、それができた時に私たちはアメリカ合衆国の歴史に次の偉大な章を書き足すことになります。アメリカの物語に。
その物語は歌のように響くものかもしれません。私にとってとても大切な歌です。「American Anthem(アメリカ賛歌)」という曲で(訳:ジーン・シア作曲、ノラ・ジョーンズのカバーが有名)、少なくとも私には特に印象的な歌詞があります。
「100年の働きと祈りがこの日をもたらした。私たちは何を残し、子どもたちは何と言うのか」
「私の人生が終わる時、アメリカよ、アメリカよ、君に最善を捧げたと自分が納得できていますように」

私たちもこの偉大な国で繰り広げられている物語に、自分たちの働きと祈りを加えましょう。そうすれば、自分の人生が終わる時、子どもたちや、子どもの子どもたちがこう言ってくれます。「自分の最善を捧げ、自分の義務を果たした、壊れた国を癒やした」のだと。
アメリカの皆さん、神聖な誓いで始めたように、今日は神聖な誓いで終わろうと思います。神と皆さん全員の前で、私は約束します。私はいつでも常に皆さんに正直に語ります。憲法を守り、私たちの民主主義を守ります。アメリカを守ります。
そして私は皆さんにすべてを捧げます。自分の行動はすべて皆さんのためで、権力のためでなく可能性を考え、個人の利益ではなく公共の利益を考えて行動します。そしてみんな一緒に、アメリカの物語を書きましょう。恐怖ではなく希望の物語を。分断ではなく連帯、暗闇ではなく光の物語を。品性と尊厳、愛と癒やし、偉大で善良な物語を。
これが私たちを導く物語になりますように。私たちを奮い立たせる物語になりますように。そして、私たちが歴史の呼び声に応え、今という時の挑戦に立ち向かったのだと、将来にわたり語り継がれる物語に。私たちの目の前で民主主義と希望、真実と正義は死なず、栄えたのだと。アメリカは国内で自由を確保し、再び世界を照らす光となったのだと、そう語り継がれるように。
先祖に報い、お互いに報い、未来に報いるため、私たちはそうしなくてはなりません。
なので、意欲と決意をもって、私たちはこの時代の課題に取り組みます。信念に支えられ、確信を原動力に、お互いのためを思い、そして心の底から愛する国のために。
神がアメリカを祝福しますように。そして神が、この国の兵を守ってくださいますように。
アメリカ、ありがとう。

Full transcript of Joe Biden's inauguration speech
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-55656824
 

ピロリジジンアルカロイドを含む植物種

 投稿者:  投稿日:2021年 1月21日(木)07時07分39秒 103.140.113.224
  https://ja.wikipedia.org/wiki/ピロリジジンアルカロイド#ピロリジジンアルカロイドを含む植物種

ピロリジジンアルカロイドを含む植物種[編集]
カッコウアザミ Ageratum conyzoides
オオカッコウアザミ Ageratum houstonianum [6]
ナンシソウ Arnebia euchroma
ヨブスマソウ Cacalia hastata
Cacalia hupehensis
ヒマワリヒヨドリ Chromolaena odorata
アッシリアプラム Cordia myxa
ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
Crotalaria albida
Crotalaria assamica
Crotalaria mucronata
Crotalaria sesseliflora
Crotalaria tetragona
シナワスレグサ Cynoglossum amabile
Cynoglossum lanceolatum
Cynoglossum officinale
Cynoglossum zeylanicum
シャゼンムラサキ Echium plantagineum[7]
シベナガムラサキ Echium vulgare
ウスベニニガナ Emilia sonchifolia
ヘンプアグリモニー Eupatorium cannabinum
ヒヨドリバナ Eupatorium chinense
フジバカマ Eupatorium fortunei = E. japonicum
ツワブキ Farfugium japonicum
スイゼンジナ Gynura bicolor
Gynura divaricata
Gynura segetum
Heliotropium amplexicaule[7]
Heliotropium europaeum[7]
ナンバンルリソウ Heliotropium indicum
ヤコブボロギク Jacobaea vulgaris[7]
Lappula intermedia
Ligularia cymbulifera
マルバダケブキ Ligularia dentata
Ligularia duiformis
Ligularia heterophylla
Ligularia hodgsonii
Ligularia intermedia
Ligularia lapathifolia
Ligularia lidjiangensis
Ligularia platyglossa
Ligularia tongolensis
Ligularia tsanchanensis
Ligularia vellerea
コクラン Liparis nervosa
ムラサキ Lithospermum erythrorhizon
フキ Petasites japonicus
Senecio argunensis
Senecio brasiliensis[8]
Senecio chrysanthemoides
Senecio integrifolius var. fauriri
Senecio lautus[7]
Senecio linearifolius[7]
ナルトサワギク Senecio madagascariensis[7]
Senecio nemorensis
Senecio quadridentatus[7]
Senecio scandens
ノボロギク Senecio vulgaris
Syneilesis aconitifolia
ヒレハリソウ Symphytum officinale [9]
フキタンポポ Tussilago farfara[3]


食品中のピロリジジンアルカロイド類に関する情報
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/pyrrolizidine_alkaloids.html

キク科のムラサキバレンギク(別名:エキナセア)やムラサキ科のバイパースビューグロス(別名:エキウム・ブルガレ)

キク科アザミ属のノアザミ、ムラサキ科エキウム属のエキウム・カンディカンスやボラゴ属のルリジサなど、ミツバチが蜜源として好む植物にもピロリジジンアルカロイド類を含むものがあります。

ムラサキ科のヒレハリソウ属及びキダチルリソウ属、キク科キオン属、マメ科タヌキマメ属


エキウム属(シャゼンムラサキ属)の植物はピロリジジンアルカロイドを含有しており、以下の各種のエキウムは実際に検出されています(それ以外のエキウム属の植物も、調べられていないだけで、同様でしょう)。
https://candicans.blogspot.com/2015/05/blog-post.html

Echium candicans
Echium glomeratum
Echium horridum
Echium humile
Echium pininana
Echium plantagineum
Echium rauwolfii
Echium setosum
Echium vulgare
Echium wildpretti
 

コロナ感染者は退院後140日以内に、12.3%が死亡しているし、29.4%が再入院している

 投稿者:  投稿日:2021年 1月21日(木)02時49分8秒 103.140.113.224
  Noguchi Akio@Derive_ip
https://twitter.com/Derive_ip/status/1351883168052248576
実は凄く恐ろしい調査結果があって、コロナ感染者は退院後140日以内に、12.3%が死亡しているし、29.4%が再入院しているそうです。本当に信じられないのですが、12.3%というのはコロナ自体の死亡率(CFR)よりも高い。つまり、退院してからの方がむしろ大変な病気なのです。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.01.15.21249885v1

Noguchi Akio@Derive_ip
https://twitter.com/Derive_ip/status/1351883169763520515
爆笑問題の田中さんがくも膜下出血と脳梗塞で入院しているという報道で思い出して上記プレプリントを紹介しているのですが、とにかく、この病気は甘く見ない方がよくて、軽快して退院できたとしても、体の色々なところに大きなダメージが残ってしまうのだと思います。

Noguchi Akio@Derive_ip
あと、年換算死亡率の推移も、第1波、第2波を経たあとに、コロナ死亡者が少なかった時期も1段階死亡率が上がっているようにも見えるのが非常に気になるところです。

Noguchi Akio@Derive_ip
https://twitter.com/Derive_ip/status/1351873661263699969
人口動態調査の11月分速報値が公表されましたので、年換算死亡率の推移のグラフを更新しました。全国的にみると少なめなのですが、第3波の影響が早かった札幌市や大阪府は少し多いように見えます。
 

82mg/100mLを8倍に希釈

 投稿者:  投稿日:2021年 1月19日(火)05時22分29秒 103.140.113.224
編集済
  濃度 10mg/Lに希釈して使う。
10mg/1000mL

ニチドウ メチレンブルー水溶液 200mL入り
100mL中 メチレンブルー 0.82g=820mg

820mg/100mLを10倍に薄める→82mg/1000mL
82mg/1000mを8倍に薄める→10.25mg/8000mL

 

西脇順三郎《旅人かえらず》全篇

 投稿者:  投稿日:2021年 1月18日(月)19時48分52秒 103.140.113.224
  西脇順三郎《旅人かえらず》全篇
https://www.douban.com/note/783327719/

『回想の西脇順三郎』
http://leonocusto.blog66.fc2.com/blog-date-201803.html
 

里山のチョウ、4割「絶滅危惧」 年30%ずつ減る種も

 投稿者:  投稿日:2021年 1月 9日(土)20時59分20秒 103.140.113.224
  https://www.asahi.com/articles/ASMCD5K12MCDULBJ00S.html
 身近な里地や里山にたくさんいると考えられてきたチョウの仲間87種のうち、国蝶(こくちょう)とされるオオムラサキをはじめ約4割が、「絶滅危惧種」に相当するレベルまで急激に減っている。そんな調査結果を環境省と調査を担当する日本自然保護協会が12日、発表した。
 調査は環境省が2003年から全国に1千カ所程度の定点を設けて続ける生物多様性に関する「モニタリングサイト1000」と呼ばれるもので、里地や里山については全国約200カ所が対象だ。うちチョウの種類と個体数のデータが得られている約50カ所について、08年から17年までの記録を分析した。
 1年あたりの減少率をみると、絶滅危惧1A類の基準の一つである15%以上を示した種は、ミヤマカラスアゲハ(減少率31・4%)を筆頭にオオムラサキ(同16・1%)など6種。絶滅危惧1B類に相当する6・7%以上はゴマダラチョウ(同11・0%)やヒメジャノメ(同7・4%)など14種だった。ともに北海道から九州に広く分布するミヤマカラスアゲハはカラスザンショウやキハダ、オオムラサキはエノキといった里山の雑木林に多い木の葉を食べて幼虫が育つ。絶滅危惧2類に相当する3・5%以上を示した種はイチモンジセセリ(同6・6%)やキタテハ(同6・5%)など14種にのぼった。結果的に評価した種の約4割にあたる34種が、絶滅危惧の判定基準に該当するほどの減少率だった。
 

/140