新着順:2/2634 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Nature公式、論文要旨の書き方。

 投稿者:  投稿日:2018年 9月22日(土)22時45分17秒 KD106128009217.au-net.ne.jp
  通報 編集済
  遠山 祐典 @ToyamaYj
https://twitter.com/ToyamaYj/status/1042512038952484864
Nature公式、論文要旨の書き方。
授業でこれを扱うと国籍問わず大半の大学院生が知らなかったと言うので簡易和訳版を作成。
もちろん、Nature以外の論文にも流用する事が可能。
注目は、[結果]に使える文の少なさ(2~3文。全体の20~25%)。
和訳の修正案、大歓迎です。
英語版: http://s3-service-broker-live-19ea8b98-4d41-4cb4-be4c-d68f4963b7dd.s3.amazonaws.com/uploads/ckeditor/attachments/7808/2c_Summary_para.pdf

松田 栄治 Eiji Matsuda @matsuda_eiji
https://twitter.com/matsuda_eiji/status/1042623355713544192
返信先: @ToyamaYjさん
Nature Researchの松田と申します。このアブストラクトの書き方について、Nature日本法人の方で作っているPDFもありますので、よろしければご自由にお使いください。下記URLのp11となります。
https://www.natureasia.com/pdf/ja-jp/nature/authors/gta-2017.pdf


遠山 祐典 @ToyamaYj
https://twitter.com/ToyamaYj/status/1042642577474777088
ありがとうございます。
既にNature日本法人公式の日本語版があるとは存じあげませんでした。
公式版の方が、はるかに分かりやすいですね。
皆さま、こちらの公式版をお使い下さい。
Nature投稿案内: https://www.natureasia.com/pdf/ja-jp/nature/authors/gta-2017.pdf
 
》記事一覧表示

新着順:2/2634 《前のページ | 次のページ》
/2634