新着順:10/2701 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

絶滅したマンモス少なくとも14頭の骨800個がメキシコ中部で

 投稿者:  投稿日:2019年11月 8日(金)17時46分30秒 218.233.225.218.ap.mvno.net
  通報
  史上最多、マンモスの骨800個発見 捕獲用わなも? メキシコ
2019年11月7日 13時13分
https://news.livedoor.com/article/detail/17345707/

AFPBB News
メキシコ中部トゥルテペックで発見されたマンモスの骨。メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)提供(2019年11月6日公開)。(c)AFP PHOTO / INAH

写真拡大
【AFP=時事】絶滅したマンモス少なくとも14頭の骨800個が、メキシコ中部で見つかった。考古学チームが6日、明らかにした。マンモスの化石の発見としては史上最多となるという。

 メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)によると、考古学チームは、1万4000年以上も前に人間がマンモスを捕獲するために設置したわなも史上初めて発見したと考えている。いくつかの穴が、マンモスが捕獲されたことを示しているためだという。

 発掘現場は首都メキシコ市郊外のトゥルテペック(Tultepec)。近くではアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール(Andres Manuel Lopez Obrador)政権が新空港の建設を進めている。

 研究チームによると、発掘現場にはマンモスの群れが少なくとも五つ存在していたという。

【翻訳編集】AFPBB News
 
》記事一覧表示

新着順:10/2701 《前のページ | 次のページ》
/2701